子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
鞍馬・貴船紀行-4
 今回から題名改め「鞍馬・貴船紀行-4」

 当初は「貴船神社、行きたい」と云う下の子の要望に「よし、行こう」と即決
「ただ、2kmも(貴船口駅→貴船神社間)何にもない"だらだらの上り坂"を歩くより、
鞍馬寺経由で(ケーブルで高度を稼ぎ)、下り坂を(多くして)行こう」と計画しました

************************************************************

 さて、鞍馬寺までは順調だったが、いよいよ山越えへ

 (今日は、下の子撮影を随所に挟んで)

1:本日の経路→青線部分は歩いた経路そのまま。
     赤線→本当は、山の裏側ですが、便宜上稜線で・・
経路-2
 標高410mの本殿から、頂上512mを目指して、ここはガンバリどころ。
 その後は下りのみに期待して・・・。(これが甘かった・・:笑)


2:奥の院参道、入口
奥の院入口
 本堂左横、前回の立ち砂の所に、入口があります
600mね・・・。パンフレットでは870mなのだが・・・(笑)


3:入口を入った所(撮影:下の子)
奥の院入口-3
 いきなり階段!!。
 杖の貸し出し(無料:出口返却可)もありましたが、
 「(棒術合戦になりそうで)お互い危険なのでやめよう」で一致(笑)


4:霊宝館前の展望所
霊宝館前
 霊宝館前にある展望台から。すでにかなり登りました


5:いよいよ、登り本番!
霊宝館前-2
 「いくぞー」と元気だった


6:まだまだ階段が・・・
また登り



7:頂上です「大杉権現」 
頂上
  ここで小休止、登り中は汗だくでしたが、唯一あった石のベンチに腰掛けて。
 さすが標高:512m、ヒンヤリと。(徒歩450mで100m登りました)


8:「すぐね・・・」
道しるべ
 「まっ、下りだから・・・」と、まだ元気(笑)


9:木立(撮影:下の子)
木立-1
 義経が修行を積んだ云われている辺りです


10:「僧正ガ谷不動堂」
僧正ガ谷不動堂
 奥の院に着いたと思ったのに・・・。


11:「鞍馬の天狗」の説明書き(クリック拡大でどうぞ)
僧正ガ谷-2
 「鞍馬天狗」と続けないように。判る方は古い!(笑)


12:僧正ガ谷不動堂前で(撮影:下の子)
僧正ガ谷-1
 まだ、撮る余裕はありました


13:「木の根道」
木の根道-1
 今回、山越えルートを選んだ理由の一つ、コレを撮りたかった。


14:注意書き
木の根道-2


 暫し、子供と撮影会

15:(撮影:下の子)
木の根道-3
 


16:また木立の中を下り(撮影:下の子)
木立-2



17:やっと「奥の院」
奥の院

 頂上から460mで高低差77mなのに、もうヒザが・・・ヤバイ


18:しかし、まだ下ります
下り
 かすから聞こえる川の音をたよりに、お互い「もう少し、もう少し」の繰り返し


19:やっと西門(貴船)へ
西門

 573mで150mの下り、260‰だよー!!


20:西門に架かる橋
奥の院橋-1

 歩みを止めた途端、両足ブルブル。かがむなんてとんでもない(笑)

 「手ぶれ補正」より 「足ブレ補正」 が欲しい(爆)


21:↑に写り込んでいる下の子撮影
奥の院橋-3
 また、一本取られました(親バカ:笑)


22:こんな橋です
奥の院橋-2


 次回は「貴船神社」周辺を
 帰宅後、よく考えれば、この「奥の院コース(鞍馬→貴船)」を歩くの35年振りだった
 若いつもりでも・・・(涙:笑)
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
奥の院参道の入口を少し入って引き返しました。
正解のようですね。
あとで「木の根道」があるのを知ったのですが、こんなキツイところにあるのですね。

では昨日の宿題。
1:上の地下駅中で、上りと下りで片方が地上にあるのは?
 →JR東日本 上越線 土合駅の上り駅が地上です。


2:現在の東海道・山陽本線で、(標高が)最も高い所は、どこでしょう。
 →日本一なら小海線 野辺山駅で1,346m ですが、東海道・山陽本線は分かりません。(^^;)
2007/09/13(木) 22:30:46 | URL | 迷う初老 #fo/KTNEA[ 編集]
年齢と体力と気力的に、
今回のSR-T101さんのシンドさ、僕もよ~~く分かります(笑)
でも行程道中をキチンと記録されているところは立派ですね^^
あ、そもそも写真を撮りに行ったのだから当たり前でしたか(笑)

で、前回と今回で思ったんですが、これはビデオカメラで撮っていったほうが面白かったんじゃないか、と^^
もう何年もビデオを撮らなくなってますが、ハイヴィジョンで超小型が、一眼デジとほぼ同じ値段で買えるので、
この頃、またちょっと興味が出てきました、マズイなぁ(笑)

