子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
渡米-12~帰路・デトロイト空港-1(TSA職員登場)~
 "孫・家族"と楽しく過ごした今回の渡米も、いよいよ終わり、帰路につきます
         
1:デトロイト空港付近から
DTW-12-1
 Delta(航空)の巣(笑)


 今回も、またまた波瀾万丈というか、痛快劇というか、色々ありました
 (長~いお話です:笑)

 今回は、その1
          (→何回ある事やら:笑)

  2015.10.14追記
  本当は、こういう事でした(クリック)
では


2:駐車場から空港内へのコンコースからパチリ
DTW-12-2
 なんとなく、関空に似ている、と、思ったり・・・。いいえ、天井に見える上にも道路があります(クリック)

3:日本語の案内もありましたよ
DTW-12-3
 空港内の案内には、かなり日本語表記がありました

 さて、チェック・イン
 Delta航空のチェックインは、全て「自動チェックイン機」での発券。
パスポートを、この機械に載せて、(機械の)表示を確認して、です
 (Guamでも、この機械があって、我々も(係員が)発券したが、カウンターでも発券してくれたのに・・・)

 で、もちろん、上の子が全てやってくれましたよ→だって、画面表示、英語だもん(笑)
 (セントレアでも同様に機械発券だったので、日本語の選択があったかも・・・)


 さて、送ってくれた「孫とその両親に、別れを告げて」(涙)
 セキュリティー・チェック=手荷物検査に入る訳だが、

 これから、波瀾万丈というか、まずは、痛快劇の始まり

4:先に、図解による説明→画面、右下から上へご覧下さい(笑)

DTW-12-4

******** 長~い お話-1 の始まり ************

1:アメリカの「セキュリティー・チェックは、厳しいよ」「ベルト外すの当たり前、靴も脱いで・・・」
  と、上の子から聞いていたので、おっかなびっくりに、列に並ぶと

2:(その列に)並んでいる人の多い事、多い事。3ターン以上並んでいる
  「早く空港に着けてよかった」なんて、思いながら・・・

3:先の方(検査)を見ると、上の子が云うように、「ベルト外し、靴も脱いで・・・」とやっている
  なかには、体スキャンされている人たちも見えて・・・

4:下の子に、「あんな事せんならんわ」と云うとしながら、少しずつ列は進み

5:まっ、今回は、グアムの経験(クリック)から、慌てないように、既に小袋に入れるモノは入れているし、
  ペットボトルも持っていないし(実は、Guamでは・・・、でも無事に通りましたよ=秘密:笑)、心配ないか
  と、思っている矢先に

6:なにやら、前方=初めのUターンのところで、TSAの職員(女性)が、 「パスポートと(搭乗)チケットを見せろと」云いだし
  (記入する書類もないので、事前チェックとも考えにくいので)
  「ありゃ、また、やっかいな事(=未経験)が・・・」と思いながら・・・

7:我々の前の人たち(=日本人ではなく、主に・・・の方々)は、見せるだけ見せて、そのまま列に並んでいる

6:で、「図の赤線」
  我々の番が来て、 「パスポートとチケット」を渡すと、突然、「OK」と、列を仕切っているロープを外し
  (外したロープの間から、列を離れ)、「そっちに行け」と合図され
  「ありゃ~~、こりゃ、ちょっと、やばいで、何か特別な検査か?・・・」とびびる(笑)

7:「図の青線」
  で、いきなり検査マシンの前へ、すると、係官が、
  「カバンを(探知機レーンに)置け」「ポケットのモノを全部出せ」と
  このように書くと、きつく聞こえるが、実は、全て、ゼスチャーで、しかも、ニヤニヤ顔
  私が、「パーソナル・コンピューターは?」と聞くと、「そのままでイイ」との事
  (セントレアでは、PCはカバンから出して、別検査でした)

8:そのまま、金属探知機を通って・・・、何も無し
  さすがに、カバンはX線で丹念に見られましたが、
  係官からは(笑いながら)「Too Many Glasses」と→(老眼用と運転用と2つ入れてました)
  で、掛けているメガネを持ちながら「Two glasses in bag」と答えると、ニヤニヤ顔で「OK」
  で、お終い

9:「図の緑線」
   続いてのカウンターで、またパスポートとチケットをだすと
   (この時は、出国のカウンターと気づいていなかった)
   またもや係官がニヤニヤしながら、「OK、 Good-bye and Hava a ~、」と

10:「図の紫線」
   そのまま、前方の下りエスカレーターに乗って、下の子に「あれっ、出国手続きは?」 と云おうと
   パスポートを見ると、既に、出国の記述がされている
   「あれぇ~、今のが・・・」と云うと、下の子が「気づかへんかったん」と・・・

 コレにて、お終い

******** 長~い お話-1 おわり ************

 「日本人が日本向けの飛行機に乗って、帰国」=>「はい、安全パイ」、と、
思われているのでしょうか→確かに反論できない(爆)
 とにかく、日本人でよかった一幕でした(笑)

 
5:こんな所です→上記通過後、反対側からパチリ
DTW-12-7
 奥に見える「エスカレーターの上」が、上述の「手荷物検査・出国カウンター」のある所


  波瀾万丈劇場(笑)、その2に続きます

 2015.10.14追記
  本当は、こういう事でした(クリック)
コメント
この記事へのコメント
なんてラッキーな通関!でしたですね~。
きっと、無害そうな日本人の父娘に見えて、
これはどう考えても航空機テロなんぞやりそうにないと思われたのかも^^

ちなみに、今回の出国エピソードは、
「波乱万丈」というのではなく、
「順風満帆」と、世間では申します。
日本語は正しく使いましょう(笑)
2015/10/10(土) 03:27:33 | URL | YKND #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます
はい、仰るとおり「順風満帆」ですよねぇ~(笑)
ですが、「あっちへ」と云われたときは、まじ、びびりましたよ~~~(笑)

で、ほんと「無害そうな日本人の父娘」の様ですね(笑)
次々回ですが、娘も機内でCAさんに頼まれ事をしたとか・・・

勢いで書いているので、ほんと日本語無茶苦茶です(汗)
さらに、すでに↑訂正しましたが、メガネを「Grass」と書いていたのを、「Glassesだ」と北米からメールが届いたり、英語も無茶苦茶のようです(笑)

ありがとうございました。
次回こそ、波瀾万丈というか悲観的になります(涙)
2015/10/10(土) 18:02:26 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
なんか人事だと 悪いけどワクワクして読んでいます。^^
2015/10/11(日) 22:22:21 | URL | grahampenguin #.E1XRFKM[ 編集]
grahampenguin さん、ありがとうございます。
あはっ、ご覧頂きありがとうございます

次回も、色々ありました(笑)

引き続きよろしくお願いします

ありがとうございました
2015/10/13(火) 11:32:46 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*