子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
京都鉄道博物館-1
 初めて「京都鉄道博物館」に行ってきました。( with 「孫」 :笑)
 1周年になるそうです。 (New PCから、初のアップ)

1:エントランス
京都鉄道博物館-1-01

 開場の10時前には到着したのですが、すでに長蛇の列・・・
 でも、入ってしまうと、それほど混雑と云うほどでもなく、「孫を放し飼い」 (当然、目の届く範囲)に、出来ました(ラッキー)

[撮影:α-6000。E PZ 16-50mm=>Aマウント機や7IIを持っていく余裕はなく:笑]
*

 孫入り写真は、沢山あるのですが、それは外して(笑)
 また、いつもの「うんちく」も、今回は、なく、1コメントだけのアップです

 まずは、【新幹線】
 (さすが博物館。きれいに再塗装された状態で展示されています:笑)

2:「0系」→初めて乗ったの「小6」の時だなぁ
京都鉄道博物館-1-02

3:「100系」→2階の食堂車に行ったのが懐かしい=(with 孫の母)
京都鉄道博物館-1-03

4:「500系」→今や「こだま」の運用なのですね~。寂しい。 
京都鉄道博物館-1-04
 出張の際、支給される旅費に、自腹で上乗せしてグリーン車によく乗りました(笑)


【電気機関車編】

5:EF58→サラブレッドでした
京都鉄道博物館-1-06
 が、(この機関車の性能を熟知していない頃)ホームで待っていると、「また、EF58(牽引)かよ~」って、よく思ったものです

6:EF81→トワイライト・エクスプレス塗色
京都鉄道博物館-1-05
 電化されているところは、どこでも走れる優れものですが(新幹線除く)
 敦賀等交流機関区の方々は、(交流機関車では不要な)苦労されたとか・・・

7:EF66→半地下で、機関車の下を見られます 
京都鉄道博物館-1-07
↑のEF58重連のパワー(速度同等)を持っています

8:EF66のMT56モーター
京都鉄道博物館-1-08


 続きます
コメント
この記事へのコメント
鉄ちゃんではありませんが、鉄道博物館には惹かれます^^
以前、秋葉原にあった時には何度か行ったのですが、
埼玉県の大宮に移転してからは、未だ行ったことがありません。

さて新幹線ですが、0系と100系と300系が好きです^^
今の700系は、カモノハシというか靴べらのようなデザインが嫌いです(笑)

それと7枚目のような、機関車の下が見られるのはイイですね!

駄コメ羅列、失礼しました^^
今の
2017/04/11(火) 15:08:35 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
あはっ、博物館、昔は出向かれた事あるのですね。
そちらでは、今は埼玉、遠いですよね
(って、距離感全然判っていないのですが:笑)

300系が出てきて、初期車輌に初めて乗った時、
下りにさしかかる時、フワッとしたのを思い出しました

700系のカモノハシお嫌いなら東北・上越系はダメですね(笑)
我が家のオシは全員一致で、500系でした

で、仰る通り機関車を下から見られる展示は、面白かったです
(孫の母に、うんちく一杯しゃべりました:笑)

 コメント、ありがとうございました
2017/04/12(水) 17:24:18 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*