子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
[自転車ネタ-4]=後輪の取り外し方=
 チャリンコの後輪の取り外しは、ほんと面倒。
 「何でこんなに沢山付いてるのよ。しかも全てハブ・シャフトに(付けて)」と思いながら解体です

 今日は、注意点だけ

1:内装変速機
内装変速機-1

 保護カバーを外すと、変速機構が現れます

2::内装変速機(ローギヤの状態)
内装変速機-2
 このハブ・シャフトから出ている、変速用のピンを、作業中に「ゆがめないように注意」

3:内装変速機(トップギヤの状態)
内装変速機-3
 スパナなど工具を滑らす可能性があるので、ハブ・ナットをゆるめる時、まずは、トップギヤの状態(ピンを中に押し込んでる)で作業を始めるのがよいかと
 (ナットがゆるむにつれ、ピンが出てきますので、再度注意)
 また、ハブ・ナットを抜いてしまうと、変速ワイヤー一式外れますので、ワイヤーをゆるめたりする必要はないです

4:ハブを少しゆるめたら、自転車をひっくり返すた方が作業楽です(重いけど・・・)
後輪外し-1


5:後ろブレーキ(ベルト型)の固定ネジ(赤矢印)を外します。
後輪外し-2
 この時、ワイヤーもゆるめた方が、作業しやすいですが、ワイヤーを抜いてしまう必要はないです


6:ハブナットを抜いて、荷台・泥よけ・スタンドのステーを全部外して
 エンドにある「チェーンを張り」のナット(赤矢印)をゆるめて、チェーンをたるませて。
後輪外し-3
 先に、チェーンリング(前の歯)からチェーンを外しておけば、このナットをゆるめる必要なく、組み立て時の調整も不要
 しかし、チェーンがきっちり張られていると、なかなか手強い(笑) 


7:(後ろギヤ)からチェーンが外れました 
後輪外し-4


 [ここまできて、大問題発生]
 普通のチャリンコなら、ここでチェーンリング(前の歯)からチェーンを外せば、タイヤは苦もなく外せるのですが、この「電動アシスト付き」自転車は、前のギヤが完全に覆われて、チェーンも外れない(外れにくい)構造になっていて・・・
 「げっ、タイヤ抜けない」と、ちょっとタラー状態。 クランクをばらそうかと思ったが・・・・

 で、続くに
 チェーンが外れないなら「切ればいい」(爆)
 経験ない方は、間違いなく怖い。(やめておかれた方が良いかもです)


8:チェーン切り登場
後輪外し-5
 チェーンのピン一カ所抜いて、チェーンを切ります

 [チェーン切りのコツ]
 切る時は、内側(車輪側)から切るべし
でないと繋ぐの大変。(繋ぐ時の「位置決め」や「作業」がしやすい)


9:このように、ピンを外側のチェーンぎりぎりに残して、切ります。こうしておかないと、つなげません。
後輪外し-6
 この、「ぎりぎりに残すコツ」→何回か経験すると、手応えでピンの位置が判るようになりますが、ちょっと経験が必要。
 チェーンが抜ける直前は、少しずつ回して確認しながらが、イイと思います。


 昔は、チェーン幅も一規格だったので、チェーン切りに(限度)目安の位置が書かれてたりして、比較的容易だったですが、最近はチェーンの規格も増えて・・・。
 くれぐれも、気持ちよく回してピンを抜ききらない事(笑)


 当然(この作業で) 、手は真っ黒け(笑)
 洗濯石けんで手を洗うと油汚れは楽に落ちます。ただし手がガサガサに(爆)


10:外れました
タイヤ交換-7
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*