子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
石山寺-1
 近場なのに、行った事なかった「石山寺」(滋賀県瀬田川沿い)
 「桜・モミジ」の時が、オン・シーズンなのですが、「梅」もあると云う事で出向いてみました=(3連休の前週末)
 そうそう、紫式部が『源氏物語』の着想を得た場所と云われています

1:東大門
石山寺-01

  出発前に、冗談半分で、「石山=石の山かも」と云っていたのが、本当に・・・
 年寄りには、フィールド・アスレチック?でした(笑)

 で、「コレッ」と云う画も撮れなかったので、単なる観光案内?です
*


2:案内図(1200pix)
石山寺-06
 青線が経路。赤色点が今回掲載の撮影場所


3:入山すると
石山寺-02
 「石の山」決定か?


4:いきなりこんな階段を登り
石山寺-03
 この階段で、一気に体力奪われました(涙)


5:階段の途中=まだ、この辺りまでは元気だった(笑)
石山寺-05


6:階段登った先には=>登った甲斐があったかな?
石山寺-06


7:桜(前の木)が咲いていたら、多宝塔見えないかも(笑)
石山寺-14

 ここの左手に本堂があります 

8:本堂から見下ろすと
石山寺-04


9:下から見上げると(帰路撮影)
石山寺-13


10:本堂の横には
石山寺-07
 『源氏物語』の執筆は、京都・御所東側にある「廬山寺(ろざんじ)」と云われているのだが・・・(笑)


11:↑画6の岩を上から
石山寺-08

 歩を進めて

12:座布団が敷いてある石=>安産になると云われる「腰掛石」
石山寺-11
 

13:左:紫式部供養塔、右:芭蕉句碑
石山寺-12

14:やっと、「多宝塔」まで来ました
石山寺-09

 続きます
コメント
この記事へのコメント
昨日、東京でも桜の開花宣言がありました。
とはいえ、まだまだ桜なんて咲いている木を見たことがありません(笑)

さてこの石山寺、紫式部にも所縁があるとは、由緒あるお寺なんですね^^
でも、険しそうですね~。
4枚目の階段、インパクトありました(笑)

連休明けに疲れが出ていないといいですね^^
2017/03/23(木) 03:56:38 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
東京の開花宣言、こちらでもTVで見ました
ほんと、そちらは早いですね。
まっ、「桜咲いた」と実感できるまで、一週間位かかるでしょうが・・・(笑)

で、ここも紫式部が出てくるのです
(京都市内はあっちこっちにあります:笑)

私も、近頃足が弱ってきました
今回の階段も、以前は平気で登れた筈なのですが、今や、フーフー云って、立ち止まってます(涙)

ありがとうございました
2017/03/23(木) 11:42:09 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*