子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
チェーン切り(整備編)
 自転車ブログ、飽きないなぁ。今日も整備編。って、作り置き(爆)


 自転車メンテ→この位は・・・、の、チェーン切り。 (切るだけでなく、接続もです:笑)

 これも、今様のフル・コンポーネントでは、(前後の歯の交換もない?ので)、しないだろうなぁ、キット(笑)


1:これが、チェーン切り、の工具
チェーン切り-HG
 ちゃんと、HG対応工具も持っている(笑)


 チェーンの、堅く勘合している「ピン」、を、この工具を使って、ピンを押し出し=抜く事により、チェーンを外す=切ります



2:図、赤矢印(工具)のように、押し込んでいくと、緑矢印(チェーン)→ピンが抜けていきます
チェーン切れた
 この工具は、SHIMANO対応ではなく、普通のチェーン切り(笑)


3:これが、チェーンを切った状態。工具が貫通しています。
チェーン切り-汎用

 しかし、これはやり過ぎ。完全に抜けきって、ピンが無くなっている。
 こうなると、次に、繋ぐ時、(=切ったら、繋ぎますよね)、まず、ピンを噛ますのが大変


4:緑矢印→このように、ピンを「つらいち」(=ギリギリ)残して、が、正解
  =外チェーンに、ピンがかろうじて残っている状態です
ツラ位置
 慣れると、「内側抜けた」は、手触りで判るのですが、初めは、「この位かなぁ。もう少しかも」で
=(工具を抜いて、外してみる)を、繰り返し、少しずつ、進めるのが、いいと思います。


 そうそう、最近のチェーン、接続の時は、専用ピンを使う用になっていますね。
 これ、先がテーパー状になっていて、切るときに↑3の様に、(ピンを)抜ききってしまっても、(ピンを再び入れる面倒な作業もなく)繋ぎやすいです。
 さらに、繋ぐ時も、ピン「ここまで入れる」の目安まで付いていて、そこまで押し込み、余った残りは折る、で、完了だったかと・・・。
 (ただ、そのピンを、きちんと保管できるかの方が、問題:笑)



5:繋ぐときは、このように、逆にセットして、押し込みます
  赤矢印→工具、緑矢印→ピン
チェーン繋ぐ

 ここで、外チェーンと内チェーンの中心をきっちり合わせ、さらに工具もピンの中心にセットが大事。無理に、押し込むと工具、簡単に、折れちゃいます(笑)

 こう書くと、怖そうな作業に思えますが、作業自体は、そう難しくは無い。
 ただ、ピンが堅く勘合されているので、慣れない間は「入ってるのか、当たってるのか」の判断は、難しいと、思います。
 まっ、一度、工具を折ったら、覚えますよ((はい、一回だけ失敗した経験者:爆)

 あと、チェーンを繋いだ後、手で曲げてみて、なじます事もお忘れ無く。=>打ち込みすぎていると、チェーンたわみません。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*