で、今回は、7と21に1票です^^
2007/09/14(金) 15:23:07 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
こんばんは。
15枚目の「木の根道」以前これを撮りたくて出かけたんですが、雨でやむなく引き返してきたんですよ(笑)
娘さんうまく撮られてます。
>「手ぶれ補正」より「足ブレ補正」が欲しい(爆)
大受けです(笑)
下りの方が足に力が入るんですよね。
2007/09/14(金) 19:12:01 | URL | lucky562 #5Hfh6fmc[ 編集]
こんばんは。
前回は「下の子」さんのコメレス有難うございました♪
と、言っておいて下さい^^
ででで、この坂道はしんど(関東弁?)そうで私なんか江ノ島の坂道(階段)でもはぁはぁいっちゃって歳を感じてますが疲れもさることながら高いところの空気も美味しかったのでしょうね^^
お写真の方は…15枚目の傾き加減と21枚目の光加減が良いと思います。
あれっ?若しかしてこの2枚とも…(爆
2007/09/14(金) 19:44:52 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
三度見参
みな様こんばんは。下の子またまた登場です。
いえ、父上が「感想全部お前の写真じゃー!」と言ってきたので(誇張表現有)
ふふふ。私、風景写真は好きなのですよ父上。知ってるでしょ。
あのでかい白レンズを構えて鷺を撮ったのは小4だ!(内輪ネタ)

>迷う初老 様
きついです。木の根道、すっごいきついところにあります。
そこで立ち止まった時、初めて足が震えていることに気がつきました。
木の根道は道がでこぼこしているので、疲れた足はたちまち震えだします。キャー。

>YKND 様
ビデオカメラ…!部活動時代によく使ってました。
大会の風景を記録するのに。
ビデオは父も私も余り触ったことがないので…。
ドキュメント風にとって見たりしたら楽しそうだなぁと思いました(笑)
21…!ありがとうございます。
とれるかどうか試し気分で撮ってみたら綺麗にとれていて、前回の4枚目同様お気に入りです。

> lucky562 様
あの道で雨が降ったら、ホントに天狗が出てきそうな気がしますね…!
天狗…会ってみたいです(ぇ)
あの傾きはまぐれです。
きっとファインダーで見た時、センターがあれで真っ直ぐに見えたんだと思います。
というか、もう足がガクガクふるえて、ファインダー満足に確認してません(爆)
足ぶれ補正ホントにほしかったです。
実は足ぶれで一枚大いにぶれた写真がありました。

…父上、明日UPしてみる?(ぇぇ

>シャパ 様
15と21…!やったーついに来ました!
二つとも わ・た・し!
父上あっち行ってて!(笑笑)
木の根も河も好評で嬉しい限りです。
河は噂の「貴船の清流」ですよ。…多分。
やはりきらきらしてたり壮観だったりすると、インパクトで勝てますよね(?)
私は元々光り物が好きで、ああいうきらきらしたシーンは撮らずにはいられません(笑)


当日の裏話です。
足ぶれ補正がほしい程足がガクガクになったという親子。
私は一度本当に滑って転びました。
階段の縁の木が…しけってすっごく滑りやすかったんです…。
転んだと言っても、滑ってしゃがみ込んだだけなんですがね。
カメラは死守しました(笑)
とっさに右手で掴み、左手が握っていた手すりにぶち当たらない様に。無意識でしたが。
その後何度も滑ったりして(転びはしませんが)もう恐くてカメラずっと握ってました。
だって壊れたら私の作品全部パー!
それはかなり、いやんです。

個人的にお気に入りは、5,9,12,15,21でした。ケロケロ。
父上め…コケなんか撮りやがって…。
うまいわあれ。

それでは、たくさんのコメント、ありがとうございました。
2007/09/14(金) 20:39:58 | URL | 下の子 #hBXgSSNM[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
 みなさん、ありがとうございます。
 昨日に引き続き、下の子宛コメントありがとうございますm(_ _)m(笑)
 本日も子供用PCからコメント申し上げると思います。(って、向こうの方が先だった:汗)
 で、当日、しっかり、カメラは死守していました(笑)


迷う初老 さん、ありがとうございます
 はい、確かに正解だったと。と、云うのは頂上で引き返す方多いようで、貴船側を歩いている時は、殆ど二人きりでした。一人では怖いかも??
 で、1:は、半分正解(笑)
 「湯檜曽駅の上り」も地上でした(笑)
 2:日本一の野辺山には電波天文台がありますね
 ヒント1→22.6パーミルの頂上です
 ヒント2→山陽本線です
 ヒント3→岡山~広島間の運転士、特にブルトレはココを超えると一安心だそうです

 
YKNDさん、ありがとうございます
 ほんと、歳ですねぇ(笑)。何ともないと思っていたのですが・・・
 ビデオ、懐かしいですね。子供が幼稚園までの間は撮っていましたが、まだ動くかなぁ
 今やDVDでハイビジョンですよね


lucky562さん、ありがとうございます
 あはっ、雨でしたか?それは、ほんと怖いです。鞍馬側は階段なので、まだ何とかなっても、貴船側は斜面多く滑りますよ
 で、ほんと下りの方が脚に負担きつかったです。
 手ブレは無理矢理押さえても、脚ブレは押さえられませんでした(笑)


シャパ さん、ありがとうございます
 いえいえ、皆様からコメント頂いて下の子喜んでおりますm(_ _)m
>しんど(関東弁?)そう
 十分関西弁かと?関東でも云うのですね(笑)
 で、下の子撮影分、ありがとうございます(笑)

 みなさん、ありがとうございました
2007/09/14(金) 20:54:13 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*