FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット=α-7mk2編
 前回のロックオンAF:拡張フレキシブルスポット α-7mk2で、実験

 ただ、「FEレンズ」は、「16-35Z」しか持っていない為、この実験には不向き
6000用の「E 55-210mm」=「APS-Cサイズ」で実験しました

1:普通に撮ると
7MK2-ロックオンAF-1
 こうなります
*



2:ロックオンAF・・・すると
7MK2-ロックオンAF-2
 目的の奥にピント
 位相差AFの範囲外=コントラストAFエリアでも、ロックオンし続けました

 Aマウント+EA-3では、設定できませんでした(拡張フレキシブルスポットのみ)
 今の9、7RIIIや7IIIなら、どうなるのだろうか、不明です

3:オマケ--ちょっと暗めに撮ってみました
100MACRO
 77II+100maclo。ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット、って、ワイド・エリアで撮れる(笑)
コメント
この記事へのコメント
早速、実写での応用ですね^^
まだα7Ⅱで試していませんが、
やはりこの機能、便利ですね~。

動態撮影でなくても使えるわけで、
静物撮影時、構図を取り直す時には便利です。
いいことを教わりました♪

2018/11/05(月) 18:31:29 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
は~い、7M2は、実験では無く、実写でやってみました。
この機能は、ほんと便利ですし、今まで漫然とシャッター押していたのが、
(AF対象の被写体を指定する為)「これを撮るんだ」の意識が出来ますね。

仰る通り、静物撮影でも使えます
イイ事は、中央一点で構図を変える=コサイン誤差の心配も無いですね

お試し下さい

ありがとうございました
2018/11/06(火) 07:16:56 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.