FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
[第二十三回:第2の沼、第二次レンズ沼-3(AF 400mmF4.5G) 2回目の公式陸上競技場]
 時は2001年秋、夏に7と100macroを買っところで、またまた・・・。

 次は、コレッ!

1:AF High Speed APO Tele 400mm F4.5G
400mm


 前回(上の子)は100mであったが、今度は400m(100mX4)リレーに。
 しかも第一走者。正面スタンドからは、背中しか見えない。
 前回、最後になって開放された、3,4コーナー側の観客席。
 その開放を信じて3コーナーから、対角に狙う計画。
 さて、その首尾は。また、リベンジなるか!!

 今回は「子供の成長と一緒に育った」です(笑)

 では。




 2001年秋、いよいよ下の子が公式陸上競技場出場である。是非前回のリベンジを。α-9の4.5コマ/秒の見せ所と思った。が、上の子と出る種目が違った。走り幅跳びと400mmリレーに出る云うのである。
 まぁ、競技場はもう判っているので競技場の件では慌てなかった。むしろ幅跳びは前回の100mトラックより観客席に近い。(観客席とトラックの間にある)。これは400mmあれば十分、100-300mmAPOでも、撮影場所によっては80-200mmでいけるかも。当日決めればよいと余裕であった。
 問題は400mリレーであった。撮影側からの希望としては第4走者で、4コーナーを回ってくるところを撮りたいが、第1走者だとと云う。正面観客席からでは背中しか撮れない。困ったが反対側の観客席に入れるかどうかである。前回(上の子の時)は観客が増え過ぎて、最後になって第3,4コーナー側の観客席が開放された。その可能性を信じて、第3コーナーで待ちかまえて、対角の第1,2コーナーを曲がってくるところを撮ろう、と云う事にして、超望遠(最低600mm)狙い(笑)。

サンニッパも考えたが、やはり高いし、200Gとの組み合わせを考えると、
            300mm域      400mm域     600mm域     800mm域
200mmF2.8  x1.4=280mm  x2.0=400mm
400mmF4.5      -        ○      x1.4=560mm x2.0=800mm(MF)

300mmF2.8        ○       x1.4=420mm  x2.0=600mm

 となり、明るさではかなわないが最大800mmと、組み合わせで重複しない400mmF4.5Gと決めた。

 持った感じは、当然だが重い。2kgある。α-9に装着すると合計3kg。しかし、構えると意外と安定している。ファインダーの像がぶれない。想像していた以上に撮れそうな予感があった。

 早速試し撮り。感じた通り手持ちでもブレなかった。写りはと云うと、それはそれは言葉で言い表せないほどのヌケだった。コントラストもイイ。こんな綺麗な玉が400mmで可能か。で、あった。
 また、何故かRF500mmは考えなかった。多分テレコンのことを考えていたのだろう。

2:こんなケースに入っていました
(何故か嬉しいが、持ち運びには不向き:笑)

400mmケース

 さて、当日。走り幅跳びは午前中、400mmリレーは午後であった。観客席を見る。うれしいではないか。バックスタンドが開放されていた。これで、400mmリレーの時はあっちへ行けばいい。

 走り幅跳びのフィールドを見た。気楽に思っていたこちらの方が問題であった。とにかく係員が多いのである。助走路、踏切近辺、着地の砂場、すべて係員がわんさかといる。どうしようもなかった。子供の番が来るまであっちこっち移動した。でも、どうしても係員が邪魔になる。結局、スタート前と、助走路で数枚、踏切と空中が何とか納められそうな場所を取った。レンズは、α-7に400mmG,9に200mmGx1.4=280mmをセット。

 さて、登場である。スタート待ちの光景を400mmGで押さえた。前回の100mの走路よりも近いので十分届いた。
 スタート。280mmに持ち替えて、助走路は係員の間で押さえる。踏切は係員がいて頭だけ、空中で一枚、着地で2枚であった。係員がどうしても邪魔になった。動いてくれなければいいのだか、向こうもお仕事、チョロチョロされた。

