子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
高野山-2015-1~金剛峯寺~
 今年も「高野山」に行ってきました
と、云ってもアップするのは、龍神(クリック)経由で行った、2012年(クリック)以来ですが・・・(汗)

本年は、「高野山開創1200年」云う事で、今まで以上の人・人・人+車・車・車+バス・バス・バス(笑)

早朝に到着して、早速ご先祖をお参り
その後、My Carは、そのまま置かして頂いて(=檀家の特典:笑)

さあ、(バッグ置いて)、「α7m2に17-35G」、「α57に+24-70ZA」だけにして、
必須(笑)の予備電池はポケットに入れて、 「さあ、歩くぞう!」
==>開創1200年・特別拝観(=ご開帳)へ、go(笑)


1:金剛峯寺、三門
高野山-2015-1

 今日は、金剛峯寺を


2:全景(17mm)。
高野山-2015-2
 画面左端の紐?は、ご本尊に繋がっていて、この紐を握る事で「お大師様とご縁を結べる」との事です

 特別拝観(=ご開帳)の「お大師様」は当然撮影禁止なので、画はありません

3:庭のもみじ
高野山-2015-3
(α6000)

4:金剛峯寺では、参拝の経路に、お茶を頂ける所があります
高野山-2015-4
(α7m2+17-35G)


さて、庭園を、画角違いで(笑)

5:36mm(24mmX1.5)
高野山-2015-5
(α57+24-70ZA)

6:24mm(16mmX1.5)
高野山-2015-6
(α6000)

7:17mm
高野山-2015-7
(α7m2+17-35G)

8:別の角度から 
高野山-2015-8
(α6000)

 で、「金剛峯寺」を後にして、「壇上伽藍」の方に向かうが、すでに、人・人・人、なので、

9:上ばかり(笑) 
高野山-2015-9
(α57+24-70ZA)

10:青空なくて・・・ 
高野山-2015-10
(α7m2+17-35G)

 続きます
コメント
この記事へのコメント
高野山も今年は開創1200年ということで行きたかったのですが、無理っぽそう。
過去に何度か来ていますが、金剛峯寺は入ったことがないです。
庭もきれいですね~。
機会があれば、入ってみようっと。
2015/11/09(月) 21:03:42 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
高野山も未踏の地です(笑)
高野山のHPを覗いてみました。なかなかのHPですね^^
金剛峯寺のそもそもから、開創1200年の記念行事まで、たくさんの記事が載っていましたが、
なによりも高野山全体が、いわゆる境内ということを今回初めて知って、
それが一番ためになりました(笑)

続き、お待ちしています!
2015/11/10(火) 13:23:24 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
masaさん、ありがとうございます。
金剛峯寺=私も7年ぶりかな
何しろ特別拝観でスゴイ人でした
また、御朱印もブームなのでしょうね
長蛇の列でした

何よりすごかったのは、渋滞
12時頃下山開始したのですが、町内全面渋滞+
大門から旧料金所=花坂ドライブイン=R480経由とR370経由の合流点付近までの大渋滞=8km以上でした

春にでも、お出向き下さい

ありがとうございました
2015/11/10(火) 20:10:54 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
あははっ、高野山は、近畿圏以外からは行きにくいですよねぇ~
泊まりが必要になりますね。でも、各お寺が宿坊をやっていますので、オンシーズン外せば、比較的楽に泊まれると思います
ただ、これからの季節は、寒いので、止められた方がイイですが(笑)

でも、一度お出向き下さい
車で行ったら面白いのですよ
何もない山道から、(頂上になったら)、いきなり街になります

鉄道だと、南海電車になります(大阪:難波始発)
橋本→極楽橋間は、碓氷峠と変わらない急傾斜を楽しめますよ(笑)
極楽橋→高野山はケーブルカーです

参拝の定番は、今回の総本山「金剛峯寺」+「壇上伽藍」か「奥の院」です
まっ、狭い所ですので、これくらいだったら1日で廻れますよ(足が疲れますが:笑)

ありがとうございました
2015/11/10(火) 20:22:27 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*