子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
アクセス分析=2008-1
 年末と云うと恒例となる「今年の○○」の発表。

 私も昨年に引き続き「アクセス分析」。

 まずは、「カテゴリー編」

1:累計(2007/5からの累計です)
Acs-1

 昨年と順位の変動は、ありません。

 今年もやはり、
 1位は、ダントツで、「ミノルタの歴史」。Minoltaのレンズ・ボディーで検索すると大抵ヒットするようです。
      さらにSonyの方でもヒットするようです。ココ(クリック)

 2位は、機材・アクセサリーの中で「"SR-T101"の説明」を多くご覧頂いているようです。
      今"SR-T101"?と思ったりですが、ほんと多くのヒットを頂いています。
      クラシックカメラ復活かな?さすがMinoltaの名機、根強い人気があるようです ココ(クリック)

 3位は、プチ実験室=レンズ編=ココ(クリック)
 4位は、三脚関連ココ(クリック)
 5位は、バッグ関連 ココ(クリック)
 後、「読物:子供と共に育ったαシステム」や「プチ実験室」が続きます


 「じゃ、今年単年度ではどうなの?」と素朴な疑問、は続くに

2:昨年のデーターが残っていた上位5位を年度別に集計
Acs-2
 去年は7ヶ月の集計なので単純比較できませんが、傾向は変わらないようです


 続いて、「エントリー別アクセス分析」です。 コレは変動が大きかった(笑)

 引き続きアップしますので、コメント欄お休みさせて頂きます 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*