 トラックでは100mm競技が始まった。ふと横を見ると老年の方が、200mmGにテレコンx2.0をセットして、ボディは8700i。3年前の自分を思い出していた。100mを走る孫の勇士を取りに来られたのだろう。「露出はマニュアルですよ」と思わず声をかけそうになったが、失礼になりそうなのでやめた。

3:こんなセットでした(α-7に400mmX1.4を三脚に)
7+400mmX14

 走り幅跳び競技が終わったので、早々に撤収。バックスタンドはガラガラで三脚も使えそうと判断し、また競技までの時間も空いているので一度自宅に三脚を取りに戻った。戻ってくるときは、天気も良かったので、自転車で出かけることにした。競技場までは5Km程。しかし、これがまずかった。私は軽快にとばせるが、向かい風で家内のスピードが上がらない。到着が競技開始ギリギリであった。

 時間がないので「近ければいいだろう」と、バックスタンド第2コーナー前、最前列に陣取った。早速距離の確認。スタート前とスタート地点を押さえるには、400mmGにx1.4を付け560mmが必要。ボディは7。相変わらずガラガラなので三脚を出した。手持ちも考えたが、例によってカメラの持ち替えが必要だ。何せ400mmが付いている。簡単には持ち変えれない。三脚にセットした。9には80-200mmG連写速度優先である。第2コーナーのリレーゾーンは目前。コーナー曲がってくる付近からこちらに持ち替えだ。

 今回は露出を計測して、すべてマニュアルにセット。同じ轍は踏まない(笑)
 選手登場である。競技の第一組であった。リハーサルが出来ない。ぶっつけ本番となった。
 さっすが560mm、スタート前の緊張が手に取るように判る。スタート地点へ進む。第3コースだった。楽々である。10枚ほど納めた。
 「ヨーイ・パン」。出遅れた。内側レーンの選手と重なりそうになる。560mm+三脚はスタートから連写で10枚ほど納めて、すぐにあきらめた。三脚セットの水平パンだけなので手を離すだけである。(こう云うときは自由雲台でない方が便利)
 80-200mmに持ち替える。コーナーを曲がってくる。ここっと云うとき、今度は外コースから選手が・・・。AFが手前の選手に合焦した。くっそー、であるが、80-200mmGのAFスピードは速い。すぐにAFが我が子をとらえ直す。10数枚は撮れた。残ったフィルムでチームの他の選手を撮った。アンカーが第4コーナーを曲がってくる。第2コーナーから第4コーナーとでは対角線である。560mmでもきつかった。800mmいるな、と思った。

 被写体を選ばず競技の熱気を伝える、また一位の選手を撮るなら、まだ撮れるが、我が子の狙い打ちは難しい。もう少し中段で俯瞰に構える方が撮りやすかった。
 まあ、一応3年前のリベンジ(露出の失敗)が出来、写真としても、そこそこ撮れたので良しとしている。本当はコーナーを曲がってくる格好いいところを撮りたかったのだが・・・。

 ここで、第2の沼は終了です。98年から2002年4年足らずでした。98年の807siを除くと、2000年末から2001年秋までの1年足らずで、ボディー2台レンズ4本、第1次とは比べようのない速度で増殖してしまった(笑)


 いま想うと、「無茶をしたな」だが、親バカ的に、この頃は「子供の成長を撮る」の他に「子供と一緒に撮りに行く」楽しみがあった。子供が807siを持ち、私は7,9でよく撮りに行った。
 また、いいボディがあるとレンズが欲しくなる。この時期は、α-9,7と素晴らしいカメラが出てきた事が、増殖の後押しをしたのだと思う。コレは皆さんもご同様かなぁ、と思う。α-Digitalでずいぶん増えたでしょう(笑)。
 なのに、これから3年間、デジタル時代突入なのに、Minoltaからは出なかった・・。
で、第3次の沼はα-7Digitalになってからである。

 そうそう、年末に以前譲った35-105mmが帰ってきた。24-105mmを買って不要となったらしい(笑)


[現時点の保有機材]
= ボディー: =
 α-7700i、α-8700i、(α-807si)、α-9 、α-7

= 単焦点レンズ: =
 28mmF2、50mmF1.4、100mmF2、100mmMacro,(50mmMacro)
200mmF2.8G、[400mmF4.5G]、AFx1.4(280mm,560mm)、 AFx2(400mm,800mm)

