FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
まだ、やってます(笑)
 以前、α-77IIで、「ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット」の実験中、
トンビを撮りましたが(クリック)、この時は、連写セットが間に合わず・・・

 今回は、α-99II+70-400G2で、連写出来る機会に出会いました

1:シャッター優先(1/1000)、F5、ISO-3200、HI+(12コマ/秒)
  トリミングしていますが、画像クリックで大きくなります(2,500PIX)
伊根-鳥-08
 瞳フォーカス・オン、な、訳ない(爆)
*


 鳥は「自由に飛び回るわ」、こっちは「船に乗っているわ」と、共に動きながら、
且つ、こちらは(船の)揺れも加わっての状況ですが

2:背景で、動いているのがおわかり頂けるかと・・・(画像クリックで大きくなります:1枚400PIX)
  最後の3枚は、急旋回、方向を変えています
伊根-鳥-07
 左上で、ロックオンして、後は連写(1秒足らずです)
 で、右下の画像をトリミングして、1枚目

3:これは、ノン・トリミング(200mm)
伊根-鳥-02
 ただ、逆光なのと、絞り優先だった為、SS遅し(SS:1/400)


4:船を追っかけてくるので、相対速度は、そう速くない(330mm)
伊根-鳥-03

5:トリミング(画像クリックで大きくなります=2300PIX)
伊根-鳥-04-L


6:「カモメ」も(250mm)
伊根-鳥-05

7:バッチリ(画像クリックで大きくなります=1500PIX)
伊根-鳥-06-L

 ですが、飛んでいる鳥を、400mmで追っかけるには、まだまだ修行不足と云うか、腕力不足(笑)


8:お疲れ様でした(笑)
伊根-鳥-01

 α-99IIのハイブリッドAF、α-77IIより、遙かに進歩しているようで・・・
コメント
この記事へのコメント
おおっ、ピント、しっかり来てますね!!
前回よりも絶対にレベルアップですね。
カメラ・カタログの世界に、また一歩近づいていると思います^^

ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット+α99Ⅱの威力、
これはスゴイですね。
全てが機材のおかげとは思いませんが、
でも新しいα、いいなぁ(笑)

>飛んでいる鳥を、400mmで追っかけるには、まだまだ修行不足と云うか、腕力不足(笑)
    ↑ 
確かにα-99II+70-400Gには、腕力の鍛錬が必要になりますね~。
2018/12/18(火) 16:23:12 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
はい~、今回はピント、バッチリ来ました(ワーイ:笑)

同時に77IIでも(同レンズで)撮りましたが
普通に見るには、一応撮れているのですが、
拡大で見ると、「なんか甘いよね」、でした
この差は、AFだけでなく、裏面照射とローパスレス、
画像エンジンの違いもあるかなと思ったりです

と、云うわけで、全てが機材のおかげです(笑)

腕力不足は、確かに、重さもありますが
実は、400mmで鳥をファインダーで捕らえるのが、ほんと大変。
=>200mm位で捕らえるのがやっとです
 もう少し慣れれば、捕らえてからのズーム・インも可能でしょうが、
これこそ腕力がいるし思った次第です(笑)

 で、新しいα、狙いましょう(笑)

 ありがとうございました。
2018/12/19(水) 08:07:58 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.