子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
[自転車ネタ-2]=タイヤ交換-1=
 前回、「タイヤ・レバーの使い方は近々」と書きましたが、意外と早くその作業が飛び込んできました
 (亡義父が乗っていた「電動アシスト自転車」。家内が「乗りたい」と云うので、ちょっと整備。)

1:ココまでツルツルとは・・・
タイヤ
 中身が見えている・・・。


 本当は、フレームからタイヤを外す行程の方が大変なのですが、 今日は、タイヤ交換のみです

2::車輪を外した後、バルブを外して、空気を抜く
タイヤ交換-1


3:タイヤがリムに張り付いているので、タイヤを横に押して、リムからはがす
タイヤ交換-2


4:タイヤのビート(ワイヤー)の下に、タイヤレバーを入れて
タイヤ交換-3
 この時、レバーを深く入れすぎると、「レバーとビートの間にチューブが挟まり、チューブを傷つけ」てしまうので、「注意」が必要です
 (キズが入ると、空気を入れた時や走行中にチューブがバーストする危険性が・・・。密かに経験者は語る:笑)


5:「やさしく」引き起こす
タイヤ交換-4
 引き起こした後、レバーの反対側にある切り込みをスポークに掛けて固定


6:さらにもう一本のタイヤレバーで、引き起こす
タイヤ交換-5
 後は、このリムから離れたタイヤの隙間に指を入れて、くるりと一周すれば、外れます
 指が入りにくい時は、もう一カ所、タイヤレバーで、引き起こした方が、作業しやすいかも


7:片側全て外れました
タイヤ交換-6
 あとの片側のビートは、手で簡単に外れます


 次回は、タイヤのはめ方


[スルー下さい]
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*