子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
渡米-13~帰路・デトロイト空港-2(買ったのに・・・)~
 手荷物検査・出国手続きも無事に終わり(笑)

1:デトロイト空港、(搭乗)コンコースにある噴水
DTW-12-5
  デトロイト空港の名物の一つだそうな・・・


  最後に、免税店で、お買い物になる訳ですが、まだ、ひと波乱と云うか、今回は悲観的な・・・(笑)

(2015.10.14追記あり)
 で、


噴水(のある所)から、上を見ると、コンコースに、鉄道が、走ってます
(これは、事前に調査済み:笑)

2:エクスプレス・トラム (ExpressTram)
DTW-12-6
 この鉄道、関空のように「絶対に乗らないと搭乗口に行けない」ではなく、
「遠い搭乗口に際して、乗った方が良いですよ」、程度

 デトロイト空港の(我々が利用した)「エドワード・H・マクナマラ・ターミナル」には、
全長1.6kmの直線状のコンコースがあり、乗客は(コンコース)中央から入るのだが、
ゲートによっては、左右(南北)に、大変な移動距離となる為、この鉄道が設置されたそうだが、
コンコースには、「動く歩道」もあるので・・・

と、イイながら

3:中央駅→やはり乗っています(笑)
DTW-12-7
 下は、免税店街?の筈→ここには、お目当てのモノはなく・・・


4:車内はガラガラ
DTW-12-8

5:南駅に到着して
DTW-12-9
 下の通路には、「動く歩道」もあるので、車内ガラガラの意味が判りました(笑)

 で、鉄道から見る限り、店は一杯あっても飲食店ばっかり
 やはり、(土産品は)「あそこ(中央駅・噴水辺り)しかないか」で
 今度は、「動く歩道」で戻って(笑)

 ここからが、2回目の波瀾万丈

******** 長~い お話-2 始まり ************

A:戻る途中で、1軒、たばこを売っている店を発見
  買う事にしたが、態度の悪い店員=電話しながらの応対

B:なんとか清算できたが、今度は「品物を手渡してくれない」

C:「チケットを見せろ」と云い、(品物は)「ゲートで」と云って
  クレイム・タグを手渡される

D:まっ、「荷物になるから、ゲートまで運んであげましょう」と、好意的に受け取ったが・・・

E:さらに、もう一軒立ち寄って、チョコレートなどを買い、ココも精算時に
  また、「ゲートで」と云われると思ったら、その場で渡してくれる

F:「あれ~、やはり、(たばこ買った)あの店、ややこしかったか~」と、思いつつ
  そろそろゲートに行こうかと

6:待合所
DTW-12-10
 搭乗口の待合所は、何処も同じようなモノですが、このゲートは大型機用ゲートなので、
(写っていない所に)椅子がたくさんありました

で、話の続き

G:ココで待っている訳だが、(買った荷物は)いっこうに来る気配がない
  「まっ、(たばこは)そう大した額でもないし、諦めるか・・・」と、なんか悲観的に・・・

H:いよいよ搭乗が始まるという時に、やっと「荷物(土産物)を満載したワゴン」が近づいてきて・・・
  しかし、そのワゴンを押しているのは、買った店の(態度の悪い)店員ではなく
  チョコレートを買った店の、「おばちゃん」
  「違うか・・・」と、思いつつ眺めていると

I:我々の待っているところを尻目に、搭乗カウンターを突っ切り、ボーディングの方向へ
 「え~~~、日本の空港渡しか?」、
 いずれにせよ、買った店の店員とは違うし、関係ないか・・・(涙)

J:いよいよ搭乗が始まり、(買った店の)店員は姿を見せず
  「やはり、ダメだったか。あんな怪しい店で買ったりするから・・・」と、自己嫌悪に・・・
  「いや、天下のUSA、しかもDELTA航空のお膝元でそんな事はない」とか、思いつつ
  搭乗手続きして、通路を歩いていくと

K:ボーディング手前に、さっきのワゴンと「おばちゃん」が立っていて
  客に、荷物を渡していっている

L: 「なるほど、本当に飛行機に乗る直前まで運んでくれるのか」、と、思ったりだが
   買った店の店員と違うし・・・

M:ダメ元で、おばちゃんに「クレイム・タグ」を渡すと、ワゴンをかきあさって
  「これですね」と手渡され、「よかった~」と、なった訳ですが  
  どうやら、このおばちゃんが、すべの店の品をまとめて、運んでいるようでした
  
  でも、この時は、ココで渡される理由はわからず・・・  

******** 長~い お話-2 おわり ************

7:コレに乗って、帰ります
DTW-13-1


******** また、長~い お話-3 始まり ************

 <この私を悲観させた(笑)(飛行機)搭乗直前で手渡す事への推論>

1:デトロイト空港は、日本のように「手荷物検査から「国際線・国内線」と分けられ、
  以後、国際線と国内線の客は交わらない」、ように"なっていない"

  写真3枚目の下の階=エスカレーターの間からも、こちらに入れそうだ→これが国内線用かも?
  もしくは、前回3の写真(案内板:我々が手荷物検査を受けたゲートにあった)には
  「DOMESTIC TICKETING」「CHECK-IN」は、この先、となっているが
  (手荷物検査)ゲートに向かって「ALL FLGHTS」「SECURITY ENTRANCE」とだけで
  国際線という言葉はない

 と、云う事は、国際線・国内線と別々のチェックインをするが
以後、手荷物検査等国際線・国内線の客がゴッチャになっている?
   =出国手続きをしたにもかかわらず、まだ米国内にいる?
  (この事は、出国手続きの時は判らなかったが・・・>まぁ、あの状況では無理:笑)


2:じゃ、飛行機は、どのようにが分かれているって?→調べました
  このデトロイト空港には、ターミナルが2つあって
  一つが
  「エドワード・H・マクナマラ・ターミナル」=我々が乗った方、DELTA専用のようなモノ
   正確には→スカイチーム加盟の航空会社の専用ターミナルらしい

8:そう言えば、↑2の「エクスプレストラム」の、先頭車両には「DELTA」の文字が↓
DTW-14-ADD

  もう一つが、
   「ノース・ターミナル」=ユナイテッド航空等が発着するターミナル
   正確には→スカイチームに非加盟の航空会社用のターミナル=スターアライアンス等加盟の航空会社用

  と、「国際線・国内線」(の路線)では分かれず、「会社毎」で分かれている?

3:と、云う事は、我々の居るコンコースには、「国際線の客も、国内線の客」もいる
  なので、免税店で、パスポートとチケットを確認した所で、(免税で)買った者が、別の国内線利用の客に渡す事も可能

4:免税とは、国外に持って出るから、その国内の税金が免除される

5:なので、課税品=酒・たばこ、は、本当に飛行機に乗る所まで、手渡さない
  逆に非課税のチョコレートは、手渡された

 と、云う論理の組み合わせで私は納得したが、本当のところは判らず

******** 長~いお 話-3 おわり ************

で、やっとの事で、帰路の飛行機に乗れました(笑)


***************************************************************************

追記:2015.10.14

 我々の乗った"DL629"を撮り損ねていたので掲載しなかったのですが、

9:出発便案内
DTW-15-6
 よく見ると、国際線のソウル[A38]、上海[A30]、成田[A60]行き→[XXX]はゲートNO
と、国内線、シアトル[A20]、セントルイス[A27]等々、同一フロアーの"Axx"ゲートとなっています。(B,Cは別の建物)
このように、「国際線・国内線」の出発ゲートが、同じターミナル(フロアー)にあり
上述の通り、国際線・国内線の客がゴッチャになっている事が判ります

 また、「エクスプレス・トラム(鉄道)を利用した方が良い」との表示もありました
→これ微妙。[A60]だったら、「動く歩道」の方が良いと思う→正反対の[A24]を利用したが、「動く歩道」の方が、よかった(笑)


10:これが問題の"たばこ"(笑)
DTW-15-7
 コレの為に・・・(笑)
コメント
この記事へのコメント
買った品物がその場で受け取れないのは、ちょっと不安ですよね~。
パリや台湾だと、タバコならその場で受け取れますが、
今回のデトロイト空港の場合、SR-T101さんの推察どおり、
国際線・国内線の乗客が混在しているから…というのが正解かもしれませんね。
とは言え、受け取れて、良かったですね^^

ちなみに、ヨーロッパではタバコは買わないほうがいいです。
なぜかと言いますと、元の価格が重課税で日本に比べてずっと高いので、
モノによっては日本で売っているほうが安かったりするからです。
なんだかんだ言っても、日本はまだまだタバコにはユルイ国ですね~(笑)
2015/10/13(火) 16:31:05 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
はい、確かに不安ですね
当初は、ほんと「ゲートまで運んであげましょう」と、好意的に受け取ったのですが、出発時間が近づくにつれ・・・、でした
パリや台湾は、その場渡しなんですね→記憶しておきます(笑)

 たばこ価格→ヨーロッパも高いのですか?。
 この、価格ですが、免税で10個$40でした→$=120円として、480円となります
課税だったらいくらかは不明です
 免税価格でも、USAも、お高いですね。

ちなみに、セントレアでLARKを買ったのですが、1個260円でした→国内価格420円です

で、日本の税額計算(笑)
消費税をどう換算するかですが、420円の税抜き=389円とすると、差額129円がたばこ税という事でしょうか
あっ、消費税も税金だから、単純に160円が税金か(笑)
でも、本当のたばこ税は、264.40円だそうですが・・・(不明)

 画像込みで、↑追記しました。
 やはり、国際線・国内線の乗客はゴッチャになっているようです

 ありがとうございました

PS:次回掲載しますが、前回の「順風満帆」には、理由(調査不足)がありました。
 先にお詫び申し上げます(笑)
2015/10/14(水) 09:32:55 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*