FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2020 SR-T101 all rights reserved.
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
菜の花+菊2020年スタート
 今年の冬は、暖かい(かった?)ですね


1:庭に咲いた「菜の花」
菜の花-2020-1


(撮影:RX100M7)
*


2:ピント位置変えて
菜の花-2020-2
 庭に菜の花って、イイでしょう(笑)

3:で、菜の花の正体はこれ
菜の花-2020-3
 =>白菜でした(笑)
 12月に結球しかかっていたのですが、暖かさゆえ、結球不足に・・・
 2月に入って、とうとう、「とう立ち」しました=>食せません(涙)


 同じく暖冬で、菊=「冬至芽(とうじが)」の発育も早く
 例年なら、3月中~下旬に「挿し芽」をするのですが
 この土曜日(3/7)暇になった(涙)ので、急遽「挿し芽」をしました

4:6種類、各3本、計24本
菊-202003-1
 余談:これだけ買ったら、○○千円(笑)
 毎年続けていると、挿し芽用土を準備するだけ=300円。ポッドは例年の使い回し(爆)


5:昨年、成長悪かった「・管物」=今年も成長悪しで、念のため、4本
菊-202003-2
 「・管物」は2本ですが、既に十分に育ってしまった苗を、挿し芽では無く、土毎「植え替え」で、3本にしました
 なので、今年の大菊総数25本
 =>この後は"旨く育てば"だが、
    挿し芽に適した(気象)条件=「無風・曇天・夕方・前後に灌水」
    無風・曇天・夕方はクリアー。最後に、水をたっぷりですが、挿し芽直後は苗が不安定で、なかなか上手くいかない。
    で、作業後に雨が降る、この日を選びました。オマケに昨夜からも雨で、順調に育つでしょう

 このまま、4月初まで、育てて、根付いた(種類の)親株の鉢を、早々に撤去して
 =>去年は、コレが遅かった・・・
 残った土を「ふるい」に掛けて再生し、植替準備して、GW中に植え替え出来れば完璧(爆)

 と、云いつつ、まだあったり
 =>去年、更新しなかった、小菊2種類、寒菊1種類の挿し芽(各3鉢かな)。
 総計34鉢(笑えない)

 かたや、<菜園>の方は
 「イチゴ・タマネギ」の仕上げの育成から収穫へ。夏野菜(キュウリ・トウガラシ)の土作り等々、農民復活
 "しんどい"なんて言ってられない生活になります(笑)
コメント
この記事へのコメント
白菜の花と、菜の花ってソックリですね。
文字にしても白菜から「白」を取れば菜の花ですし(笑)
それはさておき、花が咲いても新潟では「とう立ち菜」として食べているそうです。
SR-T101さんも、ぜひ♪

それから、菊のお世話が始まりましたですね^^
説明を読ませてもらっただけで「大変そう!」と思ってしまいます。
(自分には到底ムリ)
総計34鉢…ですか、すごいなぁ。
この秋が楽しみですね^^
2020/03/10(火) 16:02:39 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
白菜の花って、そんまんま菜の花ですね~。

今年の菊も始まりましたね~。
去年国華園で菊の展覧会を見たので、去年以上に興味を持って見せていただきます。
でも、世話のことを考えたらホント、大変ですね。
2020/03/10(火) 21:16:12 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
>「とう立ち菜」
イイ情報、ありがとうございます
菜の花=食すと旨い
コレも菜の花=きっと旨い(笑)
早速やってみようかと・・・
コレ食べれるの、ある意味、栽培人の特権ですね。

で、菊=一気に全種類挿し芽して、スタートしました
(ヤケクソパワー全開です:笑)

昨年のように、中途半端にならなければ良いのですが(汗)

ありがとうございました

2020/03/11(水) 11:28:17 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
masaさん、ありがとうございます
やはり、白菜=アブラナ科ですね。
同じ花が咲きました

菊、今年は手抜きせずに頑張ろうかと思う反面
出来るかな?もあったりして・・・(笑)

今年は、細かくご報告致しますね
頑張らねば(笑)

ありがとうございました
2020/03/11(水) 11:31:33 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.