= ズームレンズ: =
 35-105mmF3.5-4.5、 100-300mmF4.5-5.6APO、
 28-70mmF2.8G、 80-200mmF2.8G
 Tamron:28-200mm

= ストロボ: =
 3200i,5200i 2台、5400HS、リングストロボ
コメント
この記事へのコメント
ふえすぎ
こんにちは!
今回もドキュメンタリータッチで、楽しく読ませていただきました。
>明るさではかなわないが最大800mmと、組み合わせで重複しない400mmF4.5Gと決めた。← あっさりと決まりますね(笑)さすがです!
レンズケースも立派ですが、α-7に400mmX1.4をつけた姿は、さらに立派ですね^^
撮ることをショットともいいますが、こういうレンズをセットした時には、
ショットは撮るというよりも、文字どおり撃つにちかい雰囲気ですね!

>第3次の沼はα-7Digitalになってからである。 ←もうここまでで、大体お揃いかとも思うんですが(笑)、この後には一体何が増えていくんでしょう??
続き、楽しみにしています^^
2006/02/20(月) 17:32:18 | URL | YKND2004 #uJrgqyVA[ 編集]
今回も楽しく興味深く拝見させて頂きました♪
400Gを構えているT101さんを見た人は何処かのスポーツ誌の取材だと思っていたんでしょうね☆彡
次にお嬢さんの陸上競技が有ったら多分、600mmF4が増えていたんでしょうね!(笑!

α-7Dが出るまでの4年間はどんな日々を送られたのでしょうか?
2006/02/20(月) 17:47:26 | URL | シャパラル #nGdA3O4A[ 編集]
こんばんは!
ご無沙汰しておりました。

400㎜だと随分豪快になりますね!
100-400だとこうはいかないでしょう(笑

>親バカ的に、この頃は「子供の成長を撮る」の他に「子供と一緒に撮りに行く」楽しみがあった。
お気持よくわかります♪
私も親バカですから…(笑
最近はバカ親のような気もしてきました…
2006/02/20(月) 20:55:07 | URL | ⇒ #-[ 編集]
YKND2004 さん、ありがとうございます
YKND2004 さん、ありがとうございます
 こういう大舞台になると、何故か、ドキュメント風になっちゃいますね。それだけ緊張の中の撮影だったのでしょうかね(嘘)。はっきりと覚えている事だけは確かです。??。
 400mm、あっさり決めたというか、やはり値段でしょうね、きっと。あとの理由は自分を納得させるためだけだったりして(笑)
 フードの固定ネジ、キチンと垂直を合わせると、カメラ本体のホットシューとで、照準になったりします、で、確かにシュート!!って気分になります。が、肝心の撮るとき、ファインダーがずれていたりして(爆)

 第3次ですか?。乞う、ご期待と言う事で(エヘッ、ポリポリ)

 ありがとうございました
2006/02/20(月) 21:23:44 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
シャパラル さん、ありがとうございます
シャパラル さん、ありがとうございます
あははっ、スポーツ誌のカメラマンですか(笑)。隣に家内がいましたので・・・
でも、(反対側の)正面スタンドからは、「何者」くらいは思われたかも(笑)
600mmF4は、無理ですよ。自動車買えちゃいます(笑)。この後、4.45持て余していました(笑)

7D出るまでは・・・、コンデジで遊んでいました(爆笑)

 ありがとうございました
2006/02/20(月) 21:32:10 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
⇒ さん、ありがとうございます
⇒ さん、ありがとうございます

あははっ、バカ親、コレが一番と思います。
タカト君とsakiちゃん、国立競技場出場となれば、328,445+テレコンで、はせ参じます。1,200mm位いりそう。(爆)
1.5倍で丁度いいかも(笑)

ありがとうございました
2006/02/20(月) 21:40:48 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
400mmもいいなぁと思っていましたが、300mmF4が欲しかったですね。
結局300mmで何を撮るの?と自問した結果見送りです。
αレンズがたくさんあった頃は見送ってばかりでした。
仮にコニミノの状態を無視して今あったとしたら、・・・やっぱ見送りかな、資金面で(笑)
2006/02/20(月) 22:00:14 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
可笑しいです
SR-T101さんの文章面白いです、毎回楽しく読んでいます。
ボディ・レンズともにドンドン増えていて、読んでいると「必要だからしょうがないよなぁ~」と思わされてしまうところが凄いです。
普通はそんなに買いませんよ。。。というか買えません(T.T)

