子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
ITM,32L,Twilight(cross-wind landing)
ITM,32L,Twilight(横風着陸)

 撮影当日(5/28:mon)は、(滑走路に向かって)左から右へ、かなりの横風でした

1:横風
CW-1

 滑走路上、全て飛行機が、「機首を風上に向け」ながら着陸していました
 「まっ、横風だからだろう」位は判りますが、ちょっと詳しく調べてみました。


<< 横風着陸方法 >>

 翼を水平にしたまま機首を風上側に向けて飛行する方法(クラブ(crab))と,
風上側にバンクをとって横すべりしながら機首を滑走路に正対させる方法
(スリップ(slip))とがある。

 通常,高い高度ではクラブをとりながら進入を続け,接地直前にスリップに移り
機首を滑走路に正対させて,風上側の車輪から接地する方法をとる。

  詳しくはココをクリック 



 でも、 「まさか着陸直前で機体を傾けるなんて」 と思い、
 それを撮ったコマはないかと、チェック。
 ありました!!



2:クラブ状態ですが、水平です
CW-2
 主翼水平


3:スリップ開始
CW-3
 ほんと、左にバンクしています(怖~~)


4:スリップ継続
CW-4
 高度10m位でしょうか


5:やや戻して
CW-5



6:風上側の車輪から
CW-6
 マニュアル通り


7:風下側の車輪も着地
CW-7





8:ジェット機も
CW-8


9:風上側の車輪から
CW-9


10: すごいのは前輪が着く間に、(機体)正面を向いています
CW-10


 パイロットの技術、スゴイです!!


(パイロットになりたかったT101の戯れ言でした:笑)
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
ス、スゴイ。
パイロットもスゴイが調べたSR-T101さんもスゴイ。
さらにその瞬間を撮影しているのがもっとスゴイ。

パイロットになるのは大変ですね。
でも、乗るのはやっぱり怖い。
2007/06/03(日) 20:37:27 | URL | 迷う初老 #fo/KTNEA[ 編集]
へーなるほどーと感心してしまいました^^
横風の時は車でも運転しづらいですもんね。
理屈としては分かりますが、仰るようにパイロットの
技術凄いと思います。
よく分かる写真を添えていただきありがとうございました、
勉強になりました。
パイロット志望もうなづけますね^^;
2007/06/03(日) 21:56:59 | URL | Hashi #LiXBQyaY[ 編集]
こういった観点から着陸を見たことが無かったので、勉強になりました。
↑迷う初老さんの>パイロットもスゴイが調べたSR-T101さんもスゴイ。さらにその瞬間を撮影しているのがもっとスゴイ。←まさにその通りです^^
それにしても、この時だけでSR-T101さん、そうとう枚数撮影されたんじゃないでしょうか?
何ギガでしたですか?(笑)
2007/06/04(月) 03:10:06 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
いやぁー、やっぱりパイロットの技術はスゴいんですね。
これくらいの傾きの時間や角度なら、機内ではあまり感じないんですかね。

その昔、PCのフライトシミュレーションのゲームで自分がパイロットに向いていないことを悟りました(笑)
2007/06/04(月) 08:06:45 | URL | まーきー #-[ 編集]
なるほど、よ~くわかりました。
撮っているときにどうして左(風上)側から着地しているのかなぁと思っていました。
ホント、実際に見ていてすごかったですね。
というわけで、また行きましょう。

PS:今朝(9:30頃まで)は逆向きだったみたいです。
出発機の高度、低かったですよ。
2007/06/04(月) 12:08:19 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
へえっ~!
この技術は凄いですね!
実は前回の記事を見て「何で傾いて降りるのよ~!」ってヘタなパイロットだなあ~なんて思っちゃいましたが不快理由があったのですね^^;
T101さんが調べてくれたお陰で技術の素晴らしさに感動しちゃってます^^;
クルマのカウンターステアとは訳が違いますね!って一緒にすんなよですね^^;
2007/06/04(月) 14:22:10 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
こんばんは。
さすが、パイロット志望のT101さんだけあってよく調べておられますね。
実写があるのがまたすごいです!
パイロットのテクは本当にすごいんですね。
高い給料とるはずだわ(笑)
2007/06/04(月) 19:14:57 | URL | lucky562 #5Hfh6fmc[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
迷う初老さん、ありがとうございます
 ちょっと気になるカット(次回掲載予定)があったので、本格的に調べてみました
 飛行機ダメですか?(笑)


Hashi さん、ありがとうございます
 はい、飛行機に横風は怖いですね。踏ん張れる所が無く、流され放題。無理に立て直そうとすねと、ダッチロール起こすし・・・。追い風はもっと怖かったりして(笑)
 実は、ちょっと気になるカット(次回掲載予定)があったので、本格的に調べてみました


YKND さん、ありがとうございます
 実は、ちょっと気になるカット(次回掲載予定)があったので、本格的に調べてみました
 で、1GBを4枚持って行ったのですが、普段通りRAW+jpgで撮り始めると10分で1G一杯。慌ててjpgオンリーにしました。最終(raw含め)500枚弱、3.5G位でした(笑)。


まーきー さん、ありがとうございます
 はい、この程度乗客は何にも判りませんね。
 旋回飛行は乗客にもGがかかるので、確か最大バンク角、25度?だったかと・・・(速度によります)。もちもんパイロット訓練では45度やってるようです
 実際飛行機に乗っている時、バンクしているのって、よほど注意していないと判りませんよね。
 先だって引退したF-14戦闘機は9Gに耐える設計で、実戦時でも6G押さえるそうです


masa さん、ありがとうございます
 はい~~~。こういう事でした(笑)
 現地で初め見た時「何という降り方してるねん」でしたね~。
 他の写真見ていると、ジェット機は我々の撮っていた真上で、こういう操作をしていたみたいですね。
 また、連続で見ると、風下から風上側へ「弧を描きながら」降りていたようです
 おっ、今朝は逆方向でしたか?離陸は余裕でも、着陸は(山の関係で)必死でしょうね


シャパ さん、ありがとうございます
 あははっ、やはり
>「何で傾いて降りるのよ~!」
 でしたか。お気づきとは、スゴイ!!
 我々も現地で初め見た時「何という降り方してるねん」でした。
 で、こういう事でした。
 パイロット、ほんとスゴイですね。地上高5m~15mで、まだこんな操作をしているとは、でした。
>クルマのカウンターステア
 基本原理は一緒かと。但し踏ん張れる摩擦はないですが(笑)


lucky562 さん、ありがとうございます
 はい、バンクの横滑りは知っていましたが、こんな高度でやっているとは、知りませんでした。むしろ風上側から風で流される事を予測して着陸ラインを持ってきていると思っていました。
 ほんと、(多少のラインの違いはありましたが)我々撮影の場所まで真っ直ぐ来て、そこからの操作だったようです。
>高い給料とるはずだわ(笑)
ですね。さらに、難しい着陸時は、脈拍数180位になるそうですよ


 みなさん、ありがとうございました
 また、写真についても、ありがとうございました

2007/06/04(月) 21:24:19 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*