子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
下の子は名カメラマン-冬の京都-2(大覚寺)
 今宮神社をあとにして、次向かったのは


1:(嵯峨野)大覚寺
大覚寺-010
(場所はココ:地図リンク)

 大覚寺の場所は、広く云えば、嵐山(の一帯)なのですが、渡月橋等々からは、チョット離れているので、
徒歩では厳しく、「嵐山花灯路」(クリック)の時も、結局行けずじまい

?0年振りでした
*


 大覚寺の前に、「北野天満宮」で、(所蔵の)「刀剣展示」があると云う事で、出向いたのですが
季節柄、「受験のお参り・梅花祭・刀剣人気?」で、大混雑。
駐車は諦めて、「ココで待っているから、行っといで」と下の子だけ

2:前回=1月訪問時(クリック)より、かなり咲き進んでいます(撮影:下の子)
天神さん
 出店も出ていたそうで「七味山椒」を買ってきてくれました(ワーイ:笑)


 で、大覚寺へ

 今日は、全て下の子撮影
 
 「回廊がスゴイ・スゴイ」と回廊ばかりの掲載です(笑)

3:(撮影:下の子)
大覚寺-020

4:(撮影:下の子)
大覚寺-030

5:(撮影:下の子)
大覚寺-040

6:(撮影:下の子)
大覚寺-050


7:ゲット(笑)
大覚寺-090


 外に出て、梅林へ
 私が「梅はうまく撮れん」と云うと

8:ほれっ、(撮影:下の子)
大覚寺-070

9:これは、(撮影:下の子)
大覚寺-080
っと、うまく撮るものです(はい、親ばか:笑)

最後に

この大覚寺には、
百人一首=「滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
と、詠まれている、「なこその滝」があるのですが

10:「なこそ(名古曽)の滝跡」(撮影:筆者)
大覚寺-100
 ○十年前は、(多分別の場所で)、ちゃんと流れていたような、記憶があるのですが・・・
 この付近かなり発掘していましたので、正しい場所が判ったのかな・・・?

 で、この後、「本能寺・壬生寺」も予定していたのですが、前回の船岡山がきつかったのか
はたまた、大覚寺内を歩き回ったのが、堪えたのか、二人して「帰ろう」で一致、となり、今年は終わり、また来年(笑)

***********************************************************************************

 次回は、筆者撮り編をやろうかな(笑)
コメント
この記事へのコメント
回られていますねぇ~^^
基本的には7枚目のためでしょうけど(笑)

>回廊ばかりの掲載です(笑)←これはちょっと分かります^^
回廊はなかなか絵になる被写体ですからね。

ところで「なこその滝」、今はもう完全に絶えているんでしょうか、ね!?
2017/03/08(水) 14:29:43 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
大覚寺は去年初めて行きました。
どんなとこだったかなぁ~と言うぐらい忘れてます^^;
それにしても、いろいろ撮られてますね。
滝のことは知りませんでした。
2017/03/08(水) 23:25:01 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
は~い、仰る通り、7枚目のためです(笑)が、
うまい具合に京都観光になってます

回廊は、やはりYKNDさんもご理解頂けるのですね。
私も、真似して少し撮りましたが、私は全然ダメ。センス無かったです(涙)

「なこその滝」は、付近発掘中でしたので、?状態ですが
見たところ、水は枯れていました。
ただ下流に水路があったので、季節的なモノかも知れません

まっ、「なほ聞こえけれ」と云う事で(笑)

ありがとうございました
2017/03/09(木) 11:39:09 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
masaさん、ありがとうございます
おおっ、出向かれていましたか?

大覚寺の中は、広い庭があって、建物もたくさんあって、それを繋ぐ回廊が長くあり、最後に「五大堂」に着いて「大沢の池」を展望できる所です。
(って、余計に判らないか?:笑)

滝は、外へ出て、池を半周した所にありましたが、
観光客は、0でした(笑)

ありがとうございました
2017/03/09(木) 11:49:29 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*