子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
水玉の中
 出勤前、ちょうど雨上がりだったので、前回の「ピン甘」に、リベンジしようかと

1:こんな状況
水玉-1

 青矢印と赤矢印を狙います

 ただ機材が、「α-57+AF24-105mm」と16M画素機+Macroも無しでは、期待薄だが

 結果は・・・
*


2:水玉の中に周辺が写っているようですが、葉自体の葉脈と区別が付かず・・・
水玉-2

3:こっちの方がイイ
水玉-3
 うまく葉の先=ほぼ空中で水玉を形成してくれていたので、いろいろ写ってそう、だが、今回の機材では、コレが限界

4:この赤矢印も狙っては見たが
水玉-4

5:表面の反射と、どうみても、葉脈に見える(涙)
水玉-5


 「水玉(の中)」の撮影、なかなか手強い
 次回は、24M機+Macroで限界まで寄ろうか・・

 なにより、3のような水玉を見つける必要有りだな
コメント
この記事へのコメント
水玉ってむずかしいですね。
三脚を使ってもいまいちだったりすること多々あり^^;
マクロ撮影は三脚は必需品です。
今使っているベルボンが使いにくくて。
マンフロットの三脚でも買おうかな^^
2016/06/09(木) 22:10:26 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
masaさん、ありがとうございます
水玉、仰る通り、ほんと手強いです
やはり、三脚いりますよねぇ~(笑)

で、マンフロットですかぁ
ベルボンは、持ち運びしやすいのでしたよね
マンフロットの新型があるのかな?(笑)

ありがとうございました
2016/06/10(金) 10:13:53 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*