FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2020 SR-T101 all rights reserved.
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
餘部鉄橋-4(下から鉄、編)
 さて、餘部鉄橋、その4。

 今日は黙って、下から列車の通過風景を

 "あっ、こんなもん"でスルーして下さい


1:17-35G
1
餘部駅発車。17-35では短い!
この左手の山、頂上手前に、撮影ポイントがあります


2:28-70G
3A
28-70に持ち替えて・・

3:28-70G
2
うーん、電線が残念

4:28-70G
3

5:28-70G
4
今度は長すぎ(笑)

6:17-35G
5
17-35に持ち替え

7:17-35G
6
ここで、下も全部入れてだった・・・

8:17-35G
7


9:28-70G
8
また、持ち替え(笑)

10:28-70G
9

11:28-70G
10

12:28-70G
11
しつこかった(笑)



 7D+28-70G,SD+17-35G持ち替えながら、併せて21枚撮りました
 鉄橋の通過制限速度、25km/hですので、撮り放題です!


 少し離れた所から"多重露光"で、鉄橋上に車両をに並べたら、
面白いかもって、思うの私だけ?(笑)



 次回は、往路と「鉄橋通過の車内から」です
 と、云っても、つり革からですが・・・(涙)



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
下から見るとあらためて鉄橋の高さに驚かされますね。
端から端まで実況撮影ありがとうございました(笑)
6枚目が一番上下のバランスがいいように思いました。
2007/03/24(土) 13:49:01 | URL | lucky562 #5Hfh6fmc[ 編集]
6、8枚目が良い感じかなぁですね。
橋の下の国道を山の方へ行くと、たしか橋の全景が見れたはずです。
しかし、そこで撮るとなると車じゃないとキツイですね。
工事が始まっても数週間ぐらいならまだ撮れると思いますよ。
今度は海側から撮りますか^^
2007/03/24(土) 18:08:09 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
こんばんは。ご無沙汰しました。
鉄橋だけでも絵になりますね。
行けるかなあ。

ゆっくりなのでたくさん撮れていいですね。
読んでて楽しくなりました。
2007/03/24(土) 20:16:10 | URL | 迷う初老 #fo/KTNEA[ 編集]
構図的には2枚目の感じが一番好きです!
でもやっぱり電線がちょっと残念ですね(^^;
それにしても6枚目以降の写真をみると、やっぱりスゴいとこですね。

> 少し離れた所から"多重露光"で、鉄橋上に車両をに並べたら、
> 面白いかもって、思うの私だけ?(笑)

どんな風になるのか是非見てみたいです(^.^)
2007/03/24(土) 21:13:03 | URL | まーきー #-[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
lucky562 さん、ありがとうございます
 はい、やはり高さ40mは半端じゃないですね
 やはり端から端まで、撮らないと勿体ない?かな(笑)
 6枚目ありがとうございます


masaさん、ありがとうございます
 そうなんです。もう少し(もっと?)奥に行けば全景撮れますね。仰る通り車が必須となりますねぇー。
 いっそ、山を少し登って(望遠で)水平に鉄橋を撮ったら画になるでしょうね。
 「New橋の工事始まってもかなりの期間撮れるでしょう」とは、駅員さんのお言葉でしたが、下からならキツイでしょうね。
 海側からの撮影ポイントあるようですよ
 ただ、撮ろうとすると夕方=電車では、帰って来れない(爆)
 6、8枚目ありがとうございまます


迷う初老さん、ありがとうございます
 はい、鉄なかっても鉄橋だけで十分画になると思います
 大阪駅9時頃で十分いけると思いますよ。と云うか、いくら早く出発しても、餘部行きの電車がないです(笑)


まーきーさん、ありがとうございます
 はい、下からだとやはりいろんな物が写り込んで・・・ですね。
 で、高さ40m上の鉄は、やはり半端じゃないですね
 多重露光、やりたいですねぇー(爆)


 みなさん、ありがとうございました


2007/03/24(土) 22:27:26 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.