子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
5600HS(D)の実験-1
 先だってから、さらにストロボの検証を続けて、ある種の傾向があるような・・・

 ただ、法則性というか、不安定な面(=私の知識では説明のつかない現象=「こうなるはずだ」が「ならない」事)もあり、なかなかまとまりません

 その中から、確認できた事を一つずつ、ご紹介させて頂きたいと思います

***********************************************************

 今日は「白飛び」について

機 材:5600HS(D)
レンズ:85mm/F1.4 Limited →D対応レンズ
カメラ:7D→ADI調光にセット
三脚固定



1:実験環境(SS=10sec,f1.4)
真っ暗

 部屋を5Wの常夜灯だけにして、真っ暗です

****************************************************************

[実験1]・・絞り優先モード、撮影距離=1m弱

2:大オーバーの例(絞り優先、SS1/125,f1.4)
1mf4.5

 よく云われる"白飛び=ダメな調光"の例、と思います


3:まだ、オーバーの例(絞り優先、SS1/125,f13)
1mf13

 同じく"白飛び"です


4:やっと適正?(絞り優先、SS1/125,f22)
1mf22

 f22で、やっと・・・

 ↑は、皆さんご経験がお有りかと

****************************************************************

[実験2]・・撮影距離=約2m

5:絞り優先、(SS1/125,f1.4)
A-mode

 調光OK


6:シャッター優先、(SS1/500,f1.4)
S-mode

 調光OK→1/500ですので、HSS(ハイスピード)状態です


 なぜ、↑2とも、絞り開放で撮れるの?の疑問がおありかと

*************************************************************

[検証]・・答えは"ストロボの背面ディスプレイ"の"調光可能距離"


7:5の条件(1/125,f1.4)
f1.4-SS1/125

 調光可能距離=1.5m(最短:赤矢印)~12m(最長:青矢印)


8:6の条件に近い状態
 (この写真は、M-modeで、1/350になっていますが、S-mode,1/500時も最短距離は同じです)
f1.4-SS1/350

 こちらも、1.5mからと、表示されます
 最長距離はHSSモードのため3.5mと短くなります


 このことは去年の実験でも、ある程度判っていましたが、
今回、はっきりと検証できました


[今日の結論]

 「白飛び」時は、まずストロボ背面"調光可能距離"の確認

 なぜ、1.5mなのか、1.5m以下はどうすればいいのか?についてはまだ何も判っていません(仮説の状態です)
 実験を続けていけば、何か判るかも?です



************************************************

 昨年中途半端になったストロボ実験を、「まーきーさん」からご提案頂き、
もう一度検証しようと思ったのですが、いつもやっている内に、何がなんだか判らなくなる(笑)

 で、ちょっとストロボのモードについて整理を

 まず、露出モードは、P・A・S・Mと4種

 ストロボの発光方法は、1:通常発光、2:ハイスピードシンクロ

 調光方法としては、1:ADI調光、2:P-TTL調光
 で、検証実験では、1:Dレンズ、2:非Dレンズで区別も必要
 スローシンクロも、調光の仲間かな?
 後幕シンクロってのもありましたね。コレは関係ない(笑)

 調光補正にも、1:定常光と別々に、2:定常光と一緒に
 と、検証実験では、1:補正無し、2:+補正,3:-補正で確認必要

 単純に掛け合わしただけで、300通り以上のケースが・・??
 さらに、今回明確になった撮影距離の問題含めると簡単に1,000通り以上(涙)
 もっと考えれば、シチュエーション(突き抜け、壁際等々)も色々ある

 コレら全て、検証するのは、まず不可能(笑)

 で、ある程度、内容・テスト項目を絞って実験していきますので
よろしくお付き合い下さい。


 また、疑問・質問等ございましたら、ご指摘頂ければ幸いです 


 (再実験は簡単です:笑)

