子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
慈尊院
 昨年から、高野山からの帰路、(高野山への)道中にある神社・仏閣参り、を、始めていて
前回は、中腹にある、丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ)(クリック)へ、お参り

 今年は、高野山への道の一つの、スタート地点へ

1:慈尊院
慈尊院-01

 奥に見える鳥居は、慈尊院ではなく、・・・。詳しくは次回に。

*



2:空海の母がここに滞在しました。(当時高野山は女人禁制)
慈尊院-02
 「母を訪ねて、月に九度」とは・・・(片道23km)=>で、ここの地名が「九度山」になったそうな・・・


3:大師堂
慈尊院-03

4:本堂
慈尊院-05

5:多宝塔
慈尊院-07
 壇上伽藍にある「根本大塔」や「東塔」とそっくりでした。
この頃の建築様式だった?


6:ご本尊は「弥勒菩薩」
慈尊院-06
 高野山の「銘菓」に、この「みろく石」と云うのがあるのですが、コレが語源かな?


7:弘法大師像と案内犬ゴンの碑
慈尊院-04
 この慈尊院から、参詣者・ハイキング客を、高野山上の大門まで道案内した犬らしい。
 期間:1989年(平成元年)頃から1992年(平成4年)頃
(大門:クリックの2枚目)

8:平山郁夫直筆なそうな
慈尊院-08
 世界遺産登録記念だそうです


 次回は、1枚目の奥、・・・、また、階段です(爆)
コメント
この記事へのコメント
去年ぶり(?)に高野山およびその周辺のマップを見ました。
今回の慈尊院も、おおよその場所を知りました。
そして、ブログ中の記述にあるとおり世界遺産…なんですね^^
調べてみたら「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産なわけですから、当たり前っちゃ当たり前ですね(笑)

次回、慈尊院の奥の階段編、その段数も含めて、楽しみにしています(笑)


2016/10/21(金) 17:24:32 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
慈尊院お行きましたよ。
その奥の階段も(笑)
行った時は、なにかは忘れましたが、特別公開みたいなのをやってて、
かなりの人だったことを覚えています。
続き、楽しみです。
2016/10/23(日) 19:14:16 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
あはっ、地図までご覧頂いて恐縮します
仰る通り、世界遺産になってますね
道中に見る「案内板」が、わざわざ「世界遺産 慈尊院」になっていました

奥の階段、お楽しみに、って、最近は階段ばっかり(笑)

ありがとうございました
2016/10/24(月) 10:52:26 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
masaさん、ありがとうございます
あははっ、出向かれていたんですね=ネタバレですね~(笑)
その時は、特別展だったのですね
今年は、「真田丸」の影響か、九度山周辺は賑わっているようですが、
ここは、「こんなもん?」程度でした

ありがとうございました
2016/10/24(月) 10:56:31 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*