子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
[自転車ネタ-5]=工具=
 前回のランドナー復活記で、かなり専用工具が出てきましたが

 今回は、簡単な整備を行うに、必要な工具のご紹介

 まぁ、工具と云えば「+-のドライバー」は必須ですが、基本調整用なので、中位のを持てば、事足りるかと。

 他には

1:六角棒スパナ(自転車業界ではアーレンキー :笑)
アーレンキ
 4,5,6mmあれば、大抵事足ります。(泥よけ固定用ステイの埋め込みネジには、2mmが使われてたりします)
 Shimanoなら、確か殆ど5mmだったかと

2:5mm。
シートピン
 サドルの高さを変える、シートピン。大抵5mmです(ネジ、廻る方は反対側です・・・)

3:6mm
ステム
 (旧)ステムの固定は6mm。(今は5mmかも・・・)

あと、4mmは、ブレーキのワイヤー固定ビスなどに使われてます

 この六角棒スパナ、セット品もありますが、かさばるし、意外と使いにくいので、ホームセンター等で、一本ずつ買われた方が安くて、使いやすい、当然、かさばらない


4:あれば便利なボックス・スパナ
Boxスパナ
 大抵、10mmと8mmで事足ります。普通のスパナで十分ですが、この方が使いやすい
 ただし、力が入りやすいので、締めすぎには、十分注意
 アルミ・ネジの場合は、普通のスパナの方が無難です。


5:ワイヤー・カッター
ワイヤーカッター
 滅多に、ワイヤー交換する事もないでしょうが、交換の際には必要です
 まあ、ペンチで切れない事もないですが、ステンレス製ワイヤーをペンチで切っていると、歯掛け間違いなし(笑)
 これは、専用工具になりますが、2,500円位(90年頃)だったかと。(いま、いくらするのだろう)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*