子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
2012/8・木曽路-1-3~木曽福島~
 この週末は、「孫」が来てくれました(ワーイ:笑)
 歩きだしたのですが、私には、しっかり人見知り=>泣かれました(涙)

*********************************************************************************

 さて、木曽路の続き

 御岳ロープーウェイを後にして、「開田高原」をひた走り、次の訪問先は、「木曽福島」
 開田高原では、ソフトクリーム屋さんなんかもあったが、降り続く雨で途中停車無し(涙)

 木曽福島に着く頃、雨も上がって、と、云うか、山間だけ降っていた感じ
 何とか車も止められたので、散策開始

 まずは

1:山村代官屋敷跡
201208木曽路-1-3-01


 今回まとめていて、ここ「木曽福島」で、覚えているのは、「関所跡」だけ
 むしろ、駐車場への道がチョット難しく、「間違わないように」だけが記憶に残っています(笑)
 今回の写真を見て、「あ~、立ち寄ったなぁ」程度。スミマセン

 と、云う訳で、コメント欄、お休みにさせて頂きますm(_)m
*

2:庭=城陽亭庭園と云うらしいです
201208木曽路-1-3-02

3:
201208木曽路-1-3-03

4:中の見学を終えて
201208木曽路-1-3-04

5:拓本をとった後でしょうか。変な色
201208木曽路-1-3-05

6:つづいて、関所跡に向かいます
201208木曽路-1-3-06

7:前方が"東門"
201208木曽路-1-3-07

8:中に入って
201208木曽路-1-3-08

9:↑の"西門"方向へ
201208木曽路-1-3-09

10:
201208木曽路-1-3-10

11:こうみると、単に警備の厳しい所=迂回すれば関所抜け出来る?
201208木曽路-1-3-11

12:いいえ、下は、激流(笑)
201208木曽路-1-3-12

 山と川に挟まれた狭い地形に関所はありました
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*