FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
20年振りに-1
長らくご無沙汰いたしましたm(_)m
GW前から、何かと忙しく、GWあけも何かバタバタしていました

*************************************

と、云いながら、GW中、珍しく自転車の整備をやりましたので
今回はその模様を

1:上の娘(現:孫の母)の自転車(マウンテン・バイク)
MTB-201804-01
 20年も経つと、タイヤも・・・

*

 では、チューブ交換と一緒にタイヤも交換しようかなと

 選択は、MTBと云いながら、不整地面を走る事もそう無いだろうと、スリック系に交換もいいかなで

2:TIOGA製
MTB-201804-02
 以前のタイヤは、26x1..4だったのを、今回は1.5に
 って、タイヤの規格も新しく=HE規格(アメリカ規格)=なるものが出来て、昭和人間には辛いモノが・・・(笑)
 (フランス規格だと、38B、イギリス規格だと、1・1/2になるのかな?)

3:(取付に)方向性があったり・・・
MTB-201804-03

4:トレッドを見ると確かに・・・
MTB-201804-04

5:チューブは変わっていないというか、まっ、こんなモノでしょう。単なるフレンチ(バルブ付)です
MTB-201804-05
 価格、1,000円にびっくり。(この店高いわ:笑)

 さて、

6:タイヤを外して
MTB-201804-06


7:折角(タイヤを外した)ので、(リムの)"振れ取り"
MTB-201804-07
 90年代(以降)製になると、(国産)リムの精度・強度も立派なモノ。殆どブレていませんでした

8:センターも、一応確認して
MTB-201804-08


9:で、クイックを抜くと
MTB-201804-09
 アリャリャ、錆びが・・・
 =>幸い塗装面は大丈夫だったので、直ぐに除去。反対のハブ側シャフトに少し錆が浮いている程度。
    双方、直ちに清掃して問題なし。仕上げに、グリス薄く塗って、解決

 で、Newタイヤの取り付け

10:タイヤ内面に、パウダーをして
MTB-201804-10

 チューブをはめ込み

11:前輪出来上がり
MTB-201804-11

 続いて、後輪も同様に

12:完了しました
MTB-201804-12


 今回の一連の作業中、何故か、40数年前、(最初の自転車を組み立てている時)、
店主から、いろいろ教わった事を、思い出し・・・

 整備編、続きます(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*