FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
まだ、やっている(笑)
 まずは、普通の写真から

 先日、ポッドから鉢へと植え替えした(クリック)、今年挿し芽の「アジサイ」。

1:新芽も順調に育って、根付いた様子。一安心
アジサイ
(RX100、換算:64mm域)。ここまで寄れれば、まぁ、イイか。
アゲハ蝶
 徒歩圏内と云う事もあって、「99II+70-400」(重:笑)をちょっと持ちだして、彼岸花撮りに

1:アゲハ蝶
アゲハ蝶-2019-03
(99II、70-400G2)
彼岸花-2019-1
 彼岸花の開花、今年は遅れている様で

 例年なら、9/23が真っ盛りなのに、この日は殆どが、つぼみでした
 26日になって、やっと咲き出しました

1:換算 135mm、AUTOモード。(SS 1/160、F4.5、ISO-200)
彼岸花-2019-1-02
 結構、赤色=発色している。

(撮影:RX100Ⅶ)
初撮り?
 予備電池買うなら、充電器セットがお得(笑) 

1:充電中
充電器
 USB充電用出力が付いていますが、本体側と排他利用しか出来ない・・・

 充電終えて
"全画素超解像ズーム" VS "テレコン2倍"
 7RⅣが、発表されましたね。
 まっ、Aマウント使いの筆者には、・・・ですが(笑)

***************************************************************

 一度やってみたかった、「全画素超解像ズーム」と「テレコン2倍」の差

1:こんなチャート
サンプル
 中央の「十」でピントを合わせ、(赤矢印)左側のサークルを見ます

 お断り: "続きを読む" には、原画を掲載していますので、重いです。
      また、真剣にご覧頂くと、目がチカチカします(笑)
連写枚数テスト=77II-再実験
前回の、「連写枚数テスト」で、"77II"が、仕様12枚/秒なのに
AF時は、10枚/秒だった事に対して

 1:暗い=コントラスト少ない?等の影響で
 2:AFを頻繁にやり直している可能性?
 3:AFモードロックオン:拡張フレキシブルスポットだったかも・・・
の、疑問が残ったので、再実験

1:AF-Aで、12枚/秒、クリアーです。(お断り:原画はもう少し広く撮っています)
77II-秒12コマ-1-177II-秒12コマ-1-277II-秒12コマ-1-3
 AF-A、70-400G II、70mm域、12枚/秒モード="絞り開放(F4)"、三脚固定

 [今回の条件]
1:屋外=外光の当たる縁側に、PCを設置=>明るい所(画面は見にくい:笑)
2:(私的)、AF最速(の筈)のレンズを使用=>AF動作があれば、最速で対応(の筈)
3:AF-Aは、確認
 でした。

 少し、実験中の考察等を、続くに

連写枚数テスト
 今回の実験は、シャッターを2~3秒押しているだけ、と簡単だが
 あとの編集が大変。「よくこれだけ編集したな」と、努力賞の回(笑)

****************************************************************

 前回の1/1000秒表示を使って、連写性能のテスト
 前回のセットのまま、個別に連写です

 AFで合焦後、連写しています

1:7II。仕様:5枚/秒、AF
7II連写AF-17II連写AF-2
 撮れています。6コマと云っても良いか?(笑)

レリーズラグ選手権(笑)
 お断り:本実験は、各機種"間"のレリース・ラグの差であって、
      絶対的な"各機種毎"のレリース・ラグ時間を計測したモノではありません


*********************************************************************

 前回前々回の、ワイヤレス・リモコンで、「同時に複数台シャッター切れる」を使っての実験

 今日は、ちと難しいお話(長文です:笑)

[実験方法]

1:こんな風にセットして
レリーズラグ順位-01
 PC画面(青矢印)に、
  1:「1/1000秒を表示するサイト」を利用して、(リンク切っておきます)
  2:ワイヤレス・リモコンで、4台同時にシャッターを切り、
  3:撮れた時刻で、各機種間の(レリース)ラグを読み取る
 と、云う事です 

 さて、その結果は

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.