子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
「私のオーディオ遍歴 第二十五話(初めての市販メインアンプ)」
 電蓄からスタートして(自作時代を過ごし)、17年目でやっと手にした、念願のメイン・アンプ。
 やはり「バブル時代」だったのですかね。前回のプレイヤーを買ったあと、すぐにメイン・アンプに手を付けるとは(笑)

Lux M-06α
M-06α 
 実は、メインで使っていたMQ-60の交換用真空管がなかったため使用を諦めざるを得ず。だって、(真空管の)プレート、真っ赤っか・・・(笑)

 MQ-60に使われている真空管→50CA10と云う、LuxとNECの共同開発の特殊仕様。普通の真空管ヒーターは6V。このためトランスからヒーター用(電圧)巻線が必要となる。この50CA10は2本で使うと100Vとなり、(トランス無しで)いける変わり物。当時、Luxから数回、交換用(真空管)が発売されていたらしいが、子育て中にそんな情報は入ってこない。いまならネットで情報も入るが、当時の情報源は雑誌のみ。(雑誌を買わなかった:笑)。

 まっ、そう言うことで、いよいよメインアンプに。で、これ(笑)

(きれいな)M-06αは(クリック)

 (ここまで"α"だと、筋金入りのMinoltaユーザーかなぁ。と云うわけではありません:爆)

 簡単な仕様は、全段A級増幅の出力55W+55W。たったこれだけ(笑)。メインアンプって、仕様もないし、触る所もない。ほんとつまんない(爆)

 当時のA級アンプと言えば、パイオニア/エクスクルーシブM4a(50w+50w)が定番。ほんとコレに憧れていた。いい音している。後継として、M5(シングル・アンプ)も出てきたが・・・。

 しかし、このM-06αはただ者でない。物理をちょっと思い出して頂きたい。
 8Ω負荷で55W、なら4Ω負荷では(負荷が1/2になったので)、出力が2倍の110Wになる筈、くらいはご理解頂けよう。
 じゃ、各社のカタログをご覧下さい。まず、このようになっていません。8Ω時100w,4Ω時150wがせいぜいの所。何故って?。答えは電源(能力)が不足しているからです。負荷が減って大電流を流せるのに、それを供給出来るだけの能力が電源部に備わっていない。コレが原因です。
 このアンプは電源回路をメチャ奢って、4Ω負荷時、きっちり110w出ます。BTL時(ステレオをモノラルで使う)も理論通り220Wでます。

 当時のLuxって、ほんと往年のMinolta(どっちも大阪)みたい。つまり「使った人だけが、その良さを判る」です(言い過ぎかなぁ:笑)
 で、パイオニアがC社かな。DENONがN社、YAMAHAがO社?(笑)。

********** オーディオ雑学 *************
A級アンプ、B級アンプとは(甲・乙のようなランクではないですよ:笑。正式にはA級増幅、B級増幅です)
A級アンプ→全部の波形を増幅する。いつでもフルパワーを出せるだけ電気を流し続ける。不要分は熱となる(効率悪い)
B級アンプ→波形の片側だけを増幅し合成する。必要に応じて電気を流す。効率は良い。

 特殊なA級アンプに、全波形増幅で、必要に応じて電気を流す方式もあるが、"純"A級とは云わない。私は(電源的に)B級アンプの亜流と思う

詳しくはここをご覧下さい

 また、私的にスイッチング電源の音は良くないと思う。やはり常時電気を流し続けていないと、立ち上がりが遅れると思う。ちょっと言い過ぎ(笑)
*****************************************

 話を戻して、このアンプの出てくる音はと。
 一言で云えば「重心が下がった音」という表現でしょうか。低音が「バフッ」と云う感じで出てくる。スピーカーのグレードが一気に上がった感じがしました。そう「このスピーカー、こんなに鳴ったんだ」と、ほんとビックリしましたねぇ。
 「本来の電源回路を持ったアンプってこんな音になるのか」が率直な所。悪く云えば低音の出すぎとの評論もあるが・・・。

 悪い所は、やはりA級アンプ。熱は半端じゃないです。普通のA級アンプはその冷却のため、ファンを付けるのですが、やはり(特に夜は)うるさい(M4a:笑)。このアンプは、ヒートシンクを内蔵し自然対流のみで冷却しています。昔から真空管アンプを作っていた会社ならではの発想でしょうか!
 ちなみに、アンプの冷却部にコーヒーサーバーを置いておくと「コーヒーがさめること無い」、と、実験も(笑)。真空管(MQ-60なら)飲み頃で維持されました(爆)

 そうそう、オーディオの表現に「音色」と「音質」がありますが、私的に「質(音質)を決めるのは、メイン・アンプ」で「色(音色)を決めるのは、プリ・アンプ」と思っている。
 つまりどんな、綺麗な音を持ってして、すごいスピーカーを使っても、メインアンプがプアーなら鳴らない(能力発揮しない)。逆に良いメインアンプを使うと、ロクハン(16cmシングルSP)でも、ビックリする音が出ます。現にこのM-06αでPE-16を鳴らしたら「えっ、ロクハンかよ?」の音がしましたよ。

