FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2020 SR-T101 all rights reserved.
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
夜、鉄撮りにて
珍しく、夜の鉄撮り
ホームに誰もいなかったので、カメラを撮りだし(笑)

1:ここから、撮り始めて。(RX100M7、SS=1/500、ISO-6400)
AFリカバリー-01AFリカバリー-01-UP
 左:全景、右:"ヘッドマーク"の拡大。(カウンター番号:01340<=意味あるのです

 続くには、狙った訳ではないですが、こんな事に・・・


*************************************************************

 今日も、多忙につき、コメント欄お休みさせて頂きます。m(_)m
*

 列車速度は、80~90km/h。(と思う)

2:↑から10枚連写して。(カウンター:01350)
AFリカバリー-02AFリカバリー-02-UP

3:11枚目。(カウンター:01351)
AFリカバリー-03AFリカバリー-03UP

 「こりゃ、(シャッター切るの)、早すぎた」で、一旦、シャッターボタンから手を離し

4: ここから再スタート ・・・だが・・・。(カウンター:01352)
AFリカバリー-04AFリカバリー-04-UP
 シャッターを離したので、AF(追従)はお休みしていたようで


5:次コマ。(カウンター:01353)
AFリカバリー-05AFリカバリー-05-UP
 う~、ボケている

 (あとも含め)、全滅かと思ったら・・・


6:3コマ目で、ほぼ合っている。(カウンター:01354)
AFリカバリー-06AFリカバリー-06-UP

 以前の連写速度実験(1コマ=0.05秒)からすると、0.15秒で(動体に)合焦とは、恐れ入った

7:ピント、追いつきました。(カウンター:01355)
AFリカバリー-07AFリカバリー-07-UP

 列車の速度、90km/hとして、秒速25m。その0.2秒=5m(コサイン誤差無視)で、
動体接近含めて合焦
とは、秒60回の測距のおかげか・・・(0.2秒なので12回測距)
 まっ、(レンズの)ピント位置が近かったからかもだが(笑)


8:そのまま、5枚連写:(カウンター:01360)
AFリカバリー-08AFリカバリー-08-UP

 こんな事でした

 う~、α9が欲しくなる(笑)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.