子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
玉すだれ-2017 & "α"vs"MD"
 かなりの期間、ご無沙汰しましたm(_)m
 菊栽培、苗に手を広げすぎて、次から次へ、鉢替えと剪定の繰り返し
また、秋・冬野菜の植え付け(=虫との戦い:笑)に埋没していました(汗)

 そんな中、菜園の縁に植えている「玉すだれ」
 昨年・一昨年と"毛虫"にやられて、あまり咲かなかったのですが
 今年は、初期段階で「毛虫退治」=>やっと追っ払えました(笑) 

1:よく咲いています(α-6000)
玉すだれ-2017

 で、撮ろうかと思っても、花を撮るセンスに欠ける筆者は、マウント・アダプターもある事だし
Aマウントと、MDレンズとの撮り比べなら、何とか掲載出来るかと(笑)

(機材:α-7mkII+LA-EA4:A=>E、RAYQUAL:MD(SR)=>E)

*


 三脚を使わなかったので、"定点"といきませんでしたが、それなりに似た構図で

2:Aマウント=100macro(D) F4
玉すだれ-2017-100macro
 (D)対応になった、100macro=>MINOLTA最終版です

3:MD 35-105mm =105mm - macro域 F4.5
玉すだれ-2017-MD105macro
 1980年代前半のレンズ、しっかり写るのにビックリ!


4:Aマウント=100-300mm APO 300mm域 F5.6
玉すだれ-2017-100-300APO
 100-300にAPOレンズを搭載した型。初期型で(D)対応していません


5:MD 100-300mm =300mm域 F5.6
玉すだれ-2017-MD100-300
 こちらも、1980年代前半のレンズ。
 フィルム時代は、コントラストが今ひとつの感がありましたが・・・、この写りにビックリ!

 で、MDの色、が、ありそう?。それとも、α-7mkIIの癖かな?=>不明

 そうそう、α-7mkII、マウントアダプターで、古いレンズを付けても
焦点距離を設定するだけで、手振れ補正、良く効きますね


<オマケ>

6:修理完了後の24-70mmZA 70mm域 F2.8 
玉すだれ-2017-24-70ZA
 よくピント合ってます(笑)。(77mkII)



7:寄れる400mm(笑)
玉すだれ-2017-70-400G-56
 (77mkII)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*