>時間がないので「近ければいいだろう」と、バックスタンド第2コーナー…
ギャハハ~いつもの事だけど、レンズを買って撮影の段取りを考えるまでは完璧ですね。
>同じ轍は踏まない
ププッ~踏んでる踏んでる
いつも「最後の詰めが甘い」って轍を踏んでる
この詰めの甘さが「甲種輸送」まで治らないんですね・・・(ーーメ))
2006/02/20(月) 23:32:42 | URL | まっちゃん #99DFA69w[ 編集]
こんばんは。
私のブログへ出張お願いしてすみませんでした。
出張費はタダにしてくださいね(笑)
しかし、α-7に400Gの付いた写真、迫力ありますね。
まさに大砲です。
こんないいレンズでたくさん記念になる写真を撮ってもらえたお子さん達も幸せですね。
2006/02/20(月) 23:34:53 | URL | lucky562 #5Hfh6fmc[ 編集]
400mm、すごい迫力(^^;

ケースもスゴいですね! 持ち運び大変そう・・・。でもそういうことを忘れさせてくれるくらいの満足感が伝わってきます。
望遠系のレンズはあまり持っていないので、ずっと興味深く拝見させていただきました(^.^)

> α-Digitalでずいぶん増えたでしょう(笑)。

はい、増えました!
まさか1年ほどの間にこんなにレンズが増える事になるとは、まったく想定外でした(^^;
2006/02/21(火) 00:05:10 | URL | まーきー #-[ 編集]
今回も楽しく読ませていただきました!
前回のリベンジが果たせて良かったですね。
400mmF4.5Gは流石の大きさですね~

>また、いいボディがあるとレンズが欲しくなる。
そうなんでしょうね、私も7D購入後のレンズ増殖は
凄いです、自分でも驚きですがSR-T101さんの
増殖理由が少し分かる気がします(笑)
2006/02/21(火) 06:14:05 | URL | Hashi #LiXBQyaY[ 編集]
masa さん、ありがとうございます
masa さん、ありがとうございます
この頃がM社レンズの最盛期でしたね。
いっぱいあるときは、見送りばっかり。
なくなりそうになって、慌てる。
だから限定販売と言われると弱い(笑)
2006/02/21(火) 10:09:57 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
まっちゃん 、ありがとうございます
まっちゃん 、ありがとうございます
ねっねっ、必要と思うでしょう。この手で家内を・・・でした(笑)
でも、ほんと詰めが甘いのですよね(笑)
今想うと、距離ばかり気にしていて、リレーのスタートが横一列でない事を忘れていました。コレを想定していたら、間違いなく「中段」で構えてたでしょうね。
ほんと詰めが甘い!!(笑)。

ありがとうございました
2006/02/21(火) 10:24:32 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
lucky562 さん、ありがとうございます
lucky562 さん、ありがとうございます
いえいえ、とんでもございません。私の知らなかった京都、特に駅の撮り方、勉強させて頂きました。
この玉は、幸いにも公式競技場へ出られる機会があったので、ここぞ、とばかりでした。
子供たち、どう思っているのでしょうね(笑)

ありがとうございました
2006/02/21(火) 10:32:46 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
まーきー さん、ありがとうございます
まーきー さん、ありがとうございます
 あはっ、ご参考になれば幸いです。
実際、持ち運び大変でしたね。リュックタイプのバッグに詰め込んで、でした。
 Digitalのお陰で、レンズいっぱい、増えましたよねーーー。(笑)

 ありがとうございました
2006/02/21(火) 11:13:50 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
Hashi さん、ありがとうございます
Hashi さん、ありがとうございます
あはっ、何とかリベンジ出来ました。
Hashiさんも、増殖されましたか。絶対増殖しますよね(笑)
いいボディが、あればですよね。

ありがとうございました。
2006/02/21(火) 11:42:00 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.