FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
黒塚古墳-2、大和(おおやまと)神社
 「もういい加減にしてよね」の、「鹿男あをによし」のロケ地巡り、その4。

 今日は黒塚古墳と、ロケには関係なかった大和(おおやまと)神社を

1:前方後円墳の円墳部分
古墳-1
 展示館の前で、立ち入り自由です


2:説明書き
古墳説明


3:円墳部分の上には
古墳上
 発掘された時の様子が、描かれています。ここから先だっての「箸墓古墳」等が展望できます


4:これは前方部分
古墳順路
 綺麗に整備されています。


 さて、黒塚古墳を後にしたのですが、もう一カ所寄りました


5:大和(おおやまと)神社
大和神社-1
 「大和」と書いて「おおやまと」と読みます。
 この神社より、「戦艦大和」が銘々されたと説明を受けましたが、この説明書きには「守護神」となっています。
 (宇宙戦艦ヤマトでは、ありません:季節柄、笑えない)


6:拝殿
大和神社-2


7:「一の鳥居」から「二の鳥居」を望む
大和神社-3
 この距離が「戦艦大和」の長さだったそうです


 これにて、天理・桜井市の遠征は終了です
 次は奈良市内(笑)


 またまた、観光案内的な写真ばかり(笑)。
 どうぞ、適当にスルー下さい。
コメント
この記事へのコメント
大和と書いて「おおやまと」って読むんですね。
知りませんでした。
天理から桜井に向かって走っていると、この神社の看板を見かけますが、ずっと「やまとじんじゃ」と思っていました^^;

↓、いい体験ができましたね~。
こういう裏話って聞くとワクワクしますよね。
2008/08/07(木) 22:16:19 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
こんにちは。
大戦当時の日本の軍艦名は日本各地の地名を使っていたとばかり思ってましたがあの大和が神社の名前からとったとは驚きでした!
武蔵とか愛宕とか長門などなど。
大和って確か250~260m位の全長だったかと思いましたが二つの鳥居の距離で決めたというのもまた驚きです。
で、「鹿男あをによし」のロケ地巡りの記事と関係ないコメントで失礼しました^^;
2008/08/08(金) 17:16:20 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
こんにちは。
「大和神社」知りませんでした。
恥ずかしながら「黒塚古墳」もあのドラマで初めて知りました。
↓内部はドラマの通りですね(当たり前か:笑)
「戦艦大和」の長さって確か260mくらいでしたよね。
中学生のころ、かなり大きな模型作ったことがあります(笑)
2008/08/08(金) 17:42:29 | URL | lucky562 #5Hfh6fmc[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
masaさん、ありがとうございます
 あはっ、ご存じでしたか?。その通り、天理から桜井に向かって、幟が沢山ありますね。
 私も「やまとじんじゃ」と読んでいましたが、「おおやまと」なんですって。
 ↓もありがとうございます。ガラガラでしたので、いろいろお話聞けました


シャパ さん、ありがとうございます
 はい、私もビックリです。「大和」は"加賀・赤城"「大和国」からと思っていたのですが、"大和"だけは違ったようです。
 地名では妙高・黒姫というのもありましたね。(あっ、いっぱいあるか・・・:笑)
 大和→250~260mでしたか。ぱっと見、300mかなと思ったのですが、間違いなく「ゴルフは出来るな」と不謹慎を思いました(笑)
 また、この距離なら、艦首の事は艦尾では判らないなぁと思いましたです。


lucky562さん、ありがとうございます
 「黒塚古墳」→私もあのドラマで初めて知りましたです。その後、急に調べて・・・(笑)
 ほんと放送の通りで館長さんからも「何の手も加えなかった」と聞いています。
 唯一、(展示内に)ドアがあるような演出はありましたが・・・
 で、大和は260mでしたか?。この頃の模型って、ひょっとしてブリキ製だったりして(ゴメンナサイ:笑)
 この長さ、ホント異様ですね。艦首の事は艦尾では判らないなぁと思いましたです。


 みなさん、ありがとうございました

2008/08/09(土) 17:10:51 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.