子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ヘッドライトの黄ばみ取り
 久々に、Myブログと全然関係のない、車のお話

 日用雑貨の量販店をウロウロしていると、こんなの発見

1:ポリッシャー
黄ばみ取り-01

 大きめのポリッシャーは既に持っているが、その大きさ故、隅々になかなか届かない
 「これならば!(狭い箇所をしっかり磨けそう)」で、ゲット。(今のアマゾン価格より安く:笑)

 で、何をしたかは、続くに



 上の子が乗っていた軽自動車。さすがに10年も経つと、ヘッドライトに黄ばみが・・・
 
2:取り出すと
黄ばみ取り-02
 単3電池4本で動きます。この青色のバフが2枚と、ブラシ1ヶが付いていました

 中を見ると、模型用のモーターが入っていたので、「そう(回転)力は、期待できないかな?」でしたが


3:使った、ワックスです。ヘッドライトの黄ばみ取りにも使えると記載されていたので
黄ばみ取り-03
 この時にも、使いました(クリック)


 さて、その首尾は

4:施工前
黄ばみ取り-04

5:施工後
黄ばみ取り-05

 う~ん、違いがうまく撮れない・・・

 左右のヘッドライトですが、撮る、角度を変えて

6:施工前
黄ばみ取り-06

7:施工後
黄ばみ取り-07

 と、結構黄ばみが取れました。
 これなら、黄ばみ取り専用クリーナーを使えばもっと取れるかも・・・
 (って、化学薬品ばっかりそろえてどうすんのよ:爆)

8:これだけ取れました
黄ばみ取り-08

 このポリッシャー、モーター結構強く、作業中(多少押さえても)止まる事はなかったです。
 ただ、回転は遅いです。(細部磨きには、この位で十分、と思いますが・・・)
 また、シングル・アクション(=同一地点で回り続ける)ゆえ、取扱注意→熱研磨=削りすぎ等の恐れ有り
 試される方は、あくまで自己責任で

 で、結果良好につき、「これならワックス掛け時、細部塗布に使用できそう」なのと、
先端を(付属の)ブラシに付け替えると風呂掃除にも使えるので、早速、予備のバフセットを注文しました(笑)

 
コメント
この記事へのコメント
ヘッドライトのガラス部分の黄ばみ、
取れるんですねぇ。
6~7の比較写真でよくわかりました。
でも内側に黄ばみが出ていたらダメですね(笑)

ちなみにハンディ機のモーター、単3が4本ということは6V駆動ですね。
きっとギアダウンしてトルクを上げてあるんだろうと思いますが、
SR-T101さんの感想からしますと、他の作業にも「使える」と。
ちょっと欲しくなりました^^
次回はワックスがけのレポートをお願いします(笑)
2016/07/21(木) 16:42:47 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
はい、、ヘッドライトの黄ばみ取り、やってみると出来ました
で、仰る通り、内側に出ていたら、我々では、まず不可能ですね(笑)

このポリッシャー、仰る通り、ギアダウンしてトルクを上げているようです
(モーターの中心と本体の回転軸が、ずれています)

ほんとトルクは、見かけによらず、あります。そりゃ、かなりの力(=ほぼ無理矢理:笑)押さえつければ、止まりますが・・・
バフに液体ワックス付けて、磨き程度に押さえる位では、多少回転が落ちる位で作業できました
(バフとワックスなので、確実に抵抗になります)

ワックス掛けも、バンパーの端の方に、少ししましたが、十分使えました。
ただ、この大きさゆえ、ボンネットとかドアーのワックス掛けには、(効率的に)無理でしょうね。(笑)

そうそう、簡単な防水機能(=開口部にOリング)が施されているので、風呂掃除でも気持ち楽に使えました

ありがとうございました
2016/07/22(金) 09:32:29 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*