子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
「木津~嵐山を自転車道で行く」-2
「木津~嵐山を自転車道で行く」の2回目というか、よく考えると3or4回目?


1:地図で、ご説明
地図-3

 前回の「木津~山城大橋」は、水色
 その前に、(既に走破している)流れ橋(click)近鉄・木津川橋梁(click)を、黄色で表しています

 今回は、あらたな「薄緑線」を行きます

(お供の機材は、α-700に18-200mm/TAMのみ)
 さて、流れ橋付近から堤防に上がり、そのまま流れ橋を渡れば、一気に自転車道に入れるのですが
先だっての通り、橋は修復中なので、しばらく対岸を走ります


2:第二京阪(高速道)
嵐山行-2
 光線の加減で、後ろ向きで撮っています


3:国道1号線・木津川橋を渡り、自転車道へ
嵐山行-3

 ↑国道1号線・木津川橋から、ほどなく行くと

4:八幡(やわた)に到着。京阪電車・木津川橋梁
嵐山行-4
 JR木津川橋梁では61km(click)だったので、24km来たかな?
(今回の走行距離は、まだ15km位)


5:京阪電車とくれば、当然、鉄(笑)。リニューアル塗装の、特急(8000系)
嵐山行-5

 さらに、少し行って、以下、旧国道1号線(府道京都~守口線)の、同一地点で(=三川合流付近)

6:東を向くと、第2?御幸橋(木津川にかかる橋)
嵐山行-6


7:南を向いて、桜の名所「背割堤」(click)の入り口
嵐山行-7


8:西を向くと、第1?御幸橋(宇治川にかかる橋)
嵐山行-8



 次回から、「木津川」に別れを告げて、この「宇治川」を渡り、その向こうの「桂川」沿いへ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*