子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
渡米-15~帰路・帰国~
1:千島列島まで帰ってきました
DTW-15-1
 あと2時間少々だが、既に11時間近く乗っている→帰路と云えど、やはりきつくなってきました

 残り2時間余りをどのように・・・、はたまた着陸から入国審査など、何かあるのか(笑)


 
 「よし、今度は、搭乗記念で、この飛行機にハイスコアーを残そう」かと(笑)
 (ハイスコアーは、機内共通になっていたようです)

2:ソリティア(笑)
DTW-15-5

3:で、見事、ハイスコアー(笑) (JST12:03)
DTW-14-11
 GUEST B,Cが私です(爆)。同乗のGUEST Tさん、ゴメンナサイ→二つ消しました(笑)


4:到着前の食事が出てきて(JST:PM12:30頃)
DTW-14-15
 さすがに、到着後運転しなければならないので、酒は下の子に止められました(笑)

 それと、往路は普通に耐えられた禁煙、この辺りから、「吸いたいなぁ」が、出てきました(なので、たばこ付き:笑)
 やはり、北海道が見えて、「帰ってきた」と、緊張が解けてきたのでしょうか・・・

5:日本上陸(笑)-(JST:13:31)
DTW-14-16
 あと43分

6:あと、37分(笑)-(JST:13:38)=>こんな距離を飛んできました
DTW-14-17

 よく考えると、前回の写真2で、「JST:AM1:30現在、あと12時間21分なら、到着は13:51となる」ので
今は遅れている事になる
 (何を考えている事やら=それだけ暇なんです=ダイヤでは14:50が定刻なんだけど・・・:笑)

 さらに、この写真、13:38で、あと37分なら、14:15着となる→実際は、14:20でした=(定刻より30分早)
 なので、この残り時間表示は、多少少なめにして、「早く着きますよ」、の配慮をしているのだろうか
 いや、確か、慣性航法装置(IRS)からのデーターを加工してディスプレイしているはずだが・・・(不明)
 
7:いよいよ、左旋回して、着陸態勢に(JST:14:08)
DTW-14-19
 着陸直前は、適度に、ジェットコースター(フワフワ)やってくれました(笑)

8:タッチダウン→あれっ、乗っているのに、何で撮れるの?
          →しかも、上の画と進入方向が合わない?、と、気づいた人は、エライ(爆)
DTW-14-23
 これ、後日奥様を迎えに行った時の画(笑)

9:ボーディングに着いて→これも後日奥様を迎えに行った時の画(笑)
DTW-14-20
 この機体(N859NW)は、我々が往路乗った機体。

10:降機して、「帰ってきました」→これは、(我々帰国)当日の画(笑)
DTW-14-22

11:入国審査・税関に向かう通路→何処の空港も同じ?ように、殺風景な通路です
DTW-14-24
 ここ、撮影禁止だったかなぁ~、イヤ(禁止の)看板なかった(笑)
 前を歩いている人、少ないでしょう→早く降りられて、です

 さて、
[入国審査]
 密かに期待していた「おかえりなさい」の電光掲示は、セントレアにはありませんでした(関空にはあったのに・・・)
 で、カメラによる検疫を過ぎて入国審査→何の問題もなく、預け荷物の受け取りに
 往路と同じく早く進んできたので、荷物用コンベアーは、まだ止まったまま
 その後、荷物も結構早く出てきて、さっさと税関へ

[税関]
 税関申告書類は、機内で書いたけど(GUAMで経験済み:笑)、課税になるような物は何もなし
 なので非課税の方に行って、パスポートも渡して・・・
 係員にちょっと間があったので、またもや「To see my Grandson」ではなく、
日本語で「孫に会いに行ってきました」(笑)
すると、係員から「そうですか、長かったですね」、でお終い
 (別にアメリカへ1週間なんて普通だと思うが、そういう突っ込みは無し:笑)
 =>「To see my Grandson」は、(日本でも)免罪符でした(爆)

 で、到着口を出て

12:到着口で→何回も出向いているセントレア空港なのに、
   出てきた所は、「あれっ、ここどこ?」(笑)
DTW-14-25
 飛行機到着から、一連の入国手続き、26分で、完了
 (エコノミーで行った)、グアムの時なら、やっと降機できて、入国審査に向かっている頃(笑)

