子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
「宇治灯り絵巻-2008」-3
 今年の4月末に更新したNewPC。GWに一度再インストールしてその後問題なく使えていたのが、
正式な原因は不明だが、あるアップデートをしてから、何となく不調に。別に気になるほどでもないので、そのまま使っていましたが、ここに来て、また不調に。ディスクがおかしいのかなぁ??
 で、16日夜に再インストール。平日のこともあり、当面必要なソフトだけ入れて、翌17日(電池忘れの日)は何とかなりましたが、でも、まだおかしい。
 結局、17日夜から再度再インストール。2日続けて再インストールとは(笑)。結果、18日一日かけて、すべてきれいに再インストールできました。
 一番疲れるのは、ソフト一本入れるたびのアップデート。まっ、レジストリーがきれいになっていいけど。(笑)

****************************************************************

 さて、「宇治灯り絵巻-2008」、最終回。

 「塔の島」から「橘島」に渡り、「朝霧橋」(初回の宇治橋から見える、朱色の橋)を目指します

 その途中で

1:これが今回のベストかも
宇治灯り絵巻-2008-12
 発電所からの勢いのある排水(白濁)が、うまくマッチしてくれました


 さて、朝霧橋到着。観光客はほとんどいないのに、Cマンだけが4~5名(皆さん好きですねぇ:笑)

 橋のたもとは、3m四方くらい。そんな大混雑の中、一瞬三脚をおいて、パチリ


2:朝霧橋
宇治灯り絵巻-2008-13


3:もう一枚
宇治灯り絵巻-2008-9
 当初は、皆さん、「さっと撮って、はい次の方、どうぞ」、だったのですが、そんなことお構いなしの方が粘りだし・・・。
 こうなると、他のCマンは、みんなの画角に入る橋の上にでて、撮り出したり・・・。さらに、新たなCマンも登場。
 で、これ以上、ここにいるのが嫌なり、撮る気も一気にダウン。
 よって、ここで終了。橋を渡らず帰路へ(宇治上神社等、対岸には行ってません)


4:と、云いながら、三脚外し、階段を下りる途中で、ISO-1600・手持ち(笑)
宇治灯り絵巻-2008-14
 三脚撮影の為、ASをOFFにしていたのを忘れて1枚目は見事な手ぶれ(笑)


5:平等院通りで
宇治灯り絵巻-2008-15


 今日・明日(18-19日)は平等院の夜間拝観など催し物をやっているはず・・・。でも、行かない(笑)


 これにて、「宇治灯り絵巻-2008」は、おしまいです。
 長々ご覧頂きありがとうございましたm(__)m

 次回予告、「下の子は名カメラマン」の予定(掲載許可済み:笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*