コメント
この記事へのコメント
ストロボには超疎い僕でも、なんとなくこの実験が面白そうに思えます^^
でも、基本的には??なので、ストロボ実験編では、申し訳ありませんがROMオンリーということで、ご勘弁を(v。v)ゝ
2007/02/09(金) 02:00:53 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
追加の実験、ありがとうございます。いろいろ勉強になります!
私がずっと使っていたのは3600HSで背面にディスプレイがないのでこういうことには気が付いていませんでした。
なるほどぉ、もしかすると「不安定だ」と感じていたときは、測光可能距離の範囲外だったのかも・・・うーん、何ともいえませんが意外と「測光ではなく、使い方に問題があった」という事かもしれませんね。
私も段々分からなくなってきました。
ケチって3600HSにせず、最初から5600HSにしておけばよかったと思う今日この頃・・・(^^;
2007/02/09(金) 07:29:05 | URL | まーきー #-[ 編集]
1.5m以下では使えないんですね。
調光補正を-2にしてもダメかなぁ~。
最小で発光量でも光量が大きいんでしょうね。
光量をロスするようにバウンスorデフィーズすればどうなんでしょう?
ちょっと疑問です。

2007/02/09(金) 13:52:22 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
ために成る実験有難うございます♪
何となく理解しましたがmasaさん同様指定距離内でしかHSSは機能が発揮できないという事なんだろうかと…^^;
最近はポートでCanonの5800EX使っていてもボディ、ストロボの双方でMモードで使ってます。
CanonのHSSも優れてはいるのですが思った雰囲気には撮れませんので^^;

続き楽しみにしてま~す^^
2007/02/09(金) 17:45:33 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
YKNDさん、ありがとうございます
 あははっ、この実験なかなか難しいです。
 そう度々アップできないと思います(汗)。
 その節は、「またやってらー」程度で、ROM頂ければ幸いですm(_ _)m
 何かアイデアがあれば、ご教授下さいねー。


まーきーさん、ありがとうございます
 3600HS(D)の背面無し、初めて知りました(スミマセン)
 このお話をお伺いして、私も初めてマクロ・コントローラーに背面無いのを確認しました(笑)
 3600HS(D)多分1mくらい離れればOKかと思いますが、一度ご確認頂くのがベストかも、です


masaさん、ありがとうございます
 はーい、1.5mですねー。色々実験していますが、何モードで撮ったか全然判らなくなり、パニクっています(笑)
 一度に沢山の実験をすると、収拾付かなくなりますね(笑)
>バウンスorデフィーズ
 アイデアありがとうございます。コレも実験項目にくわえます。
 Dの距離情報が、どうなるかですね。


シャパ さん、ありがとうございます
 お役に立ちますか?だったら幸せ(笑)
 最短の問題、色々な推論
例)α-9と旧型の5400HSでは、0.8mが可能と表示されますので、5600HS(D)の仕様かも?
ですが、実証には至っていません。
 CanonでもHSS難しいのですか?
 ご要望のレベルが高すぎ?(笑)


 みなさん、ありがとうございました

2007/02/09(金) 23:29:16 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
(。-_-。)
出遅れてしまいました・・・(わらぃ)

ゃはり、ワタクシにはムヅぃのです。
o(>ω< )o

ポン焚きで済みそうなモノしか
使わないのでヨシとする事にしました。
頻度もスゴぶる低いですし・・・。
(。-_-。)
2007/02/10(土) 19:03:10 | URL | じょ #.ciQz8fI[ 編集]
じょ さま、ありがとうございます
じょ さま、ありがとうございます
 あははっ、実験楽しいですよ(笑)
 確かに、ストロボ頻度、デジタルになってますます低くなりましたね。
 まっ、たまにはマニュアルでお楽しみ下さいなぁ(わらぃ)
 ついている機能は"使わなわ、損々"ですよ(爆)


 ありがとうございました
2007/02/10(土) 22:46:28 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*