FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201907
東京紀行-2019GW-11
まだ、続きますm(_)m、東京紀行-2019GW、11回目

昼食の時間となり、連れて頂いたのは

1:神田「やぶそば」
やぶそば-1
 再建されたようです

 今回は、誰かさんの縄張り荒らしかも(笑)
*


2:もちろん、「もりそば」です。("天たね"も付けています)=全部、美味しゅうございました(笑)
やぶそば-2
 薬味のネギが、真っ白="白ネギ"=>関東ですね(笑)

<ウンチク、開始>
 今まで、関東風(東風)のソバ、何回も頂きましたが、「つゆ」の味がどうも(私の口に)合わない
 妙に「カツオ」くさい味もあったりで・・・
 やはり、「京風でないと、私にはダメなのかな」と思っていましたが

 ここ、「やぶそば」の「つゆ」の味、話には聞いていましたが、イイお味!
 京風と全然違う、のに、なんの嫌みもなく、確かに辛めではありますが、これがまたイイ

 と、同時に、この味故、「麺を半分くらい"つゆ"に漬けて頂」という、関東風の食べ方に納得しました
 (京都は、麺を全部"つゆ"に漬けて頂きます=>私だけ?:笑)


3:江戸の名物?
やぶそば-3
 前回の「桜もち」と、今回の「やぶそば」、載っています
 あと、「言問だんご」も、案内したかったとか(姉夫婦談)

 美味しく頂いた後は、神田の裏筋をブラ~リ

5:「アンコウ」料理の店だそうです
神田裏道
 良く、こんな建物残っているなぁと、びっくり

 さらに行くと

5:なにやら(笑)
万世橋-2
 鉄ちゃんなら、(神田で)これが出てくれば判る(笑)

6:万世橋にあった、「交通博物館」(跡)
万世橋-8

7:プラットホーム跡も見られると云う事で
万世橋-6


8:上りました
万世橋-3
 京浜東北線かな

9:って、秋葉原ですね(笑)
万世橋-1

10:昔ながらの階段も残っていたり
万世橋-7


11:なんて、キョロキョロしていると、中央線の襲来(笑)
万世橋-4
 12コマ/秒にしていましたが、不意を突かれては・・・

12:でも、がんばりました(笑)
万世橋-5

 で、万世橋をあとにして、東京駅へ
 新幹線の時間まで、まだ、少しあったので
 「登っておいで」と

13:「KITTE」から
KITTE-1
 小康状態だった雨も、ここに来て強くなり、さらに強風も加わり、傘も差せない状態でも、めげません(笑)

14:構内もパチり
KITTE-2
 E5とN700Aが並んでいる

15:「こまち(E6)」も繋いでいる様子
KITTE-3
 判りませんよね(笑)。画面中央の「赤色」が「こまち」です(笑)
 孫用に、動画も撮って、っと

 これにて、東京紀行-2019GW、東京部分は終わりです
 あと、帰路兼番外編があります(笑)

コメント
この記事へのコメント
浅草の次は神田~秋葉原~東京駅でしたか。
非常に順当なコースになっていますね(笑)

神田の「やぶそば」はこちらでも有名で、行ったことがあります。
秋葉原・万世橋の「交通博物館」は、
跡ではなく、実際に営業中に何回か行きました^^
ただ、旧万世橋駅は、前を通るだけでまだ上がったことがありません。

そして「KITTE」も、東京駅丸の内広場を撮るには非常にいい場所なので、
何度か行っています。
とまっている新幹線も、けっこう撮れるんですよね^^

東京紀行、どうもお疲れさまでした。
帰路兼番外編も、楽しみにしています♪
2019/05/17(金) 14:45:49 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
はい、浅草からは、このように案内頂きました
順当なのですね(笑)

で、やはり、ご存じの場所ばかりでしたか
(アタリマエか:笑)
「交通博物館」=>営業中に、ご覧になっているのですね。
 いいなぁ~

KITTEも登られているのですね。
東京駅見るのに、良い場所ですね。
(入場券いらないし:笑)

YKNDさんが、普通にご覧になっているところ、ちょっとお邪魔しました(笑)

東京紀行、あと1回残っています
よろしくお願いします。

ありがとうございました。
2019/05/18(土) 09:37:12 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.