FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
ハイライト重点測光-3=背割堤-2019-1
なんか、掲載順、メチャクチャになってきました(汗)
桜、ほぼ終わりですが、今年最後の機会として

*******************************************************

 前回の「宇治田原の桜=晴れ」でしたが、 ハイライト重点測光の効果、
 「"曇り空"だったらどうなるのだろう」と考えていたり・・・。

 で、翌日の天気は、実験にうってつけの、「曇り時々雨」。(笑)


1:背割堤へ出向きました
背割堤-2019-1-01

 雨模様なので、レンズ交換は出来ないだろうと
 7II+16-35Z、99II+24-70Zに、77II+70-400Gを追加して
 渡米の際に買ったバッグに詰め込んで
 =(レンズ付けたまま3台収納可能ですが、超重かった:笑)
*

↑1を撮ったのは、ここから

2:「さくらであい館」のタワー(撮影:2018/2)
背割堤-2019-1-09
 2017年完成。地上30mとの事
 ココには、ライブカメラが設置されています(クリック)
 この画像を自宅で見て、急遽行こうにしました(笑)

3:(2018/2)当時の画像
背割堤-2019-1-10
 この時も今回も、無料でしたが、桜オンシーズン(今年は4/7まで)、有料だとか・・・


で、ハイライト重点測光実験

以下、【左:ハイライト重点測光】、【右:多分割測光】

(全て1000pix(掲載は300pix・300pix)。画像クリックで、少し大きくご覧頂けます)

4:原画 
背割堤-2019-1-02背割堤-2019-1-03
 左:ハイライト重点測光は、暗く写る

5:PS:自動コントラスト補正後
背割堤-2019-1-04背割堤-2019-1-05


6:PS:自動スマート補正後
背割堤-2019-1-06背割堤-2019-1-07

7:↑6の左:ハイライト重点測光=>切り出し=>自動レベル補正
背割堤-2019-1-08
 等倍で見ると、どちらも写っているのですが、 やはり、桜、青空が無いと、画になりませんね

 が、結論かな・・・。う~ん、つまらん(笑)
コメント
この記事へのコメント
やはりアンダー目で撮っていたほうが、
暗部のデータが残っているので有利ですね。
しかも、最終的には、フォトショップ等でコントラストの明暗を調整できるので、
仕上げた写真になると、見分けは付きませんね(笑)
2019/04/24(水) 18:33:03 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YNNDさん、ありがとうございます
そうですね。仰る通り、アンダー目が良いようです
6まで補正すると、似たような物になりますね。
微妙、ハイライト重点測光の方が、黒が締まっているというか、コントラストがあるような、感じはしますが・・・

今頃気付いたのですが、ハイライト重点測光って
今回のように、(被写体)白と(背景)白でやっても意味ないのでは、と・・・
濃い色に引っ張られて、白飛びを防ぐモノと、思ったり、です・・・(汗)
変な勘違いをしていたようです

ありがとうございました
2019/04/25(木) 07:38:21 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.