子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
赤穂へ-1~大石神社・赤穂城~
 9月のシルバーウィーク中は、近畿圏もスゴイ渋滞。特に、西の方へは行く気もなく(中国道の大渋滞)
翌週、「どこか行こう」で・・・思いつき、(今週なら)「空いているだろう」と、西の方へ

 で、「忠臣蔵」には、まだ早いですが(笑)、播州は「赤穂市」へ
 青空がとてもキレイな日でした (片道150km:笑)

1:大石神社(α6000)
赤穂-1-1
 京都にも大石神社はあるのですが、やはり規模が違いました



2:参道には四十七士像が(α6000)
赤穂-1-2

3:大石内蔵助像
赤穂-1-3

4:本殿
赤穂-1-4

5:横からの参道(α6000)
赤穂-1-13

6:昼食は「塩うどん」
赤穂-1-14
 赤穂と云えば=塩?。でも、「塩ラーメン」ならぬ、「塩うどん」です(笑)

続いて

7:お城が(α6000)
赤穂-1-11

8:堀です(α6000)
赤穂-1-12

9:赤穂城、城門
赤穂-1-5

10:城門に、上がれるとの事で
赤穂-1-6

11:中は資料館(α6000)
赤穂-1-7

12:やはり覗きます(笑)
赤穂-1-14

13:天守台(α6000)
赤穂-1-8
 天守閣はなく、本丸と二の丸、三の丸だったそうです

14:段差の高い階段を上り(α6000)
赤穂-1-9

15:本丸跡(α6000)
赤穂-1-10
 コンクリート部分に建物があったそうで、部屋割りが描かれていました

 驚きが、この地、昭和56年まで、「赤穂高校」として、使われていたそうです

 続きます
コメント
この記事へのコメント
赤穂ですか。遠いですよね~。
新快速は普通に「播州赤穂」行きって書いてますけど、遠いんですよね~。
さて、大石神社は近くを通ったことはありますが、中に入ったことはないです。
赤穂城跡公園も近くを通っただけです。
まぁ、岡山から帰る時に通っただけなので、寄り道はなしでした。

塩うどん、ちょっと興味があります。
2015/10/31(土) 22:43:43 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
赤穂浪士というと、東京に住む自分にとっては、
赤穂浪士のお墓がある、東京港区の泉岳寺を一番最初に思い起こします。
今回の赤穂城には行ったことがありませんが、泉岳寺ならあります(笑)
そんなことで興味深く拝見しました^^

>昭和56年まで、「赤穂高校」として、使われていたそうです
   ↑
史跡を高校に使っていたというのは、ホントに驚きですね!

2015/11/01(日) 05:04:43 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
masaさん、ありがとうございます。
あはっ、赤穂、そんなに遠くないですよ(笑)
姫路から、山を1,2つ?超えたら到着です→十分遠いか(爆)
新快速→そっそ、昔からありますよねぇ~。その割に赤穂駅って、そんなに大きくなかったのが意外でした(写真は撮っていませんが・・・汗)
で、出向かれた事おありなんですね。
確かに岡山の隣と云えば隣かも・・・。帰路高速乗る手前で、岡山ナンバーの車が、(高速乗らず)一般道を岡山に向かっていきました(笑)

塩うどんは、ラーメンの濃厚さを取り除いた、あっさりした味でした

ありがとうございました。
2015/11/01(日) 20:06:34 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
そうですよねぇ、四十七士と云えば、泉岳寺ですよねぇ!
ここ、赤穂では12月にお祭りがあるそうですよ
で、高校があった→私もパンフレットを見て、びっくりした次第です
今は、建て替えて、海の方に移転したそうですが・・・
ちなみに、京都府南丹市の「園部高校」は、いまだ「園部城」の中にあったりします
かく言う私も、かの○○寺の境内にあるような高校に通っていましたが(笑)

ありがとうございました
2015/11/01(日) 20:16:51 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*