子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
雪の金閣寺(2017)-2
 さて、雪の金閣寺-2017の2回目


1:2005/12撮影時と同様の角度から
金閣寺20170211-1
 すこし、前回より寄りすぎました・・・
*


 今回は、周辺も含めてご紹介


2:南北の道路は、日が当たっていましたので、この程度でした
金閣寺20170211-6
 反対に、東西の道路は、日が当たらないので、アイスバーンが、少し溶け出した状態でした
 (はい、スタッドレス必須:笑)

3:歩道は
金閣寺20170211-2
 観光客の中には、この上を「ピン・ヒール」で・・・。見ているだけで怖かった(笑)
 これも、帰路(AM10時過ぎ)には、除雪完了していました


4:見上げると
金閣寺20170211-7
 この下歩く時に、バサッと雪が落ちてきたりして(笑)


5:入口到着
金閣寺20170211-5
 2005年の時は、この辺りも一面アイスバーンでしたが、今回は雪が溶けて、砂利の上に泥がのっている状態でした
 (私は、長靴に履き替えていたので、ノープロブレム:笑)


6:こんなアングル撮ったり
金閣寺20170211-8

 2005年時と最大の違いは、観光客の数
 周辺道路、うまい具合に溶けてくれたので、観光バス・タクシーは当然の事、
ノーマルタイヤの車も多数来たりで、駐車場はすぐに満車になったようです

7:これだけの人が・・・
金閣寺20170211-9
 2005年時は、せいぜい2~3重でしたが、今回は、4~7重の人だかり


8:少し近寄って
金閣寺20170211-10



** オマケ **

9:金箔のない最下の部屋は、なにがあるのかと(赤矢印)
金閣寺20170211-3


10:多分、足利公と仏像・・・かな?
金閣寺20170211-4
 これ、新発見でした


 次回、広角編(笑)
コメント
この記事へのコメント
前回のコメントの補遺(補追?)です。
ゴールドとホワイトにブルーの組み合わせが最高ですね。
8枚目を拝見しての補足です(笑)
その8枚目と6枚目が、今回はいいですね♪

ところで、7枚目ですが、「ああ、やっぱりそーゆーことねぇ」と、現実を痛感しました。
そりゃまあそうでしょうね(笑)

それからオマケ部分、なるほど~と勉強になりました^^
2017/02/14(火) 19:52:37 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
雪の金閣寺、いいですね~。
1月の雪の日に行こうかと思いましたが、やめました。
でも、雪の金閣寺行かなければ^^
2017/02/14(火) 23:09:14 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
いや~、ほんと仰る通りです。
私も前回の写真と比べて、その思いを強く持ちました
今回は、全体的には晴れてはいたのですが、
肝心の「金閣の背景」=林の上が「薄曇り」だったので、
「見劣りするなぁ」でした。ほんと、青空が大切ですね(笑)

7枚目、そう言う事です=○○人多し(笑)
まっ、「騒がしくなかった!」が救いでしたが・・・(笑)
ただ、この撮影場所?は、順路から外れた所になりますので、
(気づかず)素通りする方も多く、(この場所は)多少救われているのですが、
その分、8枚目の場所がメチャ込みでした

オマケは、高画素のおかげでしょうかねぇ
何しろ、前回の600万画素が、今回は2400万画素になっているのですから・・・(笑)

ありがとうございました
2017/02/15(水) 10:16:57 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
masaさん、ありがとうございます
雪の金閣寺、いいですよぉ~!
人も、多いですよぉ~(笑)

>1月の雪の日
 この時は、多分、午前中は、それなりの装備をしていないと、
到着できなかったかも・・・
 何しろ、この辺りの西大路・北大路通は、
簡単にアイスバーンになりますので、
バスがチェーンを履いたりしています

 まっ、雪の十津川に出向かれているので、大丈夫かな(笑)

 一度、トライして下さい(笑)

 ありがとうございました
2017/02/15(水) 10:28:03 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*