FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
タムロン 571D VS A14(Di2)
 プチ実験室、今日はタムロンで

1999年頃ゲットの、「AF 28-200mm F/3.8-5.6 LD Aspherical
            = [571D]-銀塩時代です
2008年頃ゲットの、「AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical
            = [A14]-デジタル対応と云っていた頃
を、77IIと99IIで撮り比べ

共通データー:200mm域のみ、ISO-3200、絞り:開放、ピント:AF後にMFで補正
例によって、横方向の画素圧縮はしていません。
画像クリックして等倍でご覧下さい


まずは、 [571D]

1:77II、[571D]-AF殆ど役に立ちませんでした
77-ASP
 注:ピンボケのように見えますが、MF時、ファインダーでは、一応合っています
   と、云っても、ピントリングの調節範囲が非常に狭く、ちょっと指がかすっただけで、ボケるので、なんとも・・・
*


2:99II、[571D]-99IIを持ってしても、AF迷いまくり
99-ASP
  上述の通り、ピントリングの調節範囲が非常に狭く、AFカプラーの遊びの範囲でピントがずれる

 これ、不思議な結果。高画素の方が、「よりアラがでる」、と、思ったのに、99IIの方が解像している。
裏面照射+ローパスレスの効果でしょうか・・・、
画像エンジン=どちらも"Bionz X"だけど、77II発売の2012年よりは、更新されている、よね、と、思ったり
 
 とにかく、99IIゲット以来、「昔のレンズが復活する」と思っていた事、証明された感じ・・・(ちょっと大げさ:笑)


次に [A14]

3:77II、 [A14]-AFはそれなりに(迷いますが)
77-Di2

4:99II、 [A14]-AFは77IIよりは、まし、程度(迷います)
99-Di2
APSレンズなので、15M(横:5168pix)になっている筈ですが、Exif見ると、42M(横:7952pix)になっている・・・
等倍画像見る限り、77IIより網目が小さく写っているので、APS-Cになっていると思いますが、被写体微妙小さいし・・・
=>要確認

2008年というと、もうデジタル一眼が普通になってきた頃
「デジタル対応」と云うだけの事はありそうです


<参考>

5:99II、24-105mm(D)-F8
99-24-105mm-105-F8
 F8に絞るのは、反則技(笑)。 でも、この玉は1999年発売=銀塩=571Dと同じ頃
 まっ、571Dと、購入価格ベースで、かなり差があったような記憶が・・・(笑)


****************************************

週末に付き、適当にスルー下さい

コメント
この記事へのコメント
>高画素の方が、「よりアラがでる」、と、思ったのに、99IIの方が解像している。
裏面照射+ローパスレスの効果でしょうか・・・
   ↑ 
ん~、そういうことなんですかね^^
それから
>とにかく、99IIゲット以来、「昔のレンズが復活する」と思っていた事、証明された感じ・・・(ちょっと大げさ:笑)
   ↑ 
レンズによっては、たしかにそうかも知れませんね。
7RⅢにしてよかった(笑)

*週末につき、駄コメですみません^^

P.S.
7RⅢ+85Gでためしました。
ピントも解像も問題ありませんでした♪
2019/03/02(土) 04:10:00 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
コメントありがとうございます

7RIII快調のようで、良かったです
85Gで問題ないようで、良かったです
これは、レンズが画素数になんて、怖い時代になりましたね

70macro、期待しております(笑)

ありがとうございました
2019/03/04(月) 07:23:14 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.