子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
高野山-2015-2~壇上伽藍~
 「金剛峯寺」の参拝を終えて、続いて「壇上伽藍」の方に


1:「高野山開創1200年」に合わせて再興された「中門」
高野山-2015-2-1
 (撮影場所の)、後ろが道路なので、これが精一杯=17mmです。 
(α7m2+17-35G)




2:金剛峯寺からの参拝路
高野山-2015-2-2
(α6000)

3:東塔
高野山-2015-2-3
(α7m2+17-35G)

4:不動堂
高野山-2015-2-4
 少し前なら、ココも特別公開していたらしいです。(α7m2+17-35G)


5:根本大塔
高野山-2015-2-5
 これは、昨年までの画角=24mm。 (α6000)

6:17mmでは(笑)
高野山-2015-2-6
 超広角を手にして、「(ファインダーに全て)入る・入る」が、うれしくて(笑)。(α7m2+17-35G)

7:24mmでは撮れなかった、真っ正面から(22mm)
高野山-2015-2-7
(α7m2+17-35G)

8:中門に廻って
高野山-2015-2-8
(α7m2+17-35G)

9:仁王様?
高野山-2015-2-9
 (α6000)

10:中門から入って「金堂」
高野山-2015-2-10
(α7m2+17-35G)

11:もう少し歩を進めて
高野山-2015-2-11
(α7m2+17-35G)

12:金堂、参拝の途中、逆方向を、パチリ
高野山-2015-2-12
(α57+24-70ZA)

 お参りが済んだので、「もみじ」を

13:このアングル、望遠つけて(画角を)狭くした画、○○新聞に載ってました(笑)
高野山-2015-2-13
 それを撮っていたカメラマンも見ましたよ→Canonに70-200mmF4Lをつけて、三脚立てました(どこ見とんのじゃ:笑)
 (α6000)

14:青空なくて・・・
高野山-2015-2-14
 (α6000)

15:
高野山-2015-2-15
(α57+24-70ZA)
コメント
この記事へのコメント
壇上伽藍の中門、こんなんなんですね。
前に行ったときは工事中だったかな。
それも最初の方だったような気がします。
高野山も1200年ということで人が多いだろうから、
来年ぐらいに行くことにしようっと^^

フルサイズに超広角。
はまってますね~^^
2015/11/12(木) 22:06:38 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
フルサイズでの広角、楽しんでいらっしゃいますね~♪
パースの付き方さえ気にしなければ、
あるいは、パースの付け方に気に入ったものがあれば、
広角はものすごく楽しめますよね^^

ところで、壇上伽藍って、こういう感じなのですね。
で、この後は、どちらへ向かうのでしょうか?
2015/11/13(金) 18:32:11 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
masaさん、ありがとうございます。
 「中門」工事中をご覧になったそうで、
やっと出来た、と、云う感じですね
 柱に、境内の木も使ったそうですよ
(現在、パワースポットになっています)
 是非、お出向き下さい

 で、超広角、今までmax=26mmだったので、うれしがって、撮りまくっていますが、やはり難しいですね(涙)

 ありがとうございました


2015/11/13(金) 19:41:31 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
 あはっ、超広角、うれしくて・うれしくて、使いまくりました
 ここは、建物大きいのに、(後ろに)引けない所ばかりで、(以前の)max=26mmでは・・・、でしたが、
今年は、(結果がどうであれ:汗)、楽しみました(笑)

パースは、ほんと難しいですね
上下に振ると、確実に先細りしますし、かといって、水平に撮ったからって、必ずしもそれがイイとは限らないし・・・
ほんと、難しいです

壇上伽藍は、今回の金堂と根本大塔がメインですが、他にも東塔・西塔とか、御影堂もありますし、
高野山鎮守の神社(=神仏習合)も、あります
(確か、空海を高野山に導いた○○を祭っているとか・・・)

高野山には、他に(今年も行きませんでしたが)、かの「奥の院」があります
機会あればお出向き下さい

ここかしこに、間違いなく「何でこんな山の上に、こんな大きい物が作れるんだ(作れたのだ)」と思われる事、間違いないです

で、この後は、ですか(笑)。十数年、年参りしているのに、初めての所へ向かいます。
なので、もう一回続きます(爆)

ありがとうございました
2015/11/13(金) 19:58:24 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*