FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
SONY 50macro-1
 今、何故か、"Aマウント(レンズ)"がお安い

 その中でも、これ↓、ホント格安、ほぼ半値でした

1:AF 50mm macro F2.8 (SONY名:SAL50M28:笑)
N50macro-01

 今更、Aマウントなんですよ~(笑)
*

 元々、Minoltaの"初期型( I 型)"を持っているので、ちょっと比較

 確か、"New"や"(D)"になった時の変更部分を除き、
 レンズ構成等には変化が無かったはず。(=1985年α7000時から、同じ?)

2:背丈も
N50macro-03

3:伸びても
N50macro-07
 変わりませんね。

4:胴回りは?(笑)。まずは初期型
N50macro-17-I
68.7mm位かな


5:SONY製。左:細い所=71.2mm、右:太い所=73.75mm
N50macro-18-NN50macro-18-N2
 40年の歳月で、5mm程、メタボになったようで(爆)

6:では、体重は?。
  以外や、胴回り太ったのに、軽くなっている(笑)
N50macro-14-IN50macro-13-N
 23gの差ですが、初期型=手に持つと、"ズシッ"と来ます
 (レンズが鉛フリーになった?・・・。それとも、プラスチックの厚みの差?:笑)
 (SONY製、Minolta製(D)タイプとも、公称値は295g。フィルター分(8.8g)重くなっているのでしょう)


 冗談は、この位にして、ゲットした最大の理由は

7:99IIの"ハイブリッドAF"対応しているから。左:初期型、右:SONY製
N50macro-16-IN50macro-15-N
 ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット(クリック)」を常用していると、ワイド・フォーカス・エリアが欲しくなります
 (特に、マクロ時は必須=>ちょっと言い過ぎ:笑) 
 
 
コメント
この記事へのコメント
新しいレンズ購入、おめでとうございます♪&うらやましいです(笑)
しかも半額! メチャいいなぁ~。

今のところ、Eマウントのレンズを探すのみなのですが、
Eマウントのレンズって、特にフルサイズは値段が下がっていないんですよねぇ。
無理なのは重々承知ですが、
ミラーレスをAマウント仕様にしてくれていれば、
どんなにヨカッタ…かと(笑)
2019/03/14(木) 18:06:15 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
あはっ、ありがとうございます
半額イイでしょう(笑)
何故か今"Aマウント(レンズ)"安いんです
MINOLTA時代より安かったりしました
でも、Eの方は、高いままですね(涙)

>ミラーレスをAマウント仕様にしてくれていれば、
 ですね、同感です。
当初は「LA-EA4でAマウントが使えるからイイか」
でしたが、機能制限が多すぎ・・・
(モーター内蔵レンズで)、LA-EA3でも使えるようになりましたが
7IIでは、まだ力不足、でした

7R3だったら、良くなっているのかなぁ
と、思ったりで、これはウラヤマシイ(笑)

LA-EA4を更新して、99IIなみのAF性能にしてくれないかなぁ・・・
それまでは、Aマウントに縛られておきます(爆)

ありがとうございました
2019/03/15(金) 08:28:15 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.