子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
「私のオーディオ遍歴 第二十話(プリ・アンプ、2本目のアーム、DL-103)」
 紅葉も終わりました。今日は、久しぶりの「オーディオ遍歴」で

 この土日、ちょっと多忙ですので、タイマー・アップで。
 引き続きコメント欄お休みさせて頂きます。

**************************************************************

 前々回の103D以降、ちょっと増備は一段落。
 大学後半はコンピューター一色。日中、大学でIBM-370を、夜は自宅ではマイコン。
 「PET2001」って、ご存じですか?。使っていましたよ

 当時は7カ国語位いけたかなぁ!!。えっ、スゴイって、実はコンピューター語(笑)
 (COBOL,Fortran,PL-1,アセンブラ,RPG-2,BASIC,パスカルも少々。今やCOBOLだけ、CもVBも乗り遅れました)

時は1980年、社会人となって初めてのボーナスで買った物は・・・
(上から、DENON PRA-2000、SAEC WE-506/30、Denon DL-103)
合成2 
 わぉ、何という大盤振る舞いだろうか。ボーナスでこんなに買ったの、コレが最初で最後(笑)

 さて、社会人となって初給与と次の給与は、お袋に色々プレゼント(プチ自慢:笑)
 初ボーナスの夏期賞与は新入社員には微々たる物。冬のボーナスでやっと・・・

 まずは、プリ・アンプ。DENON PRA-2000
PRA-2000-2 
 (前面下部、5つのボタンは、入力切替。背面の入力(ピンジャック)を前面まで(内部)配線せず、入力直近で、(リモート)リレーで切替しています。
また、中央部レコーディングセレクターの様に見えるのは、電源投入時のプリセットです。)

 わおーー、初めてのまともなアンプ。でも、これプリアンプ。スピーカーは鳴りません(笑)
 そんなに出すなら「プリ・メインアンプ(例:DENON PMA-970(クリック)アキュフェーズE-301(クリック) YAMAHA CA-2000(CA-1000ですが:クリック) でも、買えばいいのに」は周囲の声(爆)

 当時オーディオ・アンプ、特にプリアンプは「レコード専用で薄型」が流行っていた。
 例えば、AGI211(クリック),アキュフェーズC-220(クリック),ラックスCL-32(クリック)等々
 このアンプも、ほんとレコード(再生)専用に作られたような物。トーン・コントロール関係は何にもついていない。(無駄な物はない方がイイ:笑)
詳しい説明はココ(クリック)

 入力はPHONO3系統とそれ以外2系統+テープが2系統だけ。
 その分、レコード再生の為に費やしヘッドアンプを内蔵。PHONOは3系統は、1はMM専用2はMM用か高出力MC用(入力インピーダンスを50kΩと100Ωに切替)、3がMC専用(ヘッドアンプが入る)。 このヘッドアンプ当時(同じDENONから)HA-1000と言う高級ヘッドアンプが発売されていて、その回路が移植されていた。電源回路が(他のプリ部分にも供給される用に作られているので)、より余裕を持っている。また、使われているパーツが半端じゃない高級な物ばかり。現に27年経つ今もボリュームのガリガリ音など、トラブルは一切ない
 決定的だったのが、EQアンプでRIAAデコードのために、NF(負帰還)を使わずCR型(コンデンサーと抵抗だけ)で作られている。NF型だとその関係で周波数特性は20kHzで頭打ちだが、このアンプは100kHzまで伸びている。20kHz以上が必要かという声が聞こえてきそう(CDは20kHzまでです)だか、聞こえなくても感じる物はあるというのが私の持論。


 次はトーン・アーム。
SAEC WE-506/30
506-30 

 やはり憧れ続けたDL-103を使いたい。78年だったかSAECから「WE-506/30」と云う、DL-103を使うが為のようなアームが発売されていた。(ちょっと言い過ぎ、OrtfonのSPUも使えますよ:笑)。このアーム、パイプ部分はアルミではなく"飛行機用素材"(かの"コンコルド(飛行機)"に使われている素材だそうです)が使われ、軸受け部には、ルビーが使われている。
 プレイヤーのキャビネットもこの日のためにアーム交換可能タイプを買っているし、予備のアームベースもある。


 そして、DL-103。やっとコレを鳴らせる日が来た(笑)
Denon DL-103
103 
 で、音はどうだったかって?。それはそれは見事な音ですよ。数年前、店頭で聞かせて頂いた以上の感動物であったは、言い過ぎかな?。
 103Dからすると少し太いかなぁ。

 今さっきも聞いていたが、V-15と聞き比べると、やはりMC型、ベール一枚違います。生々しさに差が出ました


<当時の機器>
[レコード・プレイヤー]
 ターンテーブル:Victor TT-81(DD型)
 キャビネット:Lead-Console Type2BL
 トーンアーム:SAEC WE-506/30
        :SAEC WE-308New
 カートリッジ:SATIN M-117
         :ELAC STS-355E
         :Ortfon VMS-20E
         :DENON DL-103D
         :DENON DL-103
 昇圧トランス:自作

[カセットデッキ]:Lo-D D-900
[チューナー]:Pioneer TX-8800

[アンプ]
  プリアンプ:DENON PRA-2000
  メインアンプ:真空管(自作:6BQ5)

[スピーカー]
 TANNOY:Eaton
 2nd,PE-16+自作ボックス
 3nd,FE-103++自作ボックス

[ヘッド・ホン]
 YAMAHA:HP-2
 Naplex:HT-5(AMP)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*