 プレイヤーで云うと「音質はターンテーブル」「音色はカートリッジ」できまるかな。「トーンアームは音質の方かなぁ(どちらも関係していると思う)」

 しかし、メイン・アンプって、触る所が無くって面白くないのよねぇー。メーター付きならまだ針が動いて、見ていても楽しいと思うが、でも、実際の所、針が動くほどの音の大きさで鳴らしたら、ご近所迷惑間違いない。(爆々)
 で、これを書いていて、思い出しました

***********************************************************************

 [下の子、オーディオの逸話-1]

 このアンプに変えてから、ある日、下の子(当時1.5才)が、このアンプのスイッチを入れて・・・

 テレビだったら、スイッチ・オンで(画面が出なくても)すぐに音は出るし、今まで通り真空管なら[小さな音から、だんだん大きくなってくる]。
 このアンプで半導体に変わったため、電源投入時は(スピーカー保護の為)[保護回路がはたらいて音が出ない]。さらに、このアンプの保護時間は(A級の為)非常に長い。
 多分、「音が出ない。おかしいなぁ」だったのだろう。その間(保護時間)にプリアンプのボリュームを最大に・・・(クス・クス・クス、お判りでしょう)

 保護時間が終わり、リレーが繋がった途端、フルパワーを浴びた、下の子、私の部屋から飛び出してきました(爆々)

 まっ、短時間だったのが幸いして、スピーカーは大丈夫でした(笑)。多分ピークでは200W位かかっていた筈。
 (下の子のオーディオ逸話、まだまだあります:本人掲載許可済み:笑)

**********************************************************************

 この後、メインで使い続け、さらにとんでもない使い方をしたりもしたが(後述)、99年上の子・中学入学とともに部屋を明け渡しで、置く所が無くなり現在実家です。久しぶりに聞きたいなぁ!!


<当時の機器>
[レコード・プレイヤー]
 ターンテーブル:Thorens TD-321mk2(ベルト型)
 トーンアーム:SAEC WE-506/30
         :SME 3009S2improved
         :SAEC WE-308New
 カートリッジ:SATIN M-117X(E)
         :ELAC STS-355E
         :Ortfon VMS-20E
         :DENON DL-103D
         :DENON DL-103
         :DENON DL-103SL
         :Shure V-15 typeⅤ-MR
 昇圧トランス:自作

[カセットデッキ]:A&D GX-Z9100EX
[チューナー]:Pioneer TX-8800
[CDプレイヤー]:Marantz CD-75


[アンプ]
  プリアンプ:DENON PRA-2000
  メインアンプ:Lux M-06α

[スピーカー]
 TANNOY:Eaton
 2nd,PE-16+自作ボックス
 3nd,FE-103++自作ボックス


[ヘッド・ホン]
 YAMAHA:HP-2
 Naplex:HT-5(AMP)
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
堰を切った勢いですね。

>つまり「使った人だけが、その良さを判る」です。
ちょっと感動しました。早くSONYもそうなって欲しいです。
2008/01/19(土) 20:10:54 | URL | かずけん #fo/KTNEA[ 編集]
お待ちしていた「私のオーディオ遍歴」の再開でしたが、前回と前々回は内容にまったくついていけず・・・でコメントも書けませんでした。ゴメンなさい(^^;

お子さんの逸話には思わず笑ってしまいました。さぞやビックリしたでしょうね(笑)
笑っておきながらなんですが、真空管アンプだと徐々に音が大きくなるとか、半導体アンプだと保護回路が働くといった事は知りませんでした(^^;
2008/01/20(日) 08:49:32 | URL | まーきー #.ciQz8fI[ 編集]
コーヒーが沸く(:笑)A級アンプの音を聴いてみたいですね~。
カメラよりも注ぎ込んでいるようで^^
セルシオクラスかなぁ^^;

下の娘さん、さぞかし驚いたことでしょう。

2008/01/20(日) 20:23:51 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
かずけんさん、ありがとうございます
 あははっ、作りダメばかりですよ(笑)
 Minoltaの作りって、余裕というか、良心的な作りですね。


まーきーさん、ありがとうございます
 あははっ、ネタ切れ中のオーディオ遍歴です(笑)。説明不足が多く、ゴメンナサイm(_ _)m
 下の子の逸話、面白かったですよ。よちよち歩きの時に、何故か素早く走れたりして(爆)
 逸話、まだまだありますので、ご期待下さい


masaさん、ありがとうございます
 あははっ、アンプでコーヒー沸かそうと思ったら、大型管4本くらい要りますよ(笑)
 で、カメラよりつぎ込んだのは確かですが、もう使えない物がたくさんあるので、現用では変わらないかも(笑)
 セルシオ→かもですが、多分クラウン位。スピーカーはカローラかコロナかなぁ?(笑)
 下の子逸話、まだまだありますので、ご期待下さい。本人も大笑いしています。

 みなさん、ありがとうございました
 
2008/01/20(日) 21:40:26 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*