13:到着口を出て、一目散に喫煙室へ(到着口の右手、直ぐにあります:笑)
   だって、デトロイト空港には喫煙所がなく、結局、ホテルからここまで禁煙だったので、約18時間ぶり(笑)
DTW-14-21
 ライター代わりに、"チャッカマン"が置いてある
 ライターの機内持ち込みは厳しい(1つのみ)で、(ガス切れの可能性に)「なるほど」と納得

 食事は着陸前にしているので、「帰ろうか」と、駐車場清算して
 (1週間止めても、格安。まして京都から電車乗り継いでの、2人往復と比べて、
  高速料+ガソリン代を考慮しても、なおお得。何より、荷物持ってウロウロしなくてイイ)

14:マイカーに「ただいま、一週間待たせたね」、と、ご挨拶
DTW-14-26
 「京都までよろしく頼むわ」ですが、なにぶん海沿いと云うか人工島にある空港の為、
1週間も置いていると、ガラスはネチャ・ネチャのドロ・ドロ
 これは当初から想定済みで、クリーニング用にと水も積んできたのだが、駐車場は、空港内の催し物で、
旅行客でない車も来ていて、超満車状態

 スーツケースを車に積み込んだりしていると、止められずウロウロしている車から「出られます?」と聞かれ
「時間かかりますよ」と云ったが、「待ってます」と云われたら、ガラスの掃除も出来ぬまま出発
 高速に入って最初のパーキングで、やっとクリーニングできました

 さらに、帰路途中、夏休み渋滞があるとの情報で、高速を途中で降りて、
下道へ迂回=渋滞を抜ける時間とほぼ同タイムで帰宅→読みは正確だった(笑)

で、帰宅すると、「自動散水」(クリック)のおかげで、真夏にもかかわらず、庭・鉢植え・菜園まで、すべて無事だったが

15:瓜化
DTW-14-27
 出発前にあれだけ間引いていった(クリック)のに・・・

16:これだけ・・・
DTW-14-28
 さすがに、瓜化がたたったのか、この後、色々手当てして、多少は収穫できたが
お盆以降の急速な気候の変化もたたって、8月末には、枯れちゃいました(涙)

 まっ、今年は大収穫で、下の子と二人では消費しきれず、会社の女性陣にも(消費の)お手伝い頂きました(笑)
 (一緒に植えた「伏見甘長とうがらし」は、今(10月)になっても、おいしく頂いています)

******************************************************************************

 これにて、3月のGUAMへの予行演習から始まった=「渡米:孫に会いに」、は、終わりです
 長々とご覧頂きありがとうございましたm(_)m

 最後に、YKNDさん始め、皆々様から頂きましたご助言、改めてお礼申し上げます。

******************************************************************************

 追伸:
 今は、生後3ヶ月も過ぎ、「寝返りした」と、上の子から「成長話」も来ています。
 「ホント可愛いんだから」(ハイ、爺バカ:笑)==>「また、行きたいぞ~~~」、と、思っている今日この頃です(爆)


 ~ 完 ~
コメント
この記事へのコメント
「渡米:孫に会いに」の記、お疲れ様でした!
これといったトラブルもなく、無事にお孫さんに会えてよかったですね(精神的な緊張は別にして:笑)

それにしても毎度のことながら、工程を細かく丁寧に写真に撮っていらっしゃいますね~。
あらためて感心いたしました^^

>「また、行きたいぞ~~~」、と、思っている今日この頃です(爆)←ぜひまた来年行ってください。
続「渡米:孫に会いに」、楽しみにしています^^
2015/10/20(火) 02:03:45 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
 今回は、多々有益なご助言頂き、改めてお礼申し上げます。m(_)m
 おかげさまで無事?(笑)、孫にも会えて、往復できました
 今回(掲載)の帰路は、真ん中席だったので、(席の)モニターばかり撮ってました
 デトロイト空港などは、帰路-我々が先発なので、"家内"への連絡用に撮ったのもかなりあります。

 渡米時の総撮影枚数は、1,250枚程で、半分位?が孫です(笑)

 次回、あるかなぁ~?。そのうち(転勤終わり日本に)帰ってきたりして(笑)
 まっ、今はメールで写真も送ってきますので、顔や簡単な動作は見ています
→便利な世の中になりましたが、やはり本人と云うか生がイイですね。

 大変お世話になり、ありがとうございました
2015/10/20(火) 14:41:02 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*