FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
「微ブレ」対策("M"-MODE & ISO-AUTO)
 高画素になり、「微ブレ・ピント位置ズレ」が目立つようになりました(汗)
 (今回は、ちょっと、意図的(恣意的?)に書いています=ツッコミどころ満載:笑)

*******************************************************************

 「ブレ」を防ぐための有効手段は、第一に「シャッター速度を速める」ですが
 シャッター速度を速めると、(絞りが)「絞れない」になりますよね(アタリマエ:笑)

 で、何とか対策はないかと、ちょっと実験をしました

1:ISO設定画面
M-DODE-01
 ヒントです(笑)

 あっ、単純に、ISO感度を上げて、、「シャッター速度を速める」では、ないですよ(笑)
*


 今日は、長い文章になりそうなので、先に

<結 論>

 1:(自分が許容出来る)、ISO感度の上限を設定
 2:M-MODEで、シャッター速度、絞り値を、任意に=シャッター速度、速く出来ます
 3:露出は、ISO-AUTO=(ISO)設定範囲内なら、カメラが合わせてくれます
   適正露出と大幅に外れているときは、EVFで解ります
 4:露出補正代わりのM-MODEは出来ません。(要:ISO固定)
 5:露出補正は、露出補正ダイアルで出来ます

 既に、ご存じの方は、ココでオシマイ。スルー下さい(汗)

*****************************************************************

 さて、長文開始=(意図的に書いていますよ、あしからず:笑)

 銀塩時代、フィルムを入れる際、ISO感度を、気にしていても、
 1:高感度入れているので、絞ろう(SS速め)、とか
 2:低感度なので、開放じゃ(SS遅め)、とか
   およそ、本来の絞り値(SS)設定とは無関係
 3:多少救われるのが、被写体高速なので、SS上げて、(やむなく)絞りは開放=で、ピン浅(笑)
 なんて事、でした(でしょ:笑)

 それが、デジタルになり、ISO感度、1枚度に設定出来るようになったにも関わらず、
 その使い方と云ったら
 1:ISO-AUTOにして置くだけで、"主体的な設定"は行わず、
   (カメラ君)"適当に合わせといて"、程度
 2:設定する時って、本当に暗い所、「コリャ、感度上げないと、撮れないわ」で感度上げて、
   のちのち、「何じゃ、このノイズだらけ」に、陥ったり(笑)
 3:はたまた、夜景撮りに行って、「三脚あるのでISOは"100"=低ノイズで撮るのだ」とか・・・(笑)

   と、常に「ISO感度は先に決まっているモノ」、ですよね。

 って、ず~~~と、銀塩時代の撮り方を引きずっているんですねぇ~(笑)
 (チコちゃんに「・・・、いつまでも引きずっているんじゃねえよ!」って叱られます:爆)

 私も先だってまで、こんな使い方でした。(デジ一20年弱使っているのに:笑)

 今回は、高感度が使えるようになってきた昨今、このISO-AUTOを積極的に使用しようかと

 あ~、長かった(笑)

 <実験開始>

 まずは現状の説明(確認)

2:プログラム・モード
M-DODE-02

3:1/60、F2.8、ISO400。(ISOはAUTO設定ですが、表示される一瞬を撮っています)
M-DODE-03
 Pモードなので、だいたいSS=(装着レンズの)焦点分の1以上、
 絞りは=暗いので開放、それに適したISO設定
 
4:実写-これを基準画像とします
M-DODE-08
(ハイライト重点測光のままだったので、暗く写っています:汗)

5:ここで、絞り優先で、F4にすると、シャッター速度が、1/30となる
M-DODE-06
 ISO400が、ISO320になったのは、測光誤差と云うか、何らかの外乱が入ったと推定

6:その実写
M-DODE-09
 4の基準画像とほぼ同じ。
 一段絞り込んだので、周辺光量不足が解消されたのか、多少明るく写っている?
 同様に、被写界深度も深くなっています

<で、ここから本番>

7:M-MODEにして
M-DODE-04

8:SS=1/125、F8に設定
M-DODE-05
 ISOは5000になります
 (SS 1/60->1/125=1段、F2.8->F8=3段で計4段=ISO320->5000= 4段、で合う)

9:その実写
M-DODE-10
 4の基準画像と同じ。
 絞り込んだので、被写界深度が深くなったり、ISO5000なので、ノイズ乗っているかも、は、ある


10:度を越して、SS=1/500、F8に設定(+2段)すると、設定ISOの上限6400(+1/3段)でも暗くなる
M-DODE-07
 EVFなので、判ります

11:その実写
M-DODE-11
 確実に、アンダーです。(-1.7段)


 <まとめ>

 1:ISO-AUTOで、(自分が許容出来る)感度の上限を設定
 2:ぶれない程度or目的のシャッター速度を設定して
 3:写したい被写界深度orレンズ性能に合わせて、絞って
 4:露出は、「カメラさん、ISOで、合わせてよね」です。
 5:これで、やっと、シャッター速度も絞り値も、自由に設定出来るようになったと思います

<フィールド・テスト>
 前々回の「宇治田原-2019(望遠編:70-400使用)」は、全て、この撮り方
 ISO「上限800」。シャッター速度「基本1/500」。絞りは適時設定=「開放~F8」。
 あとは、ISO-AUTOよろしく
でした

<結果>
 1/500でも、まだ、微ブレしたモノもありますが、率はかなり減りました
 ISO-AUTOは、100~400の範囲でした

 1/1000でも良かったかもって?、フォーカルプレーンの速度、1/250なんだよなぁ、が今日のオチ(笑)
 あっ、電子先幕使っているから、もう少し早いのかな???

PS: ピント位置ズレは、まだ残りました、って、今回の件には関係ないか(笑)
    これは、ピント拡大で確認するしか手はないかなぁ・・・
    ロックオンAF:拡張フレキシブルスポットにはしているのだが・・・
コメント
この記事へのコメント
普段、ISOについては余り考えないで、
絞りやシャッタースピードのことばかり気にしています。
つまり…7RⅢでISOの上限・下限を設定できることを知りませんでした(笑)
今回も、まずここから勉強になりました^^
また本文の内容も、なるほど!…と、勉強になりました。

で、ついでに機能にある「ISOの低速限界」というのもネットで調べてみました。
SR-T101さんの仰っていることと、やや方法論が違うみたいですが、
大雑把に言うと、この機能も、ISO感度を上げずにシャッター速度を下げて画質を保つ…
そういう機能のようで、今のところ、SONY機がもっとも進んでいる機能だそうです。

今更ですが、手振れをしない安全なシャッタースピードというのは、
着けるレンズの焦点距離の逆数だということも、ついでに知りました(笑)
例えば50mmのレンズなら1/50、200mmなら1/200。

けっこうカメラも換え、写真もたくさん撮っているのに、
ほんと無知で恥ずかしいです^^

2019/04/19(金) 15:32:52 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
レス、遅くなりましたm(_)m

あははっ、ISO上下限設定ご存じなかったですか?
6000,7IIでも出来ますよ(笑)
私的に、6000でこの機能に出会い、「これ、いいな」と思った記憶があります

>「ISOの低速限界」
 7RIIIには、こんなのもあるのですね。99IIには、無いです
 (この辺りが99II=7R2と7R3の間ですね:笑)
 この機能、ご教授頂いて、調べました
 今回の私の使い方と、真逆?ですね
 私は、ISO上げても、SS上げて・絞れて、を云いたかったのですが
この機能は、「出来るだけ低感度で撮りたいでしょう」みたいですね。
(まっ、その逆も出来そうですが・・・)

 今回の話は、7II.99II共ISO-800位なら、日中使っても問題ないと思うので、お薦めしたわけでした(笑)

 で、焦点分の1ですね。
 これ有効なのは、1/250=300mmまでだと思います
 幕速=(ストロボ同調速度)が、1/250より早くならないので、400mm.500mm付けて、1/500が安全とは云えないと思います

 長くなりますが、
 では、手振れ補正の何段有効と云うのも、基準となるレンズが何なの?、で調べると
99II=135mmで4.5段=1/125を元とすると1/6が有効ですね=怖いな。
1/8だと、何とかなりそうですが・・・
 6500は55mm5段=1/60=>1/2になりますが、50mmで1/2、何とかなるんなぁ(笑)

 長くなりましたが、ありがとうございました。

遅レス、改めてお詫び申し上げます。
2019/04/21(日) 17:58:25 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.