子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
鈴鹿スカイライン
 (前回の、信楽で)ソバを頂いた後、特に当てもないので、「"鈴鹿スカイライン"(R477)へ、行ってみよう」と、思いつき・・・。

 で、信楽から、R307を日野町まで、そこから、R477に入り、 「ブルーメの丘」を横目に、山道へ
道は、完全2車線の普通の道。ただカーブが多いので、ワンボックスのMy Carは、ゆっくり走る事になります(笑)


 で、いきなりゴールの

1:御在所ロープーウェイ。(45年振りかな?記憶あいまい:笑)
鈴鹿スカイライン-03
 乗ってません(笑)=料金払ってまで、霧の中に突入しない(爆)


余談
 R477って、川西市から、京都に入って「亀岡~周山~花脊峠~百井~途中峠」
 滋賀となり「びわ湖大橋」を渡り、「鈴鹿山脈」を越えて、三重県に、と、山道(田舎)ばかり(笑)
 特に、「京都・百井」地区は[酷道]で有名?です。(昔、自転車で行きました:笑)

 また、この「鈴鹿スカイライン」は、土砂崩れ等で、簡単に通行止めとなり(それも長期間)
今回も、あちこちで工事をしていました
*


 さて、順路に戻して、
滋賀県側は、ダム湖以外、特に景色もなく、淡々と登り
三重県との県境のトンネルを抜けると

2:武平峠=813m
鈴鹿スカイライン-05
 やっと、景色が良いかな?

と、思いきや

3:霧で、(下界)、何も見えず(涙)
鈴鹿スカイライン-04
 天気良ければ、伊勢湾や知多半島まで見えるそうです


4:では、と、周辺をパチリ
鈴鹿スカイライン-01


5:霧の中(怖)、かなり降りていって、御在所ロープーウェイのゴンドラの下(笑)
鈴鹿スカイライン-02

 この後たどり着いたのが、写真1
この日は、結局、いい景色見られず、帰路に

 こういう日もあります(笑)
コメント
この記事へのコメント
今月の初め、
知人の結婚式で八ヶ岳に行ったのですが、
その帰りが夜になり、中央高速に出るまでの間、
かなり長いこと霧の中を走りました。
夜間、霧の中を走るのは、ものすごく久しぶりで、
こんなにも走りにくかったかと思いました。
超キケンです(笑)

この鈴鹿スカイラインも霧が出て日が落ちてからだとメッチャ怖そうですね^^

霧の話での駄コメ、失礼しました^^;
2016/10/11(火) 17:56:55 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
こんばんは。
鈴鹿と聞くとF1しか思い浮かばない単細胞の自分です(笑
ここ最近は何処へ行くにも(自分含め)天気はこんな感じで心折れますね(笑
ロープウェイの上の方に文字のような物が見えますが.....DO?
で、落書きのひどいこと!
失礼しました(笑
2016/10/11(火) 19:18:09 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
秋の八ヶ岳で結婚式ですか=>スゴイなぁ(参列者が大変そう:笑)

八ヶ岳から、夜の霧の中、中央道へ
って事は、長い下り坂で、簡単にスピードが上がり、ストレートと思っていると、急にカーブ。
思っただけで怖いです(笑)
(晴れの昼間に走った事あります)

この鈴鹿スカイラインは、カーブが多く、スピード出せないです(笑)
ただ、走り屋(コーナー族)が多く、簡単に後ろにへばりつかれます。
まっ、私は即、広い所を見つけて、左によって、「お先にどうぞ」をしますが・・・。
(ワン・ボックスでは無理です:笑)

ありがとうございました
2016/10/12(水) 11:06:24 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
シャパさん、ありがとうございます
あははっ、やはり鈴鹿と云えばF1ですよね
(今年は富士で、だったかな?)
他に、耐久もありますよ(笑)

仰る通り、今年は「晴れ」って日がないですね
ほんと、お日様出ていないと、どこに行っても、今ひとつ盛り上がりませんよね。

 2の看板。これは、「撮りたくない」の対象でしたが、
まぁ、コレ撮っとかないと、ここに来たが表せないモノで、
やむなく、でした(涙)
 逆に、ココまでひどいの、今時、珍しいかも、です(笑)

 ありがとうございました
2016/10/12(水) 11:17:23 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*