FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2020 SR-T101 all rights reserved.
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
残念だった「部分日食」
 2012/5/21の金環食(クリック)の時は、天気もそこそこで撮れたのですが
 今回の部分日食、予報は晴れでしたが、実際は、薄曇り。
 残念ながらこんな画しか撮れませんでした

1:99II 100-300APO F4.5-5.6
部分日食-20200621-01
*


2:特殊フィルター、準備して(笑)
部分日食-20200621-03
 前回の金環食を撮った時は、フロッピーディスクを、フィルターにして、撮りました
 赤矢印から、太陽を見ます
 + 今回は、セロファン(緑・赤)を合わすでも、OKなのでは・・・
 と、準備したが

3:三脚にセット
部分日食-20200621-02
 結局、薄曇りなので、 ND-4を1枚、PLも2枚(軸ずらし)重ねで、十分でした

 このセットで、今日の一枚目


4:フロッピーディスク・フィルターで
部分日食-20200621-04
 全体赤みかかってしまいますが、フィルター効果は十分
 他には、昔のレコードもフィルター代わりになりますが、(音の)溝=凹凸で,幾分見にくくなります(実験済み:笑)

 セロファンフィルターは、肉眼で見るのに使いました。
 薄曇りなら十分でした。晴れていたら、役立たずだったと思う

 ここで、ひょっとして、RX100のSS=1/32000だったらと思いつき

5:RX100M7 換算200mm、1/32000、f11、ISO-64
部分日食-20200621-05
 暗めにとって、PSで補正したが = 撮れている


6:RX100M7 換算400mm(全画素ズーム)、1/32000、f8、ISO-160
部分日食-20200621-06
 明るめに撮ると、影が潰れる・・・、
 と、云うか、絶え間なく雲が流れていたので、運の方が大きいかも

と、ちょっと不満の残る撮影でした

*** オマケ ***

雲がかかってしまって、晴れ待ちの間に

7:RX100で「水彩画調」
部分日食-20200621-08

8:普通撮り
部分日食-20200621-07

 「水彩画調」の方が、花びらのアラが消えてキレイ(笑)
コメント
この記事へのコメント
日食、東京では曇りだったので
残念ながら全く見ることが出来ませんでした。
次回は2030年とか。まだなんとか見ることが出来る…かな(笑)

で、RX100でもけっこう撮れますね。
1/32000、フィルター代わりになりますね~(笑)

それから水彩画調のバラ、キレイです♪
仰るように、「あら」がカバーされて、
普通撮りよりもキレイになる場合が多々ありますね^^
2020/06/24(水) 01:32:07 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
そちらは、曇り空で、ダメだったのですね。
次、2030年と云われていますね。
=>私は、生きているかな?、です(笑)

1/32000は、スゴイです。あたり真っ暗(爆)
太陽を捉えた時に、やっと見える、でした

水彩画調、試してみました
細かいアラが消されて、これ良いかも、と
思った次第です
YKNDさんのように、使いこなせるようになるには
ハードル高そうですが・・・(汗)

ありがとうございました
2020/06/24(水) 07:51:19 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.