FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
東福寺2008
 日を外すとシャレにならないので、順番を飛ばして、この三連休の京都の混雑をご紹介。

*************************************************************

 その前に、冒頭、私事を少々。

 今年、亡父の13回忌も済ましたので、
 母:「"筆供養"で(亡父の)使っていた筆を納めたい」と・・・、
 私:(筆供養は東福寺の隣)「早め(の時間)、電車で「正覚庵」(筆供養)だけだったら、何とかなるやろ」
 母:(久しぶりに)「通天橋も見たい」
 私:「えっ、・・・」(笑)
 と、云うので、11月23日、東福寺へ出向きました

*************************************************************

 で、9時過ぎに到着


1:臥雲橋より(定番です:24-70ZA,2枚合成)
通天橋-1
 お袋もコンデジでパシャパシャ、、やってました(笑)


2:縦位置
通天橋-2
 今年は、やや早めに着いたので、行列はなく混雑も幾分ましでしたが、それでも超満員(初詣以上ですよ)
 私は、お袋ガードに精一杯。今年は、これだけです。


3:
東福寺-3




 続くに「報道カメラマン」(笑)
4:9時過ぎですよ、9時過ぎ!!!!!!
東福寺-2
 すでに境内では、「通天橋・庭園散策」に長蛇の列。
 筆供養には時間もあるので、今年こそ入ろうかと思っていましたが
 お袋も(この混雑を見て)「入るのやめよ。(通天橋)見たからイイわ」と・・・(笑)


5:11時です(JR東福寺駅)
東福寺-1
 京都駅から1駅とは云え、超満員の通勤電車状態で到着
 ほとんどの乗客が降りて、電車が出発すると、ホームには、この人の列!!


 「正覚庵」訪問の後、(東福寺駅への)混雑を避け、京阪「鳥羽街道」駅から1駅乗って、この東福寺でJRに乗り換え。
 JRの電車到着の合間を縫って、乗り換えました。(それでも一杯でしたが・・・)

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

1枚目のお写真の頃、哲学の道~真如堂に居ました。
真如堂にはかなり長い時間いたのですが、気が付いたらもの凄い人出。
しかし、「4:9時過ぎですよ、9時過ぎ!!!!!!」に比べるとかわいいな。
2時頃に引き上げたのに座れなかったのは、こんなに人が京都に集まったからなんですね。
2008/11/24(月) 19:07:45 | URL | かずけん #fo/KTNEA[ 編集]
やっぱ紅葉の時期の東福寺は行くもんじゃないですね~。
ここは新緑の時に行くことにしよう。
23日は奈良の信貴山に行ってましたが、紅葉がきれいでした。

2008/11/24(月) 19:54:31 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
駅も東福寺の欄干も、すごいですねぇ。
写真の人混みを見るだけで、もういいや…って感じですね(笑)
紅葉時の京都の休日は、SR-T101さんのような地元の人にとっては、
たまらないものがありますねぇ(笑)
2008/11/24(月) 21:07:52 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
かずけんさん、ありがとうございます
 あははっ、京都にお越しでしたか?。どこもかしこも、一杯だったでしょう(笑)
 2時でも、逆の大阪向き一杯でしたか。道路も3:30で、名神向きは一杯でしたよ


masa さん、ありがとうございます
 ほんと、その通りですね。この季節は、夕方、日没直後ぐらいでないと、駄目かもです
 信貴山へでしたか?綺麗だったでしょうね。人も多かったりして・・・(笑)


YKND さん、ありがとうございます
 はい、東福寺、一杯でした。このモミジの季節、東福寺、観光客の数では、嵐山に負けるかもですが、人口密度では一番と思いますよ(笑)
 で、地元民・・・→ほんとです(笑)
 実家が観光地(光悦寺)付近で、交通手段は路線バスのみ。この季節、平日でも「バスに乗れない」とお袋が嘆いています(笑)


 みなさん、ありがとうございました


2008/11/25(火) 14:26:50 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.