FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
[第十三回:第一次レンズ沼-7,(α-8700i,AF 28-70mmF2.8G)、結婚披露宴]
 今日は「節分」ですね。明日は立春と云うのに、雪が降ってきました。
 今日、京都は新撰組で有名になった「壬生寺」で狂言。「吉田神社」(京大本学の横)では、節分祭があります。

 仕事では、撮りに行けない(悲)

 で、今日も「α増殖記で」

****************************

 さて、単焦点は一通りと云うか超望遠まで繋がりました。

 ここで終わるはずが、が、次は必要に迫られて・・。(あっ、言い訳ですよ:爆)


 いよいよ、ズーム沼に突入です。またカメラ本体も更新時期(笑)

1:AF 28-70mmF2.8G
AF28-70mmG
 ズーム沼、まずは、これでした(笑)。
この頃('93年)には、まだGと云う言葉はなかったです。確か・・。

2:α-8700iwith 50mmF1.4
α-8700i

 本当は、7xiの予定が、8700iに(笑)

 さて、今回も長くなります。結婚披露宴ですが、ただの披露宴撮影ではありません。

 あくまで「我が子が主役です」(笑)

では。


 93年、兄の結婚が決まった。我が子二人が新郎新婦へ花束のプレゼンテーターに抜擢された。

 結婚披露宴自体、独身時代友人等にお呼ばれしてMF2台体制で十数回撮ったことがある。単焦点だけでは辛い面がある。ズームの必要に迫られた。しかし35-105mmF3.5-4.5しかない。ましてや、今回はうちの子も主役である。

 ちょうどそんな時に28-70mmF2.8と云うとんでもない大きさ・重量のズームが発売された。何も考えずに「こんな高価なズームなら描写に問題はなかろう」であった。(後玉は、もういいっか:笑)。
暫く入荷待ちで披露宴には間に合ったが、試し撮りに十分な時間は得られなかった。

 むしろ問題は一台しかないボディ(7700i)、それも前年に子供を肩車から降ろす際に落下。即修理、幸い基盤交換のみですんだ。が、大事な式に持って行くのが怖かった。

 α-7xiもα-9xiも発売となっていた。7xiはパノラマ装備のマイナーチェンジを受けていた。7xi自体は発表当初から知っている。「ゼロタイムオート」と詠った新機軸。現在もお使いの方には申し訳ないが、オートスタンバイズーム(ASZ)とイメージサイズロックは、「面白い」とは思ったが「大きなお世話」が第一印象。しかし、今回は最低2台は準備しないと、で、半ば買う気でいた。

 店に出向くと、α-7xiはあまり値引きがない。横を見るとα-8700iが在庫処分で格安販売であった。7700iと操作性も変わらない。2台まとめ買いをした。(笑)
α-7xiとは、これで縁がなくなった。ストロボは5200iを2台持っていた。いつだったか忘れたが、セールか何かの時に超格安で2台目を手にしている。

 これで準備は整った。
 ・カメラは8700i,2台、予備に7700iの3台。
 ・レンズは28mmF2、50mmF1.4、100mmF2、200mmF2.8(披露宴には不要か:笑)、35-105mmF3.5-4.5と今回の28-70mmF2.8の6本体制。
 ・フィルムは20本超
 ・本体電池(2CR5)は全て新品、予備に2本。
 ・ストロボ用電池:カドニカで6セット24本。
 ・おまけにビデオと三脚、プラスビデオ交換電池3本である。
 そうそう、ご列席頂く方のトラブル対策用としてアルカリも少々持っていた(笑)
 さあ出発と家を出ようとしたら、その重量に驚いた。


 余談だが、殆どの方がそうされていると思うが、ストロボ用電池は4本ずつ違うメーカーでの購入がベスト。交換した物と未使用の物とが混ざるとどうしようもない。やむなく同一銘柄となった場合は、マジックで色を付けて区別する。
 フィルムも一緒で、このように十数本も撮影するとき、撮影済みはパトローネに巻き込んでしまう。巻き込まない方が良いという人もたくさんいらっしゃるが未撮影と混ざってしまうと後の祭りである。勿論、撮影中、入れる服のポケットも変えている、保管のバッグの場所も変えているのだが・・・。

 今デジタルでCFカードの区別って、どうすればいいのだろう。SDカードならスイッチがあるので区別できるが・・・。CFカードにマジックで連番でも書き込んでおくのかなぁ??どうされています??

[α-8700iに28-70mmG]
8700iと28-70G

 さて本番、滞りなく進む。撮影も要所要所は押さえたつもりだ。フィルム交換も10数回経験すれば時期が読めている。
 いよいよ我が子の登場となった。すかさず末席から勢いよく(笑)、たくさんのカメラマンに負けず新郎新婦横、半歩前にかがみこむ。28-70mmにストロボ付きセット,28mmF2はノンストロボで狙った。
 スポットライトに照らされて末席からひな壇へ、体とたいして大きさの変わらない、大きな花束を抱くようにして持って、恥ずかしそうにうつむきかげんで歩んでくる。花束に遮られ顔に光が十分届かない。
 28-70mm、ストロボをスローシンクロさせその姿を連写する。近寄ってくれば28mmの出番。渡す瞬間もノンストロボで納めた。また、ファインダーが涙で曇った。

 AF28-70mmF2.8の描写は、いろんな雑誌で紹介されているとおり優れた物。85cmと最短距離が長いが子供撮影に不満はない。いただけないのはフードであるが、フレアーカッターのおかげで、逆光でも不具合が起きた記憶がない。しかし、後日カスタム販売で花形フードを購入した。10,500円也、さすがGレンズ、フードだけでもこの値段は言い過ぎか(笑)。

 これ以降この28-70mmF2.8が付きっぱなしとなって、28mm、50mmの単焦点は屋内での撮影ぐらいで出番が激減した。やっとAF+Zoomのスタイルとなった。また、2台も8700iは要らないので1台売却した(唯一の売却)。が、これがボディー沼の始まりだったかなぁ。
 で、続く(笑)



[現時点の保有機材]
[ボディー]:α-7700i、[α-8700i 2台]
[単焦点レンズ]
 28mmF2、50mmF1.4、100mmF2、
200mmF2.8G、AFx1.4(280mmF4)、 AFx2(400mmF5.6)
[ズームレンズ]
 35-105mmF3.5-4.5、[28-70mmF2.8G]
[ストロボ]:3200i,5200i 2台




追加です

[電池の種類と保管]
普段もこのように保管しています
区分に入っているのは充電済み、黒いトレイに載っているのは放電済み
電池保管
コメント
この記事へのコメント
うらやましい
こんにちは!
αレンズとカメラを買い増ししていく口実が、ものの見事に訪れますね!(笑)
あー、ウラヤマシイ(笑)

AF 28-70mmF2.8G 、貫禄ありますね。見た目からしてもうすでに良いです♪
これなら常用レンズの王様!
ところで今のα-7Dの常用レンズは何でしょうか?

>ファインダーが涙で曇った。←この調子なら、お嬢さんご自身の結婚式では、涙でファインダーが曇るどころか、
号泣嗚咽で、いくらASがあっても、手ぶれで何も撮れませんね(笑) 
2006/02/03(金) 18:08:36 | URL | YKND2004 #uJrgqyVA[ 編集]
「α増殖記」は毎回興味深く読ませて頂いてます♪←半分楽しんでますが…(笑!
この頃既に28-70Gお持ちだったんですね!「G」がMinoltaのレンズに付くようになったのはいつごろ何のレンズから付くようになったのでしょうか?
ストロボ用電池をメーカーで区別すると言うのは参考になりました♪充電池でも同じことが言えますね☆彡
このフード見る度に欲しくなります!!!
2006/02/03(金) 18:30:46 | URL | シャパラル #nGdA3O4A[ 編集]
28-70/2.8G。不思議とこの焦点距離のズームレンズは好きになれないんですよ。
望遠大好きだから、35-105/2.8Gとかいうのが欲しかったですね。
しかし、フードだけで10,500円(@_@) Gレンズはフードも高いんですね。
8700iでしたっけ、ミール搭載記念の白ボディのカメラ。
7xiは中古で買いましたけど、操作性は?でした。理解すれば多機能をうまく使えるのでしょうけど、私には使いにくいカメラでした。
レンズ沼とボディ沼、どちらもはまると大変そう(笑)
2006/02/03(金) 18:35:38 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
YKND2004さん、ありがとうございます
>YKND2004さん、ありがとうございます
 あははっ、運良く色々と行事があって(笑)。
でないと、こんなレンズ買えません(爆)
>α-7Dの常用レンズは何でしょうか?
 通常は、何が来るか判らないので、コレを付けています(換算:42-105mm)。
やはり望遠側になっていますので、撮り始めると途端に17-35Gになっちゃいます(笑)
鉄の可能性のあるときは、80-200Gですね。
SDには35mmF2がいつも付いていますね。

>お嬢さんご自身の結婚式では・・・
 いいえ、嫁には行かしません(キッパリ:爆)。
 きっと式の時は、気を紛らわすために、写真ばっかり撮ってるでしょうね(笑)
 あと10年ないかも(うーー、イヤだーー:笑)
2006/02/03(金) 21:39:15 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
シャパラル さん、ありがとうございます
>シャパラル さん、ありがとうございます
 あははっ、お楽しみ頂けて幸いです(笑)
 28-70Gは、こういう事で、発売当初にゲットしてました
>「G」がMinoltaのレンズに付くようになったのはいつごろ・・
 私もはっきりは覚えてないですが、多分siシリーズの時(次回)の'94年頃からだったかと思います。後日、過去の本を調べてみます。
 あっ、電池の件、↑の下に追加しました。普段は、このようにして区別しながら保管しています。NP-400は連番を書いています。

フードは本当に残念ですね。何らかの機会でご入手される事を、ご祈念申し上げます。
2006/02/03(金) 21:46:10 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
masa さん、ありがとうございます
>masa さん、ありがとうございます
 あっ、同じですね。私も35-105mmGにしてくれた方が余程使いやすいと思っていました。
7Dになって42-105mmになったのですが、42mmはチョット狭いですね。

>フードも高い・・・
 数出ないので、金型の償却代込みって、云われちゃいました(笑)

>ミール搭載記念の白ボディのカメラ
  その通りですーーー!。8700iです。
 その他記念モデルとしては、カメラグランプリを記念した「707si Japan」、9の時「9Ti」、7の時の「7Limited」,7Dの時の「セット品」がありましたね。
いずれも持っていません(笑)

7xiお使いにくかったですか。今となっては、一回使ってみたいです(笑)

2006/02/03(金) 21:56:12 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
28-70G、イイですね!
今一番欲しいレンズかも・・・

今はタムロン28-75で代用しているのですが、ボクの個体は若干前ピン傾向なので絞らないと怖くて使えないのです(泣)
描写はかなりいいと思うのですが・・・
2006/02/04(土) 06:12:08 | URL | まーきー #-[ 編集]
とても、楽しく興味深く読ませていただきました。
それにしても、ものすごい重装備ですねーそれを持っていった
SR-T101さんはとてもすごいです。カメラマンの鑑です(言いすぎ?)
ここで28-70Gの登場ですねー。
Xiシリーズは確かに余計なお世話ですね、あれは大きな失敗だった
と思います。まあ、その失敗のおかげで507Si、9,7があるのでしょうが

私も28-70/F2.8持ってますよーってトキナーAT-Xですが。
αー9000につけて撮ってました。
ボディだけでレンズにお金が回りませんでした(笑)
便利な画角ですよねーデジタルではイマイチですが
2006/02/04(土) 08:22:08 | URL | Hashi #LiXBQyaY[ 編集]
ありがとうございます
>まーきー さん、ありがとうございます
>タムロン28-75
 いいようですね。小さくて軽くて。
 こっちは重いです。でも、85Gにはかないませんよ(笑)

>Hashi さん、ありがとうございます
 あはっ、お褒め賜りありがとうございます(笑)
 実は、持ちきれなかったので簡易の台車で出動しました。ホント重かったです。
さらに、会場で足下、機材だらけでした(笑)
 xiやはり使いにくかったですか??
 α-9000お使いだったのですね。このシリーズだけ無いのです(笑)

 みなさん、ありがとうございました。またお立ち寄り下さい。m(_ _)m
2006/02/04(土) 18:21:41 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
こんばんは!
28-70㎜F2.8G…寄れなくてフードがちゃちなのが難点ですが…描写に関しては文句の付けようがないイイレンズですね。
ペンタの☆28-70㎜F2.8とは描写の傾向が異なるので…28-70㎜F2.8コンビで出掛けて撮り比べするのも面白かったりします♪
2006/02/04(土) 18:23:36 | URL | ⇒ #-[ 編集]
⇒さん、ありがとうございます
>⇒さん、ありがとうございます
 ☆28-70㎜F2.8とは違うのですか??
 へぇー、面白そう。是非撮り比べを拝見したいです(笑)
2006/02/04(土) 21:23:21 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.