子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
梅小路・蒸気機関車館-6(番外編-2)
 一昨日の"C57とC62"の大きさの違い。
 実は、梅小路で最後、機関庫に列んだのですが、何故か実写がない(涙)

 しかたなく、鉄模の比較で、ご勘弁下さい(笑)

1:左C62、右C57(SSM,200mm,ストロボ使用)
C57とC62 
 C57のボイラーは、レール間に何とか収まっている感じですが
 C62のボイラーは、レール間より、はみ出しています。
 当時の設計陣、狭軌軌道で苦労されたようです


2:全長も(SSM,100mm,ストロボ使用)
C57とC62 
 やはり、C62はデカイ

 あっ、C57の次のC58は、より小さいです。
その次のC59はC62なみに、デカイです



 番外編が済みましたが、転車台の別風景を


3:真横から(masaさんからお借りした、DT18-70mm,18mm)
C62 


4:真後ろ
C62後 
 滅多に見られない、真後ろ姿


5:給炭風景
給炭風景 
 今や、フォークリフトで、「ガッ、ザー」、でした
 コレも時代ですね!!



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
確かに真後ろは滅多に見られないですよね。
ミニチュアの比較でも参考になります。
フォークリフトで、味気ないと言えば味気ないですね。
2007/03/10(土) 19:22:14 | URL | 林檎狂 #-[ 編集]
1枚目を見ると大きさの違いがよくわかりますね。
4枚目の真後ろ。私も撮っていましたが、いまいちでした(笑)

2007/03/10(土) 20:20:28 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
書き忘れ^^;

>実は、梅小路で最後、機関庫に列んだのですが、何故か実写がない(涙)
また、行きますか(爆)
2007/03/10(土) 21:59:18 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
こんにちは^^
こういう模型はちょっと欲しいですね。
で、せっかくですから、↓前回の7枚目のような、簡単なものでいいですからミニ・ジオラマを作って、撮りたくなりますよね^^
SR-T101さんも撮りたくなりますでしょ!?(笑)
ところで4枚目、機関車の石炭の車両の後姿、僕も初めて見ました。
ライトがついているとは思いませんでした^^
2007/03/11(日) 02:21:00 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
林檎狂 さん、ありがとうございます
 はい、後ろ姿は珍しいですね。普通は客車が着いているので、まず見えませんものね。
 鉄模も狭軌同士はスケール合ってあるので、上手くできたかもです。
 フォークによる給炭は、なるほどなぁでした(笑)


masaさん、ありがとうございます
 1枚目、機関庫風に少し斜めにしました。機関庫があれば、もっと良かったのですが(笑)
 DT18mm軽くてイイですね。ちょっと持って行くにはイイ玉ですね。ならSIGUMAの方がイイって?
 また、行きますか?(爆)


YKNDさん、ありがとうございます
 あははっ、鉄模へ進出ですか?
 ジオラマですか?。今NHK「趣味悠々」で、ジオラマ作りやっていますよ。意外と出来そうですね。置き場所が問題ですが・・・
 後ろ姿、珍しいでしょう
 ライト→はい、後ろにも付いていますね。
 一応バックも出来るので・・(笑)。


 みなさん、ありがとうございました
2007/03/11(日) 09:12:56 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*