子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
伊勢路:二見浦~帰路
 さてさて、伊勢路、今回が最後


1:二見浦
二見浦-01
干潮時→ありがたみがない(笑)

 今回は、詰め込み過ぎました
 「コメント欄-閉-」とさせて頂きます



2:、2012/5の時は満潮でした
二見浦-02
 やはり、こうでなくっては


3:でも、満潮時なら、こういう事になります→画面右端に注目
二見浦-03
 遊歩道まで、波がサブーンと来て、場合によっては、ずぶ濡れに(笑)


4:今回は平穏そのもの(α6000)
二見浦-05


5:このアングルで「日の出」撮ったら凄いなぁ(笑)
二見浦-04


6:「満願蛙は水中の・・・」の看板(α6000)
二見浦-06
 きっと、水掛不動尊のように、後側の蛙に、水を掛ける人が多いのでしょう


7:で、また、ゴォーと飛行機が来て(キャセイ航空)
二見浦-17


8:左旋回→セントレアへの着陸態勢でしょう
二見浦-18

 鳥羽駅に引き返して、


9:帰路も「しまかぜ」
二見浦-07


10:帰りは「(両端の)ハイデッカー車」ではなく、普通の高さの車輌。ディスプレイが大きい
二見浦-08
 このディスプレイ→いろんな情報が出ました。↓16.17


11:往路は行かなかった、カフェ車輌に行って
二見浦-09


12:やはり「ビール」(笑)
二見浦-10


13:奥様は「ケーキセット」だったかな?(α6000)
二見浦-11


14:席の端には、「前方展望」のディスプレイが、あったり
二見浦-12


15:すれ違い列車を、「実車と前方展望でコラボ」撮り
二見浦-13


さて、車端ディスプレイの機能

16:現在位置を表示したり(「名張駅」通過時)
二見浦-14
 飛行機ですね。


17:前方展望も表示
二見浦-15
 他には、(今)走行中付近の観光地紹介もしていました


18:夕暮れ時の生駒山
二見浦-16
 帰ってきました

 これにて、「しまかぜ」に乗っての伊勢路、終わりです
 長々ご覧頂きありがとうございました
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*