子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
Wide Focus Area・・・(笑)
 昨年の事。
 α-6000の秒/11コマを、試しがてら、久々に「鉄」撮るか~、

 で
 
1:681系
683-5
(α-6000, E55-210mm, AF-C, 秒/11コマMODE)

 しかし、Wide Focus Area故、こんな事も・・・

*



α-6000=179点で、「画面のほぼ全域をカバーするAFエリア」+高速AFを持っているから、
楽々撮れるだろうと、思っていたが、広ければ広いで、こんな事も


2:手前の線路に、ピントが合ってしまって・・・(涙)
683-1
 AFは、「手前(の被写体)に(ピント)合わす」のを、忘れていて・・・


3:電車来ているのに、ピント=線路のまま(涙)
683-2


4:カメラを振った=画角を替えたので、やっと被写体を見つけて、と、云うか、小口径レンズ故のパンフォーカス状態(笑)
683-3

5:なんとか
683-4

 合焦ポイントの確認不足?(汗)
 いや、ロックオンAF(被写体追従AF)を、使うべきだった(笑)
コメント
この記事へのコメント
いろんなカメラを持っているのですが(笑)、
ワイドフォーカスエリアって、実はほとんど使っておりません。
中央1点が常用です。
ず~~ッと前に、今回のSR-T101さんの「あれれ!?」例と同じことになって、
撮りたかったものを撮りそこなった経験があるからなんです。
とは言え、今自分が一番撮っている静止画状態の中~遠景の風景写真なら、
何の問題もないんですけどね(笑)
2016/01/23(土) 14:04:16 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
中央1点→そうなんですか?
確かに確実ですね
→私も、Wideで合わず、即、中央1点に帰結する事よくあります(笑)
で、やはり同じような事、ご経験なのですね。

今回は、密かに、5枚目のアングルを狙っていたので、Wideエリアを試した次第です

ありがとうございました
2016/01/23(土) 17:20:48 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
ワイドフォーカスエリアってほとんど使ったことないですね~。
ニコンの3DトラッキングSR-T101さんやYKNDさんと同じようなことになりましたから。
最近は動きものを撮るときも、ピントのことは深く考えないようにしてます。
それにしても、α6000の秒11コマ、魅力ありますね~。
2016/01/24(日) 11:05:11 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
た~いへん遅くなりましたが本年もよろしくお願いします(遅いにも程が有る)笑

更新も滞ったまま年が明けちゃいました^^;
α6000は車に入れっぱなしなので何時でも撮れるのですが気持ちが.....レフ機でないとどうもですね。
ただレフ機が重く感じる歳になってますが(笑

α6000のワイドフォーカスエリアはたまに飛行機に向けて撮ったりしてましたがエリアがピコピコして面白いなあと思いますが背景に何もない時に特に有効かと!
2016/01/25(月) 17:00:28 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
masaさん、ありがとうございます。
わっ、masaさんも、ワイドフォーカス、お使いになられてませんか?
で、ニコンも同じような事があるんですね。

>α6000の秒11コマ
 撮った後の整理が、大変ですよ(笑)

 ありがとうございました
2016/01/25(月) 17:04:23 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
シャパ さん、ありがとうございます。
本年もよろしくお願いします(笑)

>α6000・・・気持ちが
 判る気がします。軽くて手軽でよく写るし、最高なんですが・・・(笑)
 私も機材が重く感じるようになってきました

AF-Cでエリア、ピコピコ、画面一杯に合焦点があって、面白いですよね
 ロックオンをうまく使うと、いけるのかな、って、思ってます

 ありがとうございました。
 本年もよろしくお願いします
2016/01/25(月) 17:11:35 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*