FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
コスモアイル羽咋-4=その他
コスモアイル羽咋、その4

1:コスモアイル羽咋、全景(玄関側)
コスモアイル羽咋全景

展示物は、まだまだあるのです

*

ここまでの見学で、舞い上がりすぎて、かなりの疲れ
展示物の説明も、頭に入らず、どう撮ればイイかも、ぜんぜん頭が回転しなくなりました(笑)

そんな中、


2:ボイジャー HPリンク (シャドー部持ち上げていますので、画像悪いです)
ボイジャー
 赤矢印=世界各国語でのメッセージを収めたレコード
 日本語は、「こんにちは。お元気ですか?」と納められています
 実際に、その音声を聞くことが出来る展示もありました(未撮影:涙)

3:説明
ボイジャー説明
 今、どのあたりを飛んでいるのでしょうね。


4:モルニア1号通信衛星 HPリンク 全く知らなかった
モルニア
予備機【バックアップ機】であり、実物だそうです。


5:バイキング火星着陸船 HPリンク 
バイキング火星着陸船
 バイキングは、名前だけ知っていた。 詳しくはWIKI(クリック)をご覧下さい(笑)
 最近まで運用されていた、"マーズ・エクスプロレーション・ローバー(オポチュニティ号)(WIKIリンク)"は、
形も知っていたが、バイキングと全然違う


6:ルナ24号月面着陸船 HPリンク 画像傾いているし・・・
ルナ
予備機【バックアップ機】であり、実物だそうです


7:ルナ計画説明
ルナ説明
 ルナ3号の"月の裏側撮影"だけ知っていたが、その他については、
 ルナ計画、あったよな~、程度でした(汗)

 最後に、今回掲載で、記憶に残っているのは、「ボイジャーだけ」
 他は、全然、記憶に残っていない・・・。オーバーフローしていました(涙)

コメント
この記事へのコメント
アポロだけではなく、ボイジャーも展示してあるんですか。
スゴイですね。
さすがにボイジャーは知っていますが、
それ以外は殆ど覚えていません。

また、NASAモノだけでなく旧ソ連のルナ・シリーズもあるなんて、
この羽咋市のコスモアイルって、
一体どういう立ち位置にあるんでしょう?
ますますそれが知りたくなりました^^
2019/09/02(月) 14:53:28 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
はい、ボイジャーやバイキング=探査衛星の展示もありました
この中で記憶にあるのは、仰る通りで、私もボイジャーだけでした(笑)

で、旧ソ連の宇宙船は、予備機=【バックアップ機】とありましたので、本物らしいです
これには、ビックリでした
ほんと、NASAとロシアと、どういう関係なのでしょうね
最後まで、判らずじまいでした

ありがとうございました
2019/09/03(火) 09:16:15 | URL | SR-T101 #fws9FMv2[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.