子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
「私のオーディオ遍歴 第十四話(レコードプレイヤー-2)」
 大学に入って、初めての夏休み。高校時代お世話になった電気店でバイト。今回の目標は、オーディオならぬ"自転車"。7月一杯バイトして、8月になると同時に自転車店へ。3日がかりで見事に"ランドナー"を作りました(笑)

 さて、レコードプレーヤーへのこだわり。私の考えは「失われた物は、戻らない」。つまり「"入力"で入ってこなかった物は、"後段"(アンプ・スピーカー)で(味付けは出来ても)救えない」の考えです。

 カメラも同様に「"入力"(レンズ)から与えられなかった光は、後段(CCD,CMOS,画像エンジンやフィルム)で(味付けは出来ても)救えない」の考えです→だからレンズ沼?(笑)


 冬にも同電気店でバイト。今回はオーディオ狙い(笑)。短期間なので余り大きな額にはならないので、希望は無理かと思っていたが、今回は「社員販売価格で売ってあげよう」とのこと。俄然頑張りましたねー(笑)

 で、これ。

ビクターTT-81(クリック)
(ターンテーブルだけです)

 やっと、ダイレクト・ドライブになりました。ヤワなDDプレイヤーは、ちょっとした負荷変動で回転数が変動(ワウフラ)するので、「強力なモーターを装備した物でないとダメ」と思っていました。

コンソール(キャビネット)は

Lead-Console(クリック)
(全面ブラックタイプでした)

 と云う、全面に10mm?厚の鉛が敷いてあり、写真黒色のアームベースは交換可能と、アーム交換の可能性も残して。
 トーンアームは既に持っているWE-308NEWを流用


 完成すると、総重量15kg超になったかな。まっ、いつも「動かす」時は苦労しました(笑)


 現在残るアームベース。アームベース部は10mm厚の鉛が敷かれています
アームベース 
 穴はWE-308NEW用。これだけで重量3kgはある。


 本当の本当ターンテーブルは「テクニクスのSP-10mkⅡ」が欲しかったが150kは高すぎ。2ヶ月バイトしないと買えないよう(笑)。
 同価格帯でSP-10をコストダウンした「SP-20」もあったが、発売直後だったので見送った。


 年末、持って帰って、自宅で組み立てて鳴らしてみると、
第一感、今まで(ベルトドライブの)回転ムラが何と多かったことか
その2、LPの中心に、穴があいていないレコードの多いこと
その3、ターンテーブルのゴロゴロ音もなくなり、ピアニッシモを安心して聴ける
だったかと(笑)

 確かに、音の立ち上がり、フォルテシモの響き等々、「やっぱりそれだけのことはあるわ」と安心(笑)
 すごいのは、スタートボタンを押して定速回転になるのに1/3回転(at 33.1/3)。ピッ通せばすぐに回るであった(SP-10は1/6回転)。別にどうでも良い性能だけど、何故か嬉しかった(笑)

 ひとつ、「やっぱりDDか」と思ったのは、前のベルト・ドライブから「演奏中のレコード掃除用にリニアトラック型のクリーナーを乗せて」特に問題なかったが、DD型となり、このTT-81をもってしても、負荷変動で回転ムラが出たので、使用を止めた。トーンアーム式のクリーナーだったら、OKだったかも・・・


 これ以降、大学の友人は、レコードを買うたびに、と買ったばかりのレコードにカセットを付けて私に渡す。
「カセットに録音してくれ。お前に録音して貰うといい音だ」と。おかげで、こららのライブラリーも一挙に増えたが・・・、ほんと懐かしい思い出である。


 80年代後半に、「レコードを吸着」する、(ターン)テーブル・シートを買い、レコードをターンテーブルに吸着して鳴らしていました。
 吸着ユニットはかなりの重量なので、一応メーカーに「使っても大丈夫ですか?」と問い合わせた所「(モーターで起動させず)手で回してから、スタートしていただければ、特に問題ないでしょう」(モーター起動時に大電流→起動時間が長いと焼損の恐れ)との事。

 しかし、やはり過負荷だったのか、経年変化だったのかは不明だが、91年、突然モーターの制御が効かなくなり高速回転を始めた。一度修理に出し「制御基板の交換」で治ったが、すぐにまた高速回転に・・。2度目の修理で「モーター交換の必要があるが、モーターがない」との事。
 多分軸受け部の摩耗と思う。コレで諦めた。

 今までの機器は、引き続き(使わなくても)持っているか、(故障箇所は直して)「譲る」で廃棄したことはなかったが、今度は、その大きさ・重量からしてどうしようもない。

 後日、コンソール共々廃棄に行ったが、自分の手で廃棄のコンベアーに置く時、(場所があれば、飾りとして置いておけるのに"ゴメン"と)、なかなか手が離れなかった。やっと手を離して、コンベアーの上を流れていく時も、ずっと"ゴメン・ゴメン"とつぶやき・・・。
 まっ15年使ったのだから、だが・・・、そんな思い出一杯のプレイヤーでした(合掌:笑)



[レコード・プレイヤー]
 ターンテーブル:Vivtor TT-81(DD型)
 キャビネット:Lead-Console Type2BL

 トーンアーム:SAEC WE-308New
 カートリッジ:SATIN M-117

[カセットデッキ] Lo-D D-3500
[チューナー] Pioneer TX-8800

[アンプ]
 (自作)プリアンプ真空管(EQ,マランツ#7,コピー)
 (自作)メインアンプ(IC) 

[スピーカー]
 PE-16+自作ボックス
 2nd,FE-103++自作ボックス

[ヘッド・ホン]
 HP-2



 金曜夜から、突然の全身ジンマシン(初めて・・・)。
 今週は、完成済みをタイマー・アップ。コメント欄お休みさせていただきます。
 また、皆様へもご訪問出来ないと思いますが、ご了承頂きますようお願いしますm